受験&教育byベリタス

ベリタスは、東京都町田市南町田(小1~高3)と東京都町田市原町田(小1~中3)にて学習塾を展開しています。学院長と教室長が、生徒・父兄と接して感じたことや教育関係の問題について思うことを綴っています。

大学受験

入試英語の速読と時間配分(2)

本稿を読んでいる諸君は、私が前稿で書いたことを実践してみただろうか?何wpmで読めただろう?因みに、私も書きっぱなしでは無責任なので、受け持っている高校3年生に実践させた。結果は、日大レベルの入試問題で、遅い生徒が70wpm、速い生徒が120wpmであり、平均値が85wpmであった。平均値では、センター試験の英語の場合、読むだけで47分もかかってしまうと言うことで、先週から速読の練習に若干の時間を費やすことにした。

次に、時間配分と言うことについて考えてみよう。受験生の多い、センター試験を例に説明するが、その他の試験についても同じようなことが言えるので、参考にしていただきたい。
河合塾の問題集によると、第一問は5分・第二問は15分で回答することを標準と考えているようだ。しかし、筆者が考えるに、第一問の発音・アクセント問題は、考える問題ではなく(考えても得点に差異は出ない)瞬間的に解答すべきものであるから、多く見積もって、制限時間2分である。次に、第二問の文法・対話・語句整序問題は、文法問題(A)が10問5分、対話(B)が3問2分、語句整序問題(C)が3問3分で解けるように訓練すべきであろう。すると、55点分(第一問&第二問)の解答時間が12分で完了する。すると、第三問から第六問迄は、基本的に読ませる問題(トータルで約3500ワード)だが、それに68分かけられるのである。85wpmで読んだとしても、思考時間を25分以上確保できるので、かなり読むのが遅い生徒も対応できるのではないか。

さて、このことについて、生徒と話していて興味深いことに気がついた。それは、黙読する時、文字を音声化するか否かと言うことである。即ち、黙読する時、文字を音声に変換して理解する(本稿では、以下、「擬似音読」とする)か、それとも文字を文字としてそのまま理解する(以下、視読)かと言うことである。すると、日本語も英語も擬似音読する生徒と、日本語は視読するが英語は視読出来ず擬似音読する生徒に分かれた。言語の専門家ではないので、その原因等については言及しないが、擬似音読より視読のほうが遥かにスピードは出ると思われる。この点について、学校教育では日本語でも英語でも何ら言及も訓練をしていないのは何故なのかと思った次第である。

<金井教室>

東京都町田市にて学習塾を展開している<ベリタス>のホームページも是非ご訪問下さい。 

 

入試英語の速読と時間配分(1)

まず最初に断っておくが、ここで言う速読とは、一分間に何万字も読む所謂「速読術」のことではない。「速読術」は、確かにこの高度情報化社会において、身に付けたら強い武器になることは明らかだが、受験生にとっては目の前の入試英語を如何に規定時間内に読み解くかが重要なので、その点に付いてのみ記述する。

受験生に相談されることが多いのが、「センター試験を時間内に読めない」と言うものである。そこで、まずは敵(入試問題)を知らねばならないので、その語数(本文も設問も合わせた総語数)を紹介しておこう。

共通一次 1988年 2541語
センター 2009年 4294語
センター 2010年 3520語
センター 2011年 3923語
東京大学 2004年 2403語
千葉大学 2004年 1199語
上智大学 2004年 3207語
早稲田大学 2004年 2021語
慶応大学 2004年 1085語
都立高校入試 ----- 約1500語

最近のセンター入試は、初期の頃や共通一次の頃に比べて、語数が大幅に増えている。唯、使用語数が多いから理解するのに時間がかかるかというそうではない。出現単語が平易な上、内容がスカスカである為、日東駒専レベルに合格できる英語力があれば、理解はできる(と言っても、日東駒専レベルの英語力では、130点~140点が限界かなぁ?)はずである。要は、時間内に読み切れるかが問題となる。

では、次に、己を知ろう。
本稿を読んでいる受験生は、理解できる範囲で当該入試の英語をどの位のスピードで読めるのだろう?一度、是非試していただきたい。何時になるか分からない(早ければ来週)が、速読する際のポイントと試験の時間配分について書くつもりであるから、黙読と音読の両方を試していただきたい。因みに、センター入試の語数が約4000語・制限時間が80分であるので、もし50wpm(一分間に読む単語数、以下wpm)であれば、読むだけで精一杯で解答時間は皆無ということになる。100wpmであれば、40分の思考&解答時間があることになる。とすると、取り敢えず目指すは、100wpm か?

