2006年06月05日

引っ越しました(事後報告)

おかげさまで(?)、「ぺぺぱぴぽ」鳴いてます。がんがん。

うちのお隣さんはこのホトトギスをウグイスだと思っていて「鳴き方がヘタだよねえ」と毎日笑っていたそうです。「鳴き方要練習」と。
それもおかしい!ぷぷぷ。

「鳴かぬなら〜」って川柳で有名なホトトギスなのに、鳴き声に関しては認知度低すぎだなあ。

さてさて、引っ越しました。家じゃなくてブログを。
先日のライブドアの不具合に、やっと重い腰を上げて引っ越しを敢行。
新しいブログはこちらです。http://blog.luna2.ciao.jp
今後はこちらでどうぞよろしく。

けっこう長い間ライブドアだったのでちょっとさみしい気もしますが、トラックバックやコメントのIPアドレスでの禁止ができない等、アダルト系トラックバック万歳みたいなとこはうんざりだったので割り切っていきましょう。

2006年05月31日

ぺぺぱぴぽ

「ぺぺぱぴぽ」って鳴く鳥が最近うちの近くにいるんです。
「ぺぺぱぴぽ」の「ぴ」にアクセントがあります。

最初誰かが飼ってるのかと思ったんだけど、鳴き声が旋回してるので野鳥みたい。

朝や昼間はいいんです。別に。いくら鳴いても。

問題は深夜にもがんがん鳴くこと!!
うーるーさーいー!
きみは一体いつ寝てるんだ?!

たぶん、近所の人たちも「アイツはなんなんだ?」と思ってるであろう。
だけど飛ぶ姿は見たことがないのです。

とりあえず「ぺぺぱぴぽ」という名前で呼ぶことにします。

2006年05月30日

【花】に関するバトン。でも脱線気味。

えこ先生からバトンが〜。
この【指定型★バトン】というやつ、最近別の友達もやっててその友達は【リズム】という指定に答えていました。かっこいいねー【リズム】。

さて、私は【花】だそうです。
この指定、みなさん「?」と思うでしょうが、そうでもないのよ。
おとといも先生んちから何らかの鉢をいただいて帰ったのでした。
で、あれはなんだったんだっけか?
「ナントカかずら」とは別ものだっけ?(読んでるって前提で私信)


【指定型★バトン】のルール

○廻してくれた人から貰った『指定』を【】の中に入れて答える事。
○また、廻す時、その人に指定する事。

------------------------------

○最近思う【花】

いやー、なんでこんなに花が豊富なんでしょうか?
と思うくらい、いつでも花のある暮らしをしております。
今もうちの中には花瓶4つ分のお花が。どっさり。
外(庭)にもいろいろ。
あ、でも、今年のハナミズキは不作だったな。
あと、今年のキウイはつぼみが少ないので収穫も減りそう。
っていうか、これくらいでちょうどいいのかも…

やっぱり植物関係の職につくべきかなーと思いつつも、今でも芸名だと思われるのに、そんな仕事したら余計芸名(しかもベタすぎ)だと思われるからやっぱりやめよう。

○この【花】は感動!!!!

1.先週の岐阜の公演で、終演後にロビーに出たら花輪だらけでびっくり感動。
2.おととい、はちぽんが吟味に吟味を重ねて摘んでくれたお花たちにも感動。
3.先月、なんでもない日に、友達が急に1輪のヤマユリ(かな?)をくれた。そのオトナなかっこよさに感動。
(こう書くと「男か?」と妄想されるので先に言っとくけど女ですよ、この友達は)

○直感的【花】

誰かにお花を買うときって直感で買うでしょう。
その人を思い浮かべて、その人に似合うお花を直感で選ぶでしょう。
そのときの花の色って、その人のオーラの色なのではないか???と思うのですが…
どうでしょう?江原さん!オーラの泉!
だって、私がいただくお花っていつも黄色〜オレンジ系だよ。
真っ赤とか、ブルー系とか、紫とかは全然ないのです。
でも周りを見ると、いつも必ずピンクの花束もらう人とか、絶対真紅、しかもバラ!って人もいて。
しみじみと、「私は黄色なのだな」と思うのです。

でも、こないだボルドー×白の花束をもらった!
これは大人の雰囲気が出てきたということか?!

