しばらくぶりのブログである。
一度さぼると、なかなか復帰出来なくなるのは、勉強と同じだなぁと思うのである。
塾生諸君も、毎日の学習を 細々とでもいいから続けて欲しい。さぼるとあっという間に一年が過ぎ、取り返しのつかないことになる。毎日、毎週の積み重ねが大切なのである。筆者も今日から、がんばって、また、ブログを更新したいと思う。お互いがんばろうではないか。

さて、今日は、都立高校入試の合格発表日であった。 原町田教室にも午前中から続々と吉報が舞い込んだ。 今年は、とにかく素晴らしい。
私立が第一志望の子も含め、全員が第一志望に合格してくれた。第二志望の私立も全員、全受験校に合格しているので、合格率100%を達成!完璧です。

今日、都立が第一志望の子は、全員が、わざわざ教室に立ち寄って、素晴らしい笑顔を見せてくれた。今年の中三生は、おとなしい子が多くて、あまり感情を表に出さない子達だったが、今日ばかりは、最高の笑顔を見せてくれた。塾の教師をやっていて、一年中で一番が胃が痛むと同時に、一年中で一番嬉しいのが、今日という日だとつくづく思うのである。

以前、このブログにも書いたことがあるが、筆者は、受けずに後悔するより受けて後悔しろがモットーなのである。だから、少々合格可能性が低くても、受けたい、入りたい、通いたい学校を受けるべきだと思っている。そして、そのために必要な勉強は徹底的にサポートする。それが塾屋というものである。合格可能性の低いところに受かるのは簡単なことではない。失敗することもある。でも、その小さな可能性に向かって一生懸命努力した経験は、必ず、次の機会に生きてくるのである。だから、第一志望を貫いて欲しいと思うのである。けれども、そうすると、第一志望に合格させるのが最も重要な仕事である塾屋としては、いたずらに己の仕事を難しくしてしまうというジレンマを抱えることになる。とはいえ、簡単でないだけに、合格の知らせが届いた時の喜びは、また、ひとしおである。これがあるからやめられない。麻薬みたいなものかもしれない。

とにかく、みんなおめでとう。本当に良かった。これも毎日の積み重ねの賜物だと思う。一年間、よくがんばりました。先生も、とてもうれしいです。高校でも、一生懸命勉強して、将来の夢ややりたいことを見つけてください。楽しい高校生活を。
 
先生も、また、ブログ更新がんばります(笑) 

<原町田教室>