参考までに、AFN(American Forces Network)のアナウンサーの読み上げ速度が、200wpm位である。センター英語リスニングセクションの読み上げ速度は、設問によって異なるが、140-180wpmである。また、英語のネイティブ・スピーカーの場合、平均的な大人で250wpm、知的職業に従事している人で500wpmくらいのスピードで読むと言われている。

<金井教室>

東京都町田市にて学習塾を展開している<ベリタス>のホームページも是非ご訪問下さい。 

大学受験レベルの英語学習。<毎日やらないと実力が落ちる!>

大学受験段階の英語の学習に関して、かつて受験生だった頃、筆者自身も感じていたことだが、毎年受験生から発せられる言葉が、「1日やらないと確実に実力が落ちている気がする」と言うものだ。例年は、夏期講習が終わり、秋期の通常授業に入った頃に言われる言葉なのだが、今年の受験生には、早々と言われてしまった。

五大学を受験する実力のある生徒であれば、毎日、長文1題・文法問題30問程度を丁寧に自習すれば実力維持をすることは容易である。唯、適切な問題集の選定(特に長文)には苦労しているようなので、本人の実力に合わせて助言することは必須である。これ位の実力のある生徒ならば、実力にあった良くできた問題集さえあれば、下手な講師の授業を聞くより効率的に学習できる。

ところが問題は、「MARCHがギリギリ~日東駒専」レベルをターゲットにしている生徒である。彼らは、実力にあった良質な問題集を使いこなせないのが実情である。例えば、体系的に出来上がっている英文法の一部が欠落しているために、文法事項相互間の関連性が理解できない。だから、一つの文法問題でその一つの事柄しか学習できず、授業の時に講師が講義するような発展性が期待できない。長文問題も、緩急のない通り一遍の学習になってしまい、その長文を読んだ時に何を重点に学習するのかわかっていないことすらある。
上記の、自分の状態を理解している生徒と分かっていない生徒では、ラストスパートで雲泥の差が出るので、今一度、自己精査し今後に備えることを忠告しておく。

imagesCATLENPW
さて、ベリタスの今年の大学受験生は、自分の状態をしっかり理解していたので一安心である。三週間の夏期講習(英語)の最終日に言われた言葉は、「英語の授業のない日曜日と水曜日の後、問題の正答率が落ちている。自分で問題集は解いたりしているんだけどね。夏期講習の英語、増やせない?」。予定していた夏期講習の英語の最終授業で言われたので、その場で、追加の講習日時と概算金額を決めて、「希望者のみ。保護者に了解を取ってくること。了解が取れない場合は前日までに電話連絡。」と言うことにして手当をした次第。小回りの効く、少人数制の学習塾の強みを活用させていただいた。

<金井教室>

東京都町田市にて学習塾を展開している<ベリタス>のホームページも是非ご訪問下さい。 
 

学校見学・オープンキャンパスって、誰のため・何のためにあるのでしょう?

夏期講習中、高校受験生(中学3年生)が学校見学を理由にポツポツと欠席します。欠席した生徒は、当然その部分の講習内容に穴が空き、それが自分の苦手な分野であったりすれば、受験の際、致命傷ともなりかねません。

生徒にどこの学校に見学に行ったのか聞いてみると、該生徒の実力とかけ離れた高校であったり、本人の全く行く気のない高校だったりもします。そこで、その高校へ見学に行った理由を聞くと、「中学校の先生に行けと言われて仕方なしに行った」とか「担任に学校見学に行って感想文を出せと言われたから仕方なく・・・」と言うような返答が帰ってきます(尤も、それを口実にサボる生徒もいます)。中学校の教師は一体何を考えているのでしょう?穿った見方をすれば、高校からリベートを受け取っているのではないかとか、そこまでではなくとも、現在の受験生を犠牲にして、高校とのパイプを太くしておいて、今後の役に立てようとしているのかと疑いたくなります。日本の受験制度の是非は別にして、受験学年の生徒が夏期休暇中には塾に行き受験勉強をしていること現実であり、そのことは中学の教師でなくとも判ることなのに、何故、これほど受験生の勉強を妨害することを、「評価・評定」を人質にとって中学教師が行うのか理解に苦しみます。

余談ですが、個人面談も同様です。一学期の6時間目の授業後に受験学年を中心に精力的に行えば、夏期休暇期間に喰い込むことなく実施出来るはずなのに、教師の都合(彼らは夏期休暇中も、自分達が休みの土日には実施しません)でダラダラと引き延ばしているとしか考えられません。それも、東京都の場合、中学3年生の二学期の評定のみが受験に関わることを考えれば、的確かつ具体的な指導が出来るはずもなく、ほとんどの生徒にとっては時間の無駄以外の何物でもないでしょう。希望者と教師がどうしても必要と感じている生徒のみ実施すれば、ことは足りるはずです。