○好きな【花】

そういうわけで、ってことじゃないけど黄色い花が好き。
菜の花とか、ひまわりが特に。
…って言うと、「そんな感じだよねー!」と妙に納得されるんだよなあ。
別に、食べられるから好きなわけじゃありません。

○こんな【花】は嫌だ!

日本国民を代表して言います…スギの花はイヤだー!
あと、個人的にはブタクサもイヤだー!!
(黄色い花だけど、例外)

○この世に【花】がなかったら?

果物が食べられないよねえ?それはやだね。

◆次に回す人(『指定』付きで) よろしくです。

Mayちゃん【ロンドン】
Kazumiちゃん【雑誌】
ぴっぽくん【W杯】

タイムリーにこのブログを読んでいたら、ということで。

2006年05月28日

リハで大サービス?!

そういえば。

昨日の公演のリハのときにホルターネックの衣装を着て、舞台で踊ってたら、やってる最中に「ぶつっ」って音がして、この音はなんだろう?と思ってたら、それはホルターネックが外れた音だったんだよねー!

だから、ひもが前に2本だらーんって。
でも衣装はぴったり(というかキツキツ?)だったから全開になることもなかったし、別にいいや!と思ってホルターネックのひも部分をブラブラさせながら最後まで踊ったのでした。ベアトップだと思ってくれ、ということで。

でも、外れた瞬間に周りが「はっ」とした空気になったのがおもしろかった。
それでも私がそのままで踊ってるのでみんながいつもとは違う感じの「オレー!」を連発してたのが余計に、おもしろかった!

終わった後に「ストリップが始まるのかと思った!」とさんざん言われました…
リハでよかったことだよ。

本番では絶対に外れないように、安全ピンで留めました!
いやはや盲点でした。

2006年05月27日

終わった〜

岐阜公演無事に終わりました!

楽しかった〜!

お客さんのほとんどがフラメンコを見たことがない、というか「フラメンコってなに?」って人達。
でも中津川市というのは文化的に栄えていて、見る目は肥えている(と、前日にさんざんおどされた!)。

とにかく終わった後に、お客さんが笑顔で帰ってくれるように!というのを目指していました。

結果は大盛況!

終演後、出口でご挨拶をしていたら出てくる人、出てくる人みーんな笑顔!
感激してくれていて、その顔を見た私は思わず涙が…!うう。こっちも感動。こんなにたくさんの人が見に来てくれたなんて!

ロビーでたくさんの人に囲まれて一斉に携帯カメラを向けられる、という「芸能人気分」もちゃっかり味わいました(笑)

大きい会場で踊るのはもちろん初めてで、着替えに走ったり、上手と下手を走って移動したりするのも初めて。

すごくいい勉強をさせてもらったなあ!

いつもどおり、全然緊張しなかったので、会場の大きさと緊張の度合いは関係がないことが判明しました!
どうやらなんでも大丈夫なようです…


2006年05月26日

ただいま岐阜県中津川市

今、岐阜県の中津川市に来ています。
中津川の流れる音が気持ちよく、のどかでとってもいいところです!
和菓子もおいしいし!!

明日、東美濃センターというところでフラメンコの公演があるのですが、キャパ600のところ、チケットは600枚以上売れているという有様!
ということは立ち見か、補助いす?
これ以上はチケットを売れないということなので申し込みの電話があっても断っているということです。
すごい〜!
まさかそんなにチケットが売れるとは思っていませんでした...(出演者のくせに)

しかも、こっちの新聞にまで出てたり、ホールの掲示板では美輪明宏の隣にポスターが貼ってあるそうです。ひえええーーー。オーラ負けしてそうだけど。

私は600人ものお客さんの前でなんて踊ったことがないので、かなりワクワクしています!今から!

ということで明日はがんばります。

2006年05月25日

刺青か?シールか?

