Ma Vie

こんな毎日です

「あの日、あの曲、あの人は」 小竹正人著

あの日、あの曲、あの人は (幻冬舎文庫)

今日やっと、手に入れました、小竹正人さんの「あの日、あの曲、あの人は (幻冬舎文庫) [文庫]」。
発売日に本屋さんを周り、会社帰り、休みの日にちょくちょく探したのですが、在庫切れ。
Amazonさんでも在庫切れ。
今日、通院の帰りに本屋さんで検索したら、入荷!
早速購入しました。
小竹さんは私はEXILEの「Heavenly White」で注目しました。
とても綺麗で切ない歌詞。
何度も何度も聴きました。
その後、三代目J Soul Brothers の私が好きになる歌はほとんどが小竹さんの作詞。
なので、気になり、この本を買いました。

特に「空に住む」は何度聴いても泣けます。
私はこの歌詞は猫将軍様を思い出すのですが、小竹さんご自身も愛猫が亡くなった時に書いたとのこと。
だからか。。。
三代目のライブで生で聴けたときは本当に涙がこぼれました。
優しくて、愛に溢れた歌です。
ほかにもたくさん好きな歌があるんですが、それらに関する話を書かれています。
私の好きな「Deep Inside」はないですけど。。。
またゆっくり読もう。
手に入ってよかった。

フィットネスポール

毎日パソコンに向かって仕事をしているせいもあり、前肩気味な私の肩。
肩こりも出てきたので、軽減するためにフィットネスポールを購入してみました。
以前、石灰沈着腱板炎になった際に通っていた整形外科の理学療法士さんが教えてくれました。
胸が開いて肩甲骨がいい具合に寄ってくれます。
その時からずっと気になっていたのですが購入するまでには至らず。
今回、本当に痛みが出てきているので良くないと思い、近くのスポーツ用品店に行き購入しました。

ネットで使い方などを見ながら、フィットネスポールの上に寝ます。
肩甲骨がうまく寄ってくれてほぐれます。
これはいいです。
そして、私は骨盤が真っ直ぐに立っていないので、これで矯正もしようかと。
毎日少しずつ使って正しい姿勢を体に覚えさせようと思います。

ドラマ「LEADERSII」

昨日の話ですが(遅くまでテレビを観ていたので、今日書いています)、ドラマLEADERSIIを見ました。
二年前?くらいに2夜連続で放送されていたのも見ましたが、再放送も放映されていたので見ました。
かなり感動します。

海賊とよばれた男、のモデル、出光さんもそうですが、豊田さんも、あの時代で、石油や自動車で国を豊かにするという夢を現実にして、社会までを変えていく力。
そして人間的に誠実だから、いろんな人に慕われて窮地を脱することができる。
魅力的な人だったんだろうなぁ。
この時代の人の働き方は、今の人から見たら、ブラック企業かもしれません。
寝る時間も惜しんで研究を続けたり。。。
でも彼らはそれ以上のものを得ていたのでしょうね。
誠意と熱意。
役者さんも素晴らしい方ばかりで、見応えのあるドラマでした。

中でも橋爪功さんが素晴らしかったです。
最後の方に酒田ガレージの酒田が愛知の販売店になりたいと会社を訪れた時のセリフ。
「私が穏便なうちに帰ってください。」←正確な言葉は忘れましたが、こんな意味のセリフ。
そして、愛知さんの写真を見て、
「佐一郎くんならそう言うと思って。。。」

ああ、録画しておけばよかった。
見るからいいか、と思ったんですが、見返すことを忘れていました。
見ていて元気をもらえるドラマでした。
また見たいなぁ

BORN TO BE WILD

【早期購入特典あり】BORN TO BE WILD(DVD3枚組付)(スマプラ対応)(オリジナル・ポスター・カレンダー付)
BORN TO BE WILD」 by EXILE THE SECONDを手に入れました。

J Soul Brothers時代のアルバムももっていますが、その頃に比べてワイルドさが増しています。
AKIRAさんの参加でさらに色が増した気がします。

「YEAH!!YEAH!!YEAH!!」
とか明るくて、踊りたくなる曲です。

でも一番好きなのは、「Because I Love You」です。
洋服の青山のCMで聴いて、全曲聴きたいと思っていました。
元の曲の素晴らしさもあるのですが、NETHMISさんとSHOKICHIさんの声がものすごくいいです。
色気があって、更に切ない。
SHOKICHIさんはソロを経験されたからか、歌に磨きがかかっていますねー(って私は何者?と怒られそう・(笑))
NETHMISさんは安定のうまさ。
二人の良い部分を引き出していいです♫

