現在完了を習ったばかりの中学生に、
「私は今からでかけるところです。」という文を英語にしなさいと
いうと、多くの生徒が現在完了を使おうとして間違ってしまいます。

新しいことを学習すると、以前に理解できていたはずの事柄と
混同してしまう間違いはよくあることです。
今回は「~ところ」が付く日本語について整理しておきましょう。

★「~ところ」は形式名詞
  「ここは彼が住んでいる所です。」という場合の「所」は
  <場所>の意味で、はっきりとした意味を持った普通名詞です。
ところが、次の3つの場合は、もとの<場所>の意味が消えた
形式名詞です。

※形式名詞はひらがなで書くのが正しい表記です。
 
① 眠っているところです。
② 出かけるところです。
③ 仕事を終えたところです。

この3つの表現が英語でどのようになるか、確認しましょう。

◆「~しているところです。」=現在進行形(過去進行形)

「ところ」の前についている「ている」は
 接続助詞の「て」+補助動詞の「いる」(連体形)になっています。
 この場合の「て」はその前に撥音便(ん)の動詞がくると、
 「で」に変わります。
 
   飛んいる、読んいる・・・
この「ている」「でいる」は動作が進行している意味で、
英語にする時は現在進行形を用います。
また、「ているところだった」「ているところでした」は
過去進行形を用いる。
 
  父は昼食を食べているところです。
  My father is having lunch.

  その少年たちは本を読んでいるところです。
  The boys are reading books.

  母は台所で夕食を作っているところでした。
  Mother was cooking dinner in the kitchen.

◆「~するところです。」=近接未来 

 「ところ」の前に動詞の連体形が来ると、これからその動作を
 しようとしている直前の意味になり、近接未来の表現を用います。

  「僕は宿題をするところです。」
  I am going to do my homework.

  「私は学校にでかけるところです。」
  I am going to leave for school.
  ただし、この leave は“往来発着”の動詞で、次のように進行形を
 用いるのがふつうです。
  I am leaving for school.
  
他にも、この意味の近接未来は“往来発着”の意味を持つことが多く、
現在進行形の形になることがよくあります。

  「母は自転車で買い物に行くところです。」
  Mother is going shopping by bike.


◆「~したところです。」=現在完了<完了> 

 「ところ」の前に過去の意味を表す助動詞「た(だ)」が来ると、
 ちょうどその動作・状態が終わったばかりの<完了>の意味で、
 英語では現在完了を用います。

※この助動詞「た」もその前に撥音便(ん)の動詞が来ると、
  「だ」に変わります。

    「読んところ」「やんところ」・・・

 この場合の「~したところです。」は「~したばかりです。」
 に置き換えができるはずです。

 「弟は宿題を終えたところです。」
  My brother has finished his homework.

 「私達は朝ごはんを食べたところです。」
   We have  had breakfast.

-------------------------------------

「~ところです。」を英語にする時には、上の3つのどれに該当するか、
確認をしましょう。

 上のような例の他にもいくつかの「ところ」が考えられます。

●もう少しで車にはねられるところだった。
  I was almost hit by a car.

今のところここが気に入っています。
   I like this city so far.

聞くところによると、彼は交通事故でけがをしたそうだ
   I lhear he was wounded in a traffice accident.

さらに、
・それが彼のよいところだ。
・ここは笑うところではない。
・ちょうどよいところに来てくれた。
・見たところどこも悪くない。

などがありますが、中学英語の範囲ではそのニュアンスを
出すのが難しそうですね。

MKJ_BTN

================================