先日、スタジオで1人練習していたところ。

右手をばんっと上にあげたら、ひじのところに何か花のような形のものがついている。

「シール?」
直径4センチくらいの青い花。
真ん中は赤。

よーくよーく見たら、あざでした…

だけどほんとに花のような形なのだよ!花びらもあるし。
真ん中だけ円形に色が違うんだもん。

しかし、またもライブ前に…
隠すものが増えた(前述のとおり、ダニ痕も)。

そして、こんな大きな、色の濃いあざを作っておきながら、いつできたのか?いつぶつけたのか?まったく記憶のない自分にあ然。
そうとう痛かったはずですが…

昨日見たら花の色が赤紫に変化してました。
刺青のようです。
刺青は色が変わったりしないか。

2006年05月24日

思い込みをなくそう!(感情モニタリング法)

感情モニタリング法3回目。

授業の前半は、先週出た宿題についてみんなの体験を元に話しあい、後半で今週の宿題についての説明を聞きます。
やってることはただこれだけなのです!
こう書いちゃうと、なんかしゃべっておしまい、みたいだけど(そして実際そうだけど)、毎回発見があるからすごいです。

先週の宿題は「嗅覚」「味覚」「視覚」の意識化をしてみよう、というもの。
前にも言ったとおり「あるがままを味わう」のがポイント。

感覚を味わう前に「これはこういう味(匂い、形)だから〜」とかって決め付けてはいけません。
思い込みは捨てること。

その中でも、私は「視覚の意識化」が苦手だな〜と思いました。
見ることに関して、思い込みが抜けない!

今、目に映っているものすべてをぼんやりと意識するのだ…
と言われても結局は目の前の何かに注目しちゃうんだなあ。
視界は220°あるらしいのですが、私が見ているのは目の前90°といったところか。

例えば電車内で視覚を意識してみると、車両の真ん中らへんにいれば、顔や目を動かさずとも車両の端から端まで見えてるんだよね、実際は。
なのに注目してるのは目の前のおじさんだったりするんだな〜!

あーあ、私は視覚は苦手。
というのさえ、じつは思い込みでしたよ!

先週の授業で、先生が「みなさん、目を閉じてください。教室の床は何色でしたか?見えていたはずですよ」と言ったのですが、私はかなり明確なイメージが浮かんだんです。
グレーでまだらっぽいカーペット。これは間違いない!

「じゃあ目を開けて確認してください」
目を開けたら…

なんと教室の床は真っ青なカーペット!

あの確固たるイメージって…
あれも思い込みか…
そのときはかなりショックを受けました。

その3日後、カウンセリング講座(同じ大学の授業)のために別の教室に入ったら…
カーペットがグレーのまだら模様!
あのイメージそのままでした!

つまり、カウンセリング講座の教室の床が無意識のうちに目に見えていて、その記憶もあった。
で、感情モニタリング法の教室の床をイメージしたときにその記憶の引き出しを開けて、違う教室の床のイメージを持ってきていた。
と、こういうことだ。

なんだあ、私もちゃんと見えていたんだ〜と安心!
あとは意識して見るようにできれば!

で、視覚の意識化ができると何がいいかって、人の表情に敏感になれるからかすかな感情の変化にも気付けるそうです。
母親がこどもに対して、無意識のうちにやってることと同じですね。
ほんのわずかな差を感じて「今日、学校で何かあったの?」と言うような。

あとは必要なものが目に飛び込んでくるようになるから迷いがなくなる、とのこと!

例えば、ショッピングで洋服を選んでいるときに、「洋服が私を呼んだ?!」って思うように、ある洋服だけが何気なくふと目に飛び込んでくるときがあるでしょう?
あれも視覚の意識化らしいです。
多用できたら買い物が早くなるにちがいないね〜!


2006年05月23日

1年をあらわす誕生日

4日ぶりに書いたブログが「コレステロール」についてだなんて…

しかも、その前に書いたのは「ダニ」。さらにその前は「やけど」…

このままではなんだかな…

さっき知ったのですが、「誕生日の1日の過ごし方が、その年の1年の鋳型となる」のだそうです。
うっわー。なんか信憑性あるなあ。
忙しい誕生日だと、その1年も忙しく。
食べてばかりの誕生日だと、その1年は食べてばっかりに(?)。

私は先々週が誕生日だったのですが、よーく思い出してみるとその日はなんだかバタバタと移動ばかりしていたような…
ということは「移動」の1年???

そんな移動のあいまにも、しっかりと本屋に行って、買う本を選んだりして。やっぱり本か!

