◆三重県
  面積=5,777k㎡
  人口=約1833千人 (2013年)
  県庁所在地=津市 (286千人)

※県庁所在地は津市であるが、人口は四日市市(313千人)
  の方が多い。

三重map
三重県は近畿地方に含まれるが、地形・気候や交通の便利さから、
名古屋(愛知県)とのつながりが強い。

●三重県の県章
三重県章
ひらがなの「み」をデザインしてある。
左の丸い輪の部分は「真珠」をイメージしてある。

●工業
 わが国最大の工業地帯の一翼を担う
工業帯C12
中京工業地帯の出荷額は愛知県と三重県の合計の数値である。
三重県の工業出荷額は全国で9番目に多い

愛知県と同様に、輸送用機械器具(自動車関連)が多いのが
特徴であるが、四日市市には石油コンビナートがあり、
化学工業も発達している。

また、亀山市にはシャープの亀山工場があり、液晶テレビを製造する大規模な工場がある。
三重工B

次のグラフは四日市港(三重県)の主要貿易品目を示しています。
表から、三重県では化学工業がさかんなことが分かります。
四日市13
●「四日市ぜんそく」
  1960年~1972年にかけて、四日市を中心に大気汚染による公害の問題が生じた。
  四日市のコンビナートから出る亜硫酸ガスが主な原因であった。
  「四日市ぜんそく」は四大公害病の一つ。

●茶の栽培がさかんで、全国で3位の収穫量。
茶三重13











◆漁業
 三重県は南部はリアス式海岸で複雑に海岸線になっている。
 養殖や水揚げ量の多い港もある。

●海面漁業・漁獲量
海三重12

◆三重県の気候
●津市(県庁所在地)の気候
津市U

●三重県南部の尾鷲(おわせ)はわが国で最も雨が多い地域に
 なっている。
尾鷲U10

※年間の降水量が5000mmを超える年もある。

●養殖業
 三重県の英虞湾で、我が国で初めての真珠の養殖に成功。
 現在も養殖が行われている。
真珠三11

●観光産業
  三重県内には伊勢神宮・二見浦の他、志摩スペイン村・ナガシマスパーランド・鈴鹿サーキットなど、
 観光地やテーマパーク・レジャーランドなどがあり、観光に訪れる人々も多い。

※資料は、
「日本国勢図会」(2014/15)に基づき、一部改訂。


MKJ_BTN

===========================