話を大学受験生に移してみよう。所謂、五大学・六大学・JAL・MARCHレベルを目標としている生徒は、計画的に高校2年生の段階で学校情報の収集(オープンキャンパスを含めて)を始めているので、進路変更等の事情のない限り、受験学年の夏期休暇中は受験勉強に邁進し、無駄な時間を使わないように気を使っているのが現実です。日東駒専レベルの生徒になると、高校3年生の一学期に集中的に情報収集し、推薦入試等の情報を得る必要がある場合に限って参加しているようです。

Frank
が、Fランク大学(町田地区から受けるのは、W大・K大・T大でしょうか。)の受験生は、と言うより、受験生とFランク大学当局には、開いた口が塞がりません。まず、生徒の方は、受験生という肩書きは使うが、「部活・文化祭の準備・体育祭の練習・高校生活最後の旅行・カラオケ・飲み会」に忙しく、その合間にしか勉強ができないようですが、オープンキャンパスには積極的に参加しているようです。何故参加するのかと言えば、「4回行くと、ipod用のスピーカーが貰える」とか「行く度に良いものが貰え、どんどん豪華になっていく」との理由です。生徒も生徒ですが、景品で受験生・学生を掻き集める大学の存在価値を疑います。(個人的意見としては、文科省はこのような大学の補助金は全額カットして、潰しにかかるべきではないでしょうか!)
 

<金井教室>

東京都町田市にて学習塾を展開している<ベリタス>のホームページも是非ご訪問下さい。 
 

ほとんどの日本人にとって、大学入試に合格した時点が頂点の英語力

表題は違うが、2011年02月06日の記事の続きです。

日本の学校の英語教育は、「役に立たない」「実際には使えない」と批判されがちだ。
しかし、文科省の定めている高校レベルの英語を完璧に習得すれば、日常生活(観光で使うという意味ではなく、海外で日常の生活をするという意味)で困ることはない。また、「まとも」な大学に合格するために必要と言われている6000語程の単語を習得すれば、海外の大学の英語授業もそこそこ理解することができるし、ある程度仕事に使えるはずである。

最低6年間(今後は、小学生の英語必修化の為に7年~8年)も、このような教育を受けて、それが役に立たないのは、何故か?端的に言えば、6年間のカリキュラムに問題があるからだ。そして、それを継承したのが、今回の小学生の英語必修化である。カリキュラムの最大の問題点は、文科省が実施した「ゆとり教育」の為に、中学校で習得するはずの内容がスカスカになり、その皺寄せが全て高校英語に行ってしまい、「まとも」な大学を受験する高校生以外、高校英語を完全習得できなくなってしまったことにある。挙句、大学入試のレベルまでも低下してしまった為に、「まとも」な大学に合格した学生でさえ英語に対する自信を持てなくなってしまっている。

現状のカリキュラムのまま、小学生に数十語の英語単語を教えて挨拶程度の英会話を習得させるために、東日本大地震によって、おそらくは壊滅的になるであろう国家財政を割くべきとは思われない。まずすべきは、現在、高校1年までに習得することになっている文法事項(例えば、過去完了・仮定法・分詞構文・話法、また、基礎の基礎しか教えていない各項目に厚みを持たせる<完了型の不定詞・分詞・動名詞など>。)を全て、中学に戻すことだ。

授業時間が足りない?
ならば、無駄な学校行事の「仕分け」、実技科目の時間数削減、週休二日の廃止で対応すれば良いではありませんか。
教師の労働強化になる?
ならば、実効性に疑いのある少人数教育を、かつての50人学級とは言わないが45人に戻せばいい。私自身、45人学級で教育を受けた世代だが、現在の高校生よりも遥かに各教科の学力は高かったと自負している。「少人数にすることによって目を届かせる」と言う美言は、裏返せば、対人関係を自分で処理する能力を奪っているとも言える。十分な検証が必要だが、検討の価値はあると思う。

主要科目については、一度、根本からカリキュラムを見直す時期に来ていると思う。児童生徒に様々な体験や教養を付けさせようと周辺科目・行事の充実をはかってきたことが、実質的な総授業時間の減少と相まって、基礎教科の学力低下を招いたのである。(因みに、私見ですが、数学のカリキュラムは、戦後、米国の学者の教育法を真似たカリキュラムは系統だっていて、素晴らしいものでしたが、ⅠAⅡBⅢCと6分野に分けた現在は、系統が分断されボロボロです。)

