ライブラリ。

2010年06月12日

誘われて、「SEX AND THE CITY2」を観てきました。

テレビも1も観てませんがとても楽しめました。笑い過ぎて隣の友人に迷惑をかけたかもしれないくらいです(^-^;

一言で言うなら50代の女性4人の社会での生きにくさをコメディに仕立てた映画でした。

日本人の感覚でいう友人ドラマと比べると、互いへの干渉の度合いは薄いのですが、それは4人がそれぞれ愚痴をきいたり口出してはみても、最後の決断をするのは本人の仕事と信じあっているからだと感じました。

この作品については特定のキャラクターに憧れて、こうありたい、思うのは少し違う気がします。

4人とも自立した生き方をしていて、でもそれぞれのやり方であり、どれが正解というものでもない、そう感じます。

そしてそれはアメリカの全ての女性がそうだとは描かれてはいません。

たとえば、映画の中で主人公の女性のファンが自分を主人公と同一視して「あなたはまるで私ね」と言って話し掛けるシーンがあります。
でも主人公が自分と考え方が違うことに気付くとあっさり失望して席をたってしまいました。

とても笑えたけれど、おもわず考えてしまうような深みのある作品でした。

今日の記事のタイトルは作中の主人公たちが歌うシーンから採りました。
苦労してきた女性の歴史をすこし垣間見せながら、
でもわたしは強いと歌い上げています。

「I'm a woman」

わたしは強い。
わたしは無敵。
わたしはおんな。


セックス・アンド・ザ・シティ2 オリジナル・サウンドトラック
セックス・アンド・ザ・シティ2 オリジナル・サウンドトラック
クチコミを見る


vermilon2flower at 23:49コメント(2) 

2009年12月12日

6f0b94f9.jpg川口駅前で初めてエレキバイオリン(バイオリンがアンプに繋がっているやつ)の演奏を聴きました。

もともとアコースティックな楽器でロック調な曲を演奏した曲は好きなんですが、
偶然こういうイベントをしているタイミングにあたると得した気分になりますね。

KATEIさんというオーストラリア籍チャイナの方で、小さい頃日本に住んでいたので日本語もぺらぺらでした。

WEB検索したらブログも日英両方で記事を書いてました。うーんすごい。

ちなみにタイトルの「Rock On」はKATEI氏のスローガン的なものらしく、サインとかブログとかで決め台詞のように使われています。

KATEI official website




vermilon2flower at 20:55コメント(0) 

2009年11月27日

aea1aa73.jpg少し前に紋切り型という切り絵のキットを買いました。

紋切り型は江戸時代の文化で紙を何回か畳んでハサミを入れると綺麗な模様が現れるというもの。

このキットはその型紙と折り紙がセットになっているもので
以前から興味があったのでウサ晴らしに買いました。

左は「歯車」で右は「ダリア」です。
掌サイズが欲しかったので、型紙をプリンターで縮小印刷してから作りました。

うちのプリンター君が初めてスキャナーとして働いた記念すべき第一歩です(笑)

写真印刷の第一歩はニャンコにしたいな。

ちなみに購入した日のウサは仕事関係でしたが、今日は別件で気分が悪いです。

お腹が痛くて火曜日に病院にいったところ急性胃腸炎と診断されました。

しばらくは雑炊、リゾット系で過ごします。


vermilon2flower at 08:54コメント(2) 

2009年08月22日

同僚にきかれて返答に困る質問が、休みに何をしたかというもの。

なにもしなくてぼおーっと本を読んだりウィンドウショッピングするだけでも数時間すごせる私です。

休みは花見のような植物がらみのイベントや図書館とかにいくこともあるのですが、そういう話題はあんまり続かなかったりします。

それでも土日の両方を家ですごすときのマイルールとして、できるだけ自炊するようにしています。平日も余裕があるときは作るのですが、あまり時間をかけられないので。でもこれはこれであまり話題が弾まないのであまり解決にならないという。
話題が豊富なくまさんがうらやましい。。

今日は大根の皮のきんぴらをつくりました。

一人暮らしをはじめて最初に買った本がこれというのも主婦っぽい気がします。

使いっきりムダなしおかず便利帳 最新版―素材をまるごと使いきっておいしい節約レシピ315 (主婦の友生活シリーズ)
使いっきりムダなしおかず便利帳 最新版―素材をまるごと使いきっておいしい節約レシピ315 (主婦の友生活シリーズ)
クチコミを見る


TO:くまさん。
 沖縄もあまり歩かないので100mはちょっと遠いかも。しかし、沖縄でみちを訪ねるとテーゲー(適当)精神で、約5分で着くところも、20分かかるところも「10分くらい」とか言われるので注意が必要です(笑)

vermilon2flower at 23:15コメント(2) 

2007年06月09日

0e95f3ba.jpg『空の名前』を著した高橋氏の御本なので、やっぱり『空の名前』ぽいテイストの本です。

各月の風物詩に触れてますが、6月のページが印象に残りました。
蜘蛛の巣は日ごろは邪魔なもの。
でも雨上がりの水滴が浮いた様子は綺麗ですよね。
他にもアヤメと花菖蒲の区別がわからないとか。