さて明日も通勤時にリピートしよう。

「彼らが本気で本気で編むときは、」

今日は歯医者と英会話の間に時間があったので、思い切って、映画を観に行ってきました。
彼らが本気で編む時は、」です。
母親と二人暮らしのトモはいきなりいなくなった母の弟のマキオのもとへ行くのですが、マキオが一緒に暮らしているのは、トランスジェンダーの女性、リンコで、三人で暮らす間のいろいろなことを描いた映画です。

生田斗真さん、以前から実力ある俳優さんだと思っていましたが、、、素敵でした。
本当に綺麗な人。
泣けてくるシーンが多くて、最後のほうは涙が止まらくて。。。
詳しくは書きませんが。。。
映像が桜の花や風景が美しく、綺麗で優しくて、心にしみるいい映画でした。

リンコさんのお母さんが、
「私は自分の娘が一番だから」
というところ。
愛情深くリンコさんを育てたから、リンコさんもあんあに優しくて愛情深い人に育ったのでしょうね。
ああ、思い出すとまた涙が出てくる。。。

なんか母子ものに弱いようです。

心のいい洗濯ができた感じです。

英会話の先生

私は6月から駅前留学しています。
最初の頃はとっても明るくてめちゃくちゃ優しいアメリカ人の先生でした。
楽しいレッスンでした。
今はずっとオーストラリア人の先生です。
最初、言っていることがよくわかりませんでしたし、いきなり政治経済の話をふってくるので話についていけませんでした。
私は土曜日の午後に行っていて、グループレッスンを取っているのですが、この時間の私のレベルの人はいないらしく、ほとんどがプライベートレッスンです。
ラッキーです。
このオーストラリア人の先生、ものすごい物知り!
いつも政治経済の話をするので、私もちゃんと世界情勢を勉強しないと、話ができない!と思いつつ。。。
忙しさにまけてます。

前に「海賊とよばれた男」という映画を見た、という話をしたときにふられた話は、先生から出た話は、オイルショックではなく、イランのクーデターの話。
この先生、本当にすごい。
毎回、もっとちゃんと勉強しなきゃな、と思わせられます。
いい先生にあたってよかった(予約なので、どの先生が当たるか、テキストのどこをやるかわからないのです)

久しぶりのインフルエンザ

先々週から先週にかけてインフルエンザAにかかりました。
インフルエンザにかかるのは十年ぶり以上。
高熱、関節の異様な痛み、寒気。。。
本当にきつくて起き上がれませんでした。

やっと先週水曜日から会社に復帰。
体に力が入らないし、食欲もあまりなく。。。
土日はできるだけ寝るように心がけました。
体が消耗しているのでしょうね。
ちょっと買い物で歩くと疲れ方が半端ない。

ゆっくり寝て、回復したいものです。

皆さんもインフルエンザにはお気を付けて。

小説「沈黙」 by遠藤周作

沈黙 (新潮文庫)
沈黙 」 遠藤 周作 著 を土曜日に読み終わりました。

以前、クリスチャンの友人と話していた時に、斉藤ひとりさんが踏み絵のことを、自分だったらどんどん踏めと言う。神様は人が生きるためのものだから と書いておられた話をしました。
その時にその友人から遠藤周作さんの「沈黙」を読むように勧められました。
映画化がわかるちょっと前です。
ちょうど、今上映されていますね。
ちょうど読み終えた時がインフルエンザ検査で病院で待っている時だったのですが、具合悪い時にこのように重い話を読むと気持ちが持って行かれそうになります。
内容はキリシタン弾圧が行われている江戸時代の長崎。
棄教したフェレイラ師を探しに三人の司祭がポルトガルから長崎へ。
三人のうち、一人はマカオで亡くなり、もうひとりも日本で捉えられ亡くなり、残ったロドリゴ司祭。
最終的に捕まり、棄教したフェレイラ師より転ぶ(踏み絵を踏む)ように説得され。

映画上映中なので、ネタバレとなるのでここまでしか書きませんが。

重い内容です。
描写がまた詳細でつらさが克明に伝わります。

しかし、人間ってなんでここまで残酷になれるんだろうと。
信仰でここまで弾圧する必要は何?と思いました。平和な時代に生きる私には理解できないのかもしれません。
そして、殉教。
私は敬虔な信者ではないので、軽いと思いわれると思いますが、踏み絵を踏むことがなぜ棄教することになるのかがわからず。。。
きっとカトリックの方ならわかられるのかもしれません。