これから誕生日を迎える方々、希望の1年になるように誕生日の過ごし方に工夫を!

クスリ漬けな日々…

朝ごはんを食べないということが私にはありえないことなので、今朝はフラフラとなりながら電車〜バスで病院へ。
途中でパン屋のいい匂いに余計にフラフラしつつもなんとかたどりつく。

朝抜きなのは血液検査があったからです。
さらに今日のメニューは分刻み(ほんとに)。
血液検査に始まって、心臓超音波、負荷心電図、循環器内科診察、神経内科診察。

貴重な体験をしましたよ。
自分の心臓の超音波なんて見たことないでしょう、たいていのひとは!
見るといっても、妊娠したときの胎児の超音波でしょう!
私は自分のをしっかりと見ました。なんてことはなかったけど。

しかし、豊満な検査技師さんに後ろ向きでよっかかりながら、超音波検査されるのはなかなか微妙です…
患者がおじさんでもこの態勢?!とか勝手に想像してしまった。

次の負荷心電図は踏み台昇降のパワーアップバージョンといった感じでした。

表彰台のようなかたちの段差を上って下りて、くるりと方向転換。
そしてまた上って下りてくるっ。
これを3分間。リズムは音とライトで指示されるので早すぎても遅すぎてもダメ。

この「くるっ」っていうのが目が回って大変でした。
ライトは足元にあるので下を見ながら上り下りするでしょ。
それで方向転換するでしょ。
しかも3分でしょ。

運動としては全然たいしたことないのに、クラクラ。
それで終わると「はいっ、すぐ横になって!」とせかされ、急いで心電図。
この検査はかなり忙しい…

それから診察。

結局のところ、不整脈は出てるものの様子を見ましょう、ということに。
先月やったホルター心電図の結果も教えてもらったけど、心拍数は一般よりもむしろ少なかったのだそうで。8万回。
わー、心臓って一日に8万回も動いてるのか。働き者ね。

最大心拍数は129で、階段を上ったとき。

あれ、でもこのとき、心電図計しょいながらもこっそりフラメンコの練習したんだけど…
その練習よりも階段の上りのほうがキツイということか…?
ど、どういうことだ?練習が足りないのか?!

ということで、1年後にまたホルター心電図の刑。
まあ、1年後とかでよかったよ。

最後にやっと、いつもの主治医のところへ。
「ただいまー」という感じでした。ほっとした。
病院でほっとするということがあるものなのかと、びっくりしました。

しかーし、そこで待ち受けていたのは新たなる薬だったのですが…

3月にいつもの甲状腺ホルモンの血液検査をしたところ、コレステロール値が異常に高いことに気がつき(最初、うそかと思ったくらい。医師と私で顔を見合わせたくらい!)、これはやばいんじゃないか…ということで、しばらく食生活に気をつけてみて、次に高かったら薬しかないねーということだったのですが。

もともとひどい食生活でもなかったし、充分バランスが取れてると思ってたし(「素食」とは言えないけど)、とりあえず卵をやめて。あと明太子とかも。

それで今日に挑んだのに…
やっぱり高いまま。ちょっと下がってたけど。
そこらへんのおじさんよりもゆうに高い自信アリ。って、いばってどうするよ?

医師「これは遺伝性・家族性だなー食べ物気をつけてもダメだわー」とのこと。
だって中性脂肪の値は基準値下回ってるんだもん。

コレステロール値はちょっとくらい高いほうが健康にいいんだ、とはよく聞きますが、私の値は…聞いたらみんな引くと思うので書きませんが、病気の域です…ほんとに。
甲状腺機能低下してるとコレステロール値も高くなるから、その影響もあるにせよ、これは薬ででも下げる必要アリ、ということでまたしても薬の種類が増えた。

しかし、この薬、副作用がこわいのよー!
「筋肉が融ける場合があります」だってさ!!
そういう場合がある、ということで全員に出るわけじゃない、とは言え、ライブ前に筋肉融けられたら困っちゃうので(そうでなくても困るけど!)、とりあえず飲むのはライブ後から、ということに自分勝手に決める。

若いのにこんなにクスリ漬けでいいのだろうか…

2006年05月19日

ダニ騒動

昨日はやけど。今日は虫刺されの話。

最近、某仕事場に正体不明の虫が発生しているようなのです。
どんな虫かはわかりません。
姿は見えないので。

だけど仕事終わると身体中かゆくなり、見てみると虫に刺された痕がいっぱい!