また別の季節に読んだら、その季節のページに目がいくかもしれません。


vermilon2flower at 20:13コメント(1) 

2007年04月14日

f041f34a.jpgフジモトマサルの「長めのいい部屋」を買いました。
これは漫画と絵本の間くらいなジャンルです。
学生時代に読んで、でも大きめ絵本サイズなので本棚には合わないな、と思っておりました。

それが文庫版で出たなら買うしかないでしょう(>_<)
カバーまで「スコットくん」(フジモト氏の別の本に出てくるペンギンキャラ)でした(^O^)

ほのぼのとしてながらちょろっとブラックユーモアが効いてるところが味なのです。

色々個性的な住人が出て来るのですが、
ぺンギンLoveな白熊くんにシンパシーを感じます。


vermilon2flower at 02:07コメント(1) 

2007年01月28日

1de564e9.jpgけっこう前から持っていたコンピレーションアルバムの「feel」を最近また聞き出してます。

これに限らず
以前から持ってた本とかも。

これからも何度も自分の過去のマイブームをなぞることが出てくるんだろうな。


vermilon2flower at 23:24コメント(0) 

2006年12月07日

1737e774.jpg森さんは もともとは児童文学から始めた方で
一般向けはこれを含めて3冊です。

「永遠の出口」の方はいまひとつでしたが
こちらはほのぼのと好きです。

父の葬儀後あきらかになる
生前の女性問題や捨てた故郷。

父との親子関係の中でトラウマを負っていた3兄妹の心の整理の過程のお話

ではありますが。

ぶっちゃけそんなに暗いとこはなく
人間ってたくましいよね、
しぶといよねと笑えます。

いいなあ 森絵都。
そのテンションで書き続けてくれ(>_<)/

人間関係のどろどろしたところって
欝陶しいと日頃は思っちゃいるけど
意外と嫌いでもないなあと思った。


vermilon2flower at 22:04コメント(0) 

2006年11月22日

8dfaa6dc.jpg篠原さんの本はやたら人がよく死ぬ。
もしくはやたら死体の描写が出てくる。

でも これはこれでアリだなぁと思いながら読む。

私は中学生の頃、何故だかミステリが好きな時期があった。

日本のミステリってやたら人を殺すのだけど、
別に殺さなくてもミステリは成り立つと思うのですよ。
海外のは、たとえばホームズとかルパンとかって
必ず死ぬ訳ではないんですよね。

なんだろう?
人を殺すくらいの深刻さがないとトリックにリアリティが出てこないんでしょうか?


篠原さんの本はそれとは逆で
人が死ぬけどミステリ(のもあるけど)
ていうわけじゃない。
キャラクター達は何かに追い立てられて
殺したり
死体に接触したりする。

そこに理性的な必然性はない。
彼らは殺人とか死体を怖がってはなくて
なんていうか愛おしむ感じがする。

篠原さんは高校生の時に作家デビューしたのだけど
その影響なのか
彼女の本を読んでいると
リストカットしている人に付き添ってるみたいな気分になる。

私自身はそういう衝動はないけれど
自分の身体を傷付けて流れる血液や傷口をみて
安らぐとかほっとするという感じは若干ある。
傷付けることそのものには意味がなくて、
その傷付けた状態に意味があるといいますか。

身近な人や同調した人を傷付けちゃったり
あるいは
自分より不幸な状況に追いやるのって
リストカットと根は繋がっていそう。

「天国の扉」ははっきりと物事の解決ははかっちゃいないし
謎は解明されずに終わる。

でも そこに妙なリアリティを感じるんですよね。

…しかしそれにしても
全然本の内容がわからない感想文だなぁ(X_X)


vermilon2flower at 07:19コメント(0) 

2006年07月20日

f2b6612c.jpgこっこがジャケットということで購入。

こっこの記事が載っているだけでは買いませんが
写真がnanako嬢(『陽の照りながら雨の降る』ジャケット撮影した方)だったので買っとくかーと
ファミマにてget。

見開きのカラーページにCoccoの入ってない
雨上がりのブルーグレイの空と砂糖黍畑を選ぶセンスは流石だね(笑)

これによると
やはり沖縄ライブは「恩返し」目的で、
「自分ができるいちばんのお礼は歌だから」ということらしい。

handsはこっこがゴミゼロを始めた頃から支えてきたから
こういうイベントの告知もできるんだろうな。
メディアとアーティストの結び付きって利害もあるとは思うけど
私はそれを共生関係と呼びたい。


vermilon2flower at 10:05コメント(0) 
朱色のこと

朱色

月ごとのアルバム
ペンギン本@amazon
ただいまアフィリエイトについて勉強中↓
今のライブリンクテーマは「ペンギン」
ランダムに「ペンギン」の本を紹介しています。
時間がある方はクリックして、本の詳細も見に行ってくださいね☆