せめて、現在の全ての受験生が、かつて受験生のバイブルであった原仙作「英文標準問題精講」<基礎じゃないですよ!>(現在は、原仙作/中原道喜「英文標準問題精講[5訂版]」に改訂)を辞書を数回引いて読める程度の学力に戻って欲しいと思っている。

<金井教室>

東京都町田市にて学習塾を展開している<ベリタス>のホームページも是非ご訪問下さい。 
 

作文・小論文指導をして感じること【第1回】

毎年、高校入試と大学入試の作文・小論文指導(以下、区別して考える必要のない場合は、小論文で統一表記)をしていると、英語・国語と言う教科指導をしている時以上に危機感を感じる。現在の学校教育では、論理的な文章が書けないのは当然であり、当方も織り込み済みである。また、指導を受ける側の生徒もそれを強く感じて、講座を受講しているので、この点は問題ではない。

では、何が問題であるか?

まず、当然知っているべき知識が欠如していたり、正確性に欠けていることである。

それまでに学校の教科として学習してきた、社会・理科・芸術科目等の知識が欠けていたり、抜けてしまっていたりしているのは論外である。しかし、教科自体の成績が優秀な生徒でも、試験で高得点を得られることを主眼に学習してきた為か、知識自体が余りにも表層的で、小論文に使えるレベルにない場合が多い。
例えば、世界恐慌の年号・第二次世界大戦の引き金になった事件・対立していた国家群の名称は正確に言えても、世界恐慌と第二次世界大戦がどう繋がっているのか、そもそも国家群が何を求めて戦争をしたのかとなると、返答に窮する。
が、このことは眼をつぶろう。教科書の基礎知識自体はあるのだから、教えれば済むことである。また、小論文で直接利用出来る教科書レベルの知識はそもそもそれ程多くないのだから・・・。

もっと大きな問題は、学校教育では余り扱わない時事的な問題(ex1.生物資源問題、資源獲得競争、スマートグリッド、中国の経済発展の影響等)、時事的問題と言うには時間が経ちすぎているが、近年起きてきた問題(ex2.環境問題、資源問題、少子高齢化等)についての知識がないことである。勿論、殆どの生徒が、上記ex2について、キーワードは羅列できるが、具体的に何がどうして問題になっているのかを答えられる生徒は極少数であることである。ほぼ毎日ニュース番組とかで取り上げられていて、「聞こえて」はいるようだが、試験のために覚える必要のあることではないので「聞いて」はいないのであろうし、記憶の片隅にも残らないのであろう。

<金井教室>

ふぅ~、ここまで書いたら疲れてしまったぁ!
という訳で、「正確性」以下は次回以降に記述予定です。

来週から、本番開始です。受験生の皆さん、実力を出し切ってください!

受験学年の皆さんは、本番が迫ってきましが、予定通りこなせているでしょうか?

来週の土日に実施されるセンター試験を皮切りに、大雑把に言えば、中学受験・高校受験・大学受験と言う順番に、3月上旬まで、日程がぎっしりです。
志望校合格に余裕の成績を達成している受験生を除けば、今からが勝負の時です。原町田教室の室長も書いていましたが、ここまで来たら「合格」の二文字のために、傾向の分析をし対策をたてることは絶対に必要なことです。自分でできないなら、学校や学習塾を頼れば如何でしょう。勿論、学習塾を利用すればそれなりの費用が発生しますが・・・。

ベリタスでは今年も、都立入試の理科・社会に特化した講座を2月に予定しています。基本的に、内部生専用講座ですが、講習扱いにて、外部生も受け入れています。ご検討下さい。

<金井教室>
 

東京都が行っている「チャレンジ支援貸付事業」と言うのをご存知でしょうか?

チャレンジ支援貸付事業とは、学習塾、高校や大学などの受験料の捻出が困難な一定所得以下の世帯に必要な資金の貸付を行うことによって、子供達の学習意欲をサポートする事業」(以上引用)の事です。数年前から行われていて、今年度は利用条件が緩くなったのですが、東京都の予想に反して、余り利用されていないようです。その理由は、この事業、教育関係部署が実施しているのではなく、福祉関係部署が実施しているため、中学生・高校生の保護者に認知されていないからだと言われています。
確かに、周知不足の謗りは免れるものではありませんが、最大の原因は、看板が「貸付事業」となっているためではないかと考えています。
「借りたものは、いつか返さなければいけない」「今、援助してもらうと後で大変だ」と言う心理が働くことが最大の原因だと考えています。毎年、当塾に送られてくるパンフレット(塾に送っても無意味だと思いますが)を見ると
  • 対象は中学3年生と高校3年生
  • 学習塾費用20万円分
  • 受験料50400円もしくは105000円
となっています。確かに、これでは魅力がありません。

しかし、最大の特徴は、対象となる学校に入学した場合、「返済免除(償還免除)」となる点です。最大約30万円が貰える(但し、税法上は一時所得扱い)ということです。大学受験の場合、不合格もありえますから、使いづらいかもしれません。しかし、高校受験の場合、進学希望者の95%は高校に進学しているので、実質給与の支援は魅力的なのではないでしょうか?