フェレイラ師がロドリゴ司祭に
「日本にはキリスト教の苗は育たない。深い沼で腐ってしまう。日本のキリスト教は我々のものとは違う。」というシーンがありましたが、ここも理解ができず。
ああ、遠藤さん、ごめんなさい。
理解ができないまま読了しました。

いつか分かる時が来るのかな

「愛を乞うひと」を見て思ったこと

先日放映されたドラマ「愛を乞うひと」、辛くなるから観るまいと思っていたのですが、篠原涼子さんの迫真の演技が素晴らしくて最後までみてしまいました。

子供の頃に虐待を受けていた女性のお話なのですが、このドラマの中で号泣してしまったところがあります。
それは、照恵が娘の深草に自分が虐待されていたことを話し、自分はいつ深草に自分の母親と同じことをするのではないかと怖い、と言うと、深草がお母さんはそんなことしたことないししないよ。
と答えます。
その時に照恵が自分は深草のことが可愛くて可愛くてたまらないからそんなこと(虐待は)できない、といいます。
(セリフはかなり違うかもしれません)
このセリフに涙が溢れてしまいました。

そして深草がとても優しい娘なのですが、この優しさは、照恵が愛情深く育てたから、人に愛をしめすことのできる優しい人に育ったんだなぁと。

そして母のことを思い出しました。
私の母は、鬱病になるまでは、本当に優しくて私に愛情を示してくれていたなぁと。。。
母は私が小さい頃から、
「あんたは本当に可愛い」
といつも言っていました。
私の田主丸のおばも、母が他界したあとに
「お母さんはあなたが生まれたとき本当に喜んでいたよ。あなたは愛情いっぱいに育ったからお母さんの介護をちゃんとやれたんだと思うよ。」
と言われました。
女の子にしてはお転婆すぎる私なので、叱られることは多かったのですが、それ以外は優しくて愛情をたくさん注いでくれたなぁ、と思い出します。
母のおむつを替えていた時に母が
「あんたにこんなことさせるなんて。」
と言ったので、
「私が赤ちゃんの頃、覚えてないけどおむつ替えてくれたやん。おあいこよ。」
と答えました。母は笑って。
「そんなこと言ってくれて嬉しいね。」
と言いました。
介護は今考えると大変ではありましたが、私がすることすべてを喜んでくれたなぁ。
料理上手な母にくれべたら下手な私の料理も、美味しい美味しいと喜んで食べてくれたし。。。
もっと優しくいろいろ出来たらよかったと今更後悔することもありますが、母が喜んでいたことを思い出すと少し救われた気がします。

そして、今は私のグループホームのおば。
私には本当によくしてくれました。
普通、おばってここまでする?と言うくらいものすごく可愛がってくれました。
今でもホームに行くと、みんなに「私のたったひとりの姪よ。」
とみんなに紹介してくれます(みんな知ってますけど・(笑))

母にもおばにもたくさんの愛情をもらっていたんだなぁと思うと涙が止まらなくなります。

今はおばを母と思って大事にしていこう、この人のために長生きしようとおもう今日このごろです。

あけましておめでとうございます

IMG_0847今年もネコ王子ともどもよろしくお願いします。
寝てます、王子。

だんだん更新頻度が減っておりますけれども(笑)


やる気がね、アヤシイ。


年末から「海賊とよばれた男」を読んでいます。


実は以前、出光さん関連の会社に一年ほど契約社員でいた事があります。

ネットで見たら、名前が変わっていました。

そういえば、昔、岩崎弥太郎さん関連の会社にいたこともあったなぁ。

なんとなくいろいろ歴史を感じたりして。。。

今はある歴史に関する人がいた会社に関連する会社に契約社員としています。
生きてるといろいろありますなぁ。
いろいろと受け入れながら、覚悟しながら。。。

今年もよろしくお願いします。


EXILE
最新のコメント
チョコリン
>
アーカイブ
猫将軍について
「猫将軍の日記」には、2005年10月7日に永眠された、私が大好きだった猫将軍様との思い出をつづっています。
ネコ王子について
プロフィール
羽扇
宝物:我が家の猫将軍・ネコ王子
好きな歴史上の人物:諸葛孔明、坂本龍馬、上杉鷹山
好きなこと:読書、寝ること、バレエ(まだ、大して踊れないので見るほうが多いかも?)妄想(?)、B'z(ファンクラブ歴15年以上更新中)、ウィーン少年合唱団
はまっているもの:三国志(特に、諏訪緑さんの「諸葛孔明 時の地平線」)EXILE♪
  • ライブドアブログ