【課題のヒントは台所にあり】
 ふだんお母さんが台所でなにげなくやっている工夫の中に、実験観察
 のネタはたくさんあります。
 買ってきた野菜・果物・魚などを見ていると、材料になりそうなものが
 いくらでもあります。
  タマネギを切るとなぜ涙が出るか?涙が出ないようにするにはどうすれば
 いいか?
  などなど・・・



【器具や薬品の準備】
 ビーカーや試験管などが必要な場合、身近なビンやペットボトルなどで
 代用できる場合もあります。
  しかし、危険を伴う実験の場合はやはり正しい器具を使う方がいいでしょう。
 東急ハンズなどでも、メスシリンダーなど必要な器具を入手できる所が
 あります。
  また、薬品もヨウ素液はイソジン(うがい薬)をうすめて代用できます。
 二酸化マンガンも古くなったマンガン電池から取り出すこともできます。
 そのほか、ph試験紙は通販などでも、購入することができます。
 炭酸水素ナトリウムも重曹なので、お母さんが台所に置いてあるかも知れません。
 また、薬局でも売っています。
 必要なものは早い目に準備してそろえましょう。



【レポートの書き方】
 理科の実験や観察はただやるだけではなく、レポートを書いてまとめることが大切です。
 予想通りうまくいかなかった反省が、意外にその後の学習に役立つことがよくあります。

◆自由研究のレポートの書き方

1.研究の動機 (なぜその研究課題を選んだか)
2.研究の目的 
(何を知りたかったか)
3.研究の準備 
(道具や材料など)
  (「準備」は次の「方法」に含めてしまってもかまいません)
4.研究の方法
5.結果および考察
6.反省と今後の課題

   (予想通りできなかったことの反省や、今後やってみたい観察や学習)

最後に調べたり参考にした本などの書名・筆者・出版社も
「参考文献」として書いておく方がいいでしょう。
また、インターネットで調べた場合は、そのwebサイトについても
書いておく方がいいでしょう。
そのレポートを見た人が同じように確認できるくらいにしておきます。

【客観的な表現を心がける】
理科の実験・観察では「すごかった」「熱かった」「きれいだった」というような感情や感覚を表すのではなく、数値化できるものは、数値で記録表示することが必要です。
数値は表やグラフにして視覚的に分かりやすくすると効果的。
たとえば発芽の実験で、芽が伸び始めたら、その長さを記録したり、色の変化もよく見ておきましょう。
正確なハカリがあれば、重さを記録するのもいいかも知れません。
いろいろな本やインターネットを参考にするのはかまいませんが、自分独自の工夫もできるとよりいい研究になります。

【写真を添付する】
  実験の途中や、観察の様子を写真に撮って添付すると
  より効果的なレポートができあがります。
  写真を貼り付けるか、 word などを使える人は、レポート
  の中に写真を含めるといいでしょう。

【重要】
 「本などで調べたこと」「自分の実験・観察で分かったこと」「自分の感想や推論」
 ははっきりと区別して書きましょう。
  「教科書には〇〇と書いてあったが、私の実験の結果は△△の
    ようになった。この違いは××によるものではないかと思う。
     この次は◇◇の違いについても確かめたいと思う。」 


用紙は「レポート用紙」を使用する方がいいでしょう。
ワープロ打ちする場合は、白い用紙でもかまいません。
図を描く場合には同じ大きさの白紙やマトリクスを使用します。
写真や別紙をきれいに貼り付けるのもいいでしょう。

複数の実験や観察をした時は、共通点と相違点がはっきりとするように、表に整理すると分かりやすくなります。

1枚目の表紙は少し厚めの紙を使用し、タイトルと学年・クラス・氏名などを書きます。
コンクールなどに応募する場合は、住所や学校名が必要な場合もありますから、
応募のきまりをよく読みましょう。
(応募用紙をインターネットでダウンロードできるものもあります。)

理科の実験・観察には失敗や意外な結果がよく起こります。
だからこそ実際にやってみる価値があるのです。

夏休みのいい思い出にもなることでしょう。

◆コンクールに応募してみよう! 
 理科観察のコンクールがあります。
 いきなりの応募で入賞は難しいでしょうから、観察する前、あるいは、
 レポートができあがったら、理科の先生の指導・助言を受けるのもいいでしょう。

  「参加賞」狙いでもいいかも!?
<コンクールの例>
「自然科学観察コンクール」(ここをクリック)
 平成28年は10月31日(月)が締め切りです。


《関連記事》

「無性生殖」植物のふえ方の実験 (ここをクリック)


「人のやらない自由研究/超・身近な研究材料」(ここをクリック)

「自由研究に使える身近な薬品と入手法」(ここをクリック)

「8月後半、今だからこそできる理科の自由研究」(ここをクリック)


「人工衛星を見つけて天体の学習をしよう」(ここをクリック)

「見えないものが見える赤外線・紫外線の自由研究」(ここをクリック)


MKJ_BTN

==============================