文部科学省は2020年から小学校でIT人材育成のためにプログラミング教育を必修にし、随時中学校、高校でも必修化すると言う。
いい加減、馬鹿なことはやめた方がいい。

【小学校教師の過剰な負担】
小学校の英語教育で既に小学校の教師はかなりの負担を強いられているのに、またまた訳の分からないプログラミング教育をするという。
夏休み中に指導者の講習ということになって、小学校教師は息絶え絶えになるはず。
そうでなければ、遊び半分の授業をするしかない。

【ソロバンや計算尺の教育は何だったのか?】
かつて、小学校でソロバンだけではなく、計算尺の使い方を習った。が、今では計算尺の存在すら知らない人も多いだろう。ソロバンを使っている人も見かけない。
現在のパソコンのプログラミングは今の小学生がおとなになる頃には不要になっている。ごく少数の人間だけが専門的に必要にはなるが、そのためには高校生以降に始めても決して遅くはない。
むしろ高校数学を理解してからの方がよほど効率よく学べる。
やる気があれば、オトナになってから独学でも習得できる。

私がプログラミングを始めた頃は、
1つのファイルを削除するためだけでも、
[DELETE ディレクトリ名+ファイル名+拡張子]と入力しなければいけなかった。しかも1文字でも間違えてはいけない。大文字と小文字が違うだけでもアウト!
ところが、今ではマウスでファイル名をクリックするだけで削除できる。
本格的にプログラミングしようと思えば、メモリーの使いかたの指定からしなければいけなかったのだけれど、今では通常のプログラミングではそんな必要はなくなっている。
AUTOEXEC CONFIG.SYS の設定などやる必要もなくなっている。

【プログラミングの必要がなくなる】
 高度な専門分野の研究を効率よく行うにはプログラミングが必要であることには変わりはないだろう。
 しかし、通常のデータ処理に関しては、既にプログラミングの必要がなくなりつつある
 度数分布や円グラフなどを自分のプログラムで表示しようとするとかなり煩わしい作業になるが、WORDやEXCELのマクロを利用すれば、よく使う作業を記録するだけで、マクロ機能が自動的に見事にVBAのプログラムを作成してくれている。EXCEL で数値を入力しておくだけで、各種のグラフを作成することができるようになっている。
 今後はこのようなソフトがさらに改良されるのは容易に想像ができる。
 プログラミングに費やす時間や労力を本来の自分の目的に集中することができる。

【古い知識は役に立たなくなる】
プログラミング必修化の1つの理由は、IT人材の不足が挙げられる。
しかし、本来企業が研修しなければいけないことを税金を使って学校でやらせようという企業のニーズに応えて教育がおかしくなっている。
人材不足の一つの原因は非常に優秀な専門家であっても、機器の進歩があまりにも速く、古い知識が役に立たなくなっていることがある。40年ほど前には、まだトグルスイッチを上げたり下げたりしながら入力して、紙テープに穴を開けた記録用紙でプログラムを動かしているとても優秀なプログラマーが居た。その高等な技術も今では役に立たなくなっている。

英語教育やプログラミング教育によって犠牲になる基本的な教育があることを忘れてはいけない。
将来を考えた教育をして欲しいものだ。
小学生からやりたければ、個人的にパソコン塾にでも行けばいいのであって、全員必修などという愚かなことはやめてもらいたい。

ただ、早い時期からパソコンに慣れる必要は大いにある。
特にここ数年で、一挙にスマホが普及して、大学生でもキーボードでの入力ができないケースが増えて、企業に就職したとたんにパソコンの使用に慣れるまでに時間を要する状態になっている。
小学生は、プログラミング以前に、ワープロや表計算ソフト、画像の編集を使いこなせるように特化するのが賢明だろう。

最も大切なことは、目先の要望に迎合するのではなく、現在の小学生がオトナになる頃にはどういう社会状況でITの世界がどのように変化しているかをよく理解して教育の方針を決めることであろう。

今、これを読んでいただいている方が小学校の教育に従事しておられる方であれば、気まぐれな文部科学省の方針に惑わされることなく、まためまぐるしく変化するITの世界で、いずれ無駄になることに力を注ぐよりも、将来、子供たちにとって本当に役に立つ教育にエネルギーを費やしていただきたいと願っています。


全員に強制する“必修”は不要だと言うことだけで、決して全面的にプログラミングが不要だと言っている訳ではないので、誤解のないようにしていただきたいと思います。

【興味を持てる子供には徹底して環境を整える】
 電子工作とパソコンのプログラミングを兼ね合わせるととてもおもしろいことができ、 興味を持つ小学生も当然出てきます。そんな子供をお持ちの御家庭なら、ぜひとも充分に必要なものを整えてあげていただきたいと思います。

 入門用としては、電子工作のキットも発売されています。
 資料としては月刊雑誌「子供の科学」がお薦めです。これは大正時代から続く科学雑誌で「電子工作×プログラミング」の特集をしてくれることもあります。
 興味さえあれば、簡単なロボットを動かせる小学生も居ます。そんな才能がある子供はどんどん伸ばしてあげるべきでしょう。ただ、それは学校の必修ではなく、家庭での教育の問題になってくるでしょう。

/////////////////////////

【プログラミングの必要がなくなるとは?】

たとえば次の例は工業出荷額が多い県をグラフにしたものです。
Image2

このグラフを作るプログラムを自分で作成するとなるとかなり大変です。
ところが、データさえ入れておけば、Excel のマクロを利用して
自動的に上のグラフを作成できます。
同時に次のとおりのプログラムができあがっています。
このようなプログラミングを理解し習得するエネルギーを他の目的に
使う方が賢明ではないでしょうか。

Sub Macro1()
'
' Macro1 Macro
'
' Keyboard Shortcut: Ctrl+k
'
    Range("G11:H17").Select
    ActiveSheet.Shapes.AddChart2(286, xl3DBarStacked).Select
    ActiveChart.SetSourceData Source:=Range("Sheet1!$G$11:$H$17")
    ActiveChart.Axes(xlCategory).Select
    With Selection.Format.TextFrame2.TextRange.Font
        .BaselineOffset = 0
        .Size = 14
    End With
    ActiveChart.ChartArea.Select
    ActiveSheet.Shapes("グラフ 3").ScaleWidth 1.0156251094, msoFalse, _
        msoScaleFromTopLeft
    ActiveSheet.Shapes("グラフ 3").ScaleHeight 1.21875, msoFalse, msoScaleFromTopLeft
    ActiveChart.FullSeriesCollection(1).Select
    With Selection.Format.Line
        .Visible = msoTrue
        .ForeColor.RGB = RGB(0, 0, 0)
        .Transparency = 0
    End With
    ActiveChart.ChartArea.Select
End Sub



《関連記事》

「小学校1年生からの英語教育は」(ここをクリック)

MKJ_BTN

======================================