具体的に、中学3年生の場合で考えてみますと、9月以降の入塾であれば、支援費用でフルに授業が受けられて、無料で高校受験を出来るのではないでしょうか?詳しくは、
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/seikatsushien/challenge/support2_loan/index.html
にありますので、該当者はご検討下さい。
 
<金井教室>

 
尚、今回、検索に引っかかり、ちょっとでも周知に役立てばと思い、以下、キーワード列挙します。
塾代 学習塾 費用 貸付 貸与 給与 給付 支援 受験料 免除 無料 所得 受験対策講座 東京都 高校 大学 入試 中学 高校 三年生 所得制限 都内 在住 3年生 現役 既卒

ベリタスは夏期講習、真っ只中。生徒は余り知らないことだと思いますが、「受験生も大変ですが、教える方も大変です。」

本日は、大学受験生相手の講義について。

ベリタス金井教室の夏期講習期間には全期、大学受験生相手の英語と国語の授業があります。夏休みにおける実力の向上は受験突破に必須のことですので、講師はそれに合わせて、宿題・課題を出します。

それを授業時間内に完全消化し、プラスアルファーを提供する。サービス業としては、当然のことですが、本年度のように、志望校が五大学ですと教える方も大変です。

プロの講師であれば、英語や数学に関しては、生徒と知識量・実力にかなりの差がありますので、イザとなれば通り一遍の予習でも何とかなりますが、現代国語だけは厳しいのが現実です。現代国語の課題文はほとんど論説文ですが、プロ講師と云えども、テーマによって得手不得手があります。

不得手の論題と云えども、とばすことはできません。勿論、論理を追っていくだけなら、難なく出来ますが、それを教えるだけでは、不十分です。そのテーマが別の論題で出題された時、より早く・深く理解できるように、背景や元になっている哲学や学説も紹介しなければなりません。

生徒が納得出来るような材料の用意から始めて、当該論題を時間内に解説するための準備をする。かなり骨の折れる作業です。尤も、最近はネット(一部不正確な記述も含まれているウィキペディアですが、検索の取っ掛かりには非常に重宝します)のお陰で、かなり楽をさせていただいていますが・・・。

さて、明日の予習もありますので、今日はこのくらいで。


<金井教室>

夏休み、どう過ごしますか。|夏期講習ではしっかり復習を。|定期テストも終わり、落ち着きましたね。いよいよ、待望の夏休みです。どうすれば有意義に過ごせるか考えましょう!!

中学校の定期テストが先月末に、高校の定期テストが7日頃に全て終了しました。ベリタスで行っている塾内模擬試験も8日に終了し、いよいよ落ち着いて各生徒にあった復習を開始できます。

学校が長期の休みに入る期間、ベリタスでは夏期講習を実施しますが、受験学年以外の生徒は、復習に重点をおきましょう。一学期までの学習で取り残したところ、怪しいところが必ずあるはずです。模試を受検した生徒は、模試の結果にそれが現れているはずです。必ずチェックしてください。勿論、ベリタスの夏期講習では全学年、総復習をかけますが、生徒により復習すべき重点は違うはずです。それを意識して授業を受ければ効果は倍増します。宜しくお願いします。

また、中学3年生は、復習にどれだけプラスアルファをのせられるかで違いが出てきます。同じ学習範囲でも、どれだけ内容を深く理解しているか、設問を正確に処理できるかで大きく得点が伸びていきます。頑張ってください。

高校3年生は当然ですが、高校2年生も受験を意識してください。所謂トップ校でない限り、学校の勉強をこなすだけでは、JAL(本家はやばい状態ですが・・・)以上の学校に対応できないことがままあります。中堅校ですと日東駒専でも厳しいのが現実です。大学全入時代と言われて数年立ちますが、リーマンショック以来の不況が重なって、地方国立大学、JAL、日東駒専レベルが上昇しています。それは、地方高校の生徒が、経済的理由により地方に縛り付けられたこと、同じく経済的理由により六大学を受けていた学力の生徒が、現役合格を目指して志望を下げ受験校を絞った結果です。

<金井教室>
 
プロフィール

ベリタス本部



QRコード
QRコード
最新コメント