最初は「帯状疱疹」か?!と、びびっていたのですが他にも被害者がいたので、これはどう見ても虫だろうということに。

「ダニじゃないかなあ?」
「でもダニなら噛み痕が2つポツポツとできるはずなんだよね」

じゃあ何???
ということでネットで調べたら、やっぱりダニのようでした…

噛まれるのが露出していないところ、皮膚のやわらかいところ、特に上半身…というのがまさにそのとおり!
私は肩から腕にかけてやられてます…
これじゃあノースリーブの衣装が着られないじゃないか!

とりあえず次からは仕事場に虫除けスプレー持参で行かねば!
ダニにスプレーが有効なのかは不明ですが。

ところで、ネットで調べたらダニに関する情報がいっぱい出てきたんだけど、その中でもダニとノミについて詳しく書かれているところがあって「なるほどね〜」とじっくり読んでいたら、最後に「ダニ・ノミにはフロントライン」「愛犬を守ってあげましょう」って!
フロントラインって犬用ノミ除けの薬!!
犬のページだとはまったく気付きませんでした〜


2006年05月18日

やけどの利点

やけどしてしまい、指が異常に痛い…
レンジで温めたおかずのラップを開けた途端、熱風が襲ってきて左手人差し指を負傷!(ありがち!)
いつもは気をつけてるんだけど…今日はぼんやりしていたのでついつい。
流水で冷やすも、水から手を外すと痛いんだ〜!

だけどパン屋でバイトしてたときはやけどしても冷やす時間なんてないから、ほったらかしだったなあ〜と、思い出しました。
しかも、それで案外平気だったあの頃。痛くなかったのはなぜ?
おかげで腕にやけどの痕がいっぱい残ってたけど。

あんまり痛いんで湿布して包帯してレッスンへ。
邪魔になると思いきや、手首を回すときに人差し指を意識せざるを得なくなるので指バラバラに動かせるし、しっかり回せて良かったです。
こういうのもアリかも。


聴いてるつもり?!

子連れレッスン全然オッケー!と言っているので、たまにお子さん連れてくる生徒さんがいるのですが、だいたいは座り込んでゲームやってるか、絵を書いてるか、お菓子食べてます。

でも先月ブレリアをやっていたときに、なんかもうエネルギーありあまっちゃってます!って感じでみんなが踊っている周りで、ぐるんぐるん走ったりしてたのでけっこう楽しそうに見えたんです。
小学校1年生の男の子。
この年頃って微妙なときで、恥ずかしいって気持ちが出てくる頃だと思うんだけど、この子はお母さんを見ながらくるくる回ったりして、たまにどーんっと抱きついたりとかしてて全然恥ずかしさが見えない。
すっごいストレートな感じ。
ティエントをやってるときにはそうはならなかったのでおもしろかったです。やっぱああいうじっとりした曲では気分がのらないのね。

で、昨日その生徒さんが「最近うちの子がブレリアのうたを歌うんですよ」と!
最近、って、前回レッスンに来たのは1ヶ月前なのに!?
家の中で「ポルディオトマーサー♪」(そのレッスンで何回も私が歌っていた歌詞)と歌いながらフラフラと踊っているらしいのです。

その生徒さんも振付を思い出すときに歌があるといいので「ちょっと歌ってよ」と言って歌ってもらうので「助かってる」とのこと。親子フラメンコ!ステキ!!

しかし、ちょっと1回聴いただけの歌をよく覚えてしまえるものだなあーと感心してしまいました。
それこそ感覚が発達しているということなのでは?
大人は「聴こえているのに聴いてないと思い込んでしまう」ということと、聴いている最中も他のことをついつい「考えてしまう」ので、思い出せないんだなあ。
例えば、歌を聴いてはいても、それは「聴いているつもりになっている」だけだったり。
聴きながら「このときにこの振付で〜」って「思考」しちゃうから、結局聴いてないってことに。

昨日の授業とフラメンコがつながった☆

2006年05月16日

不快の元は五感?!

感情モニタリング法2回目。

触覚と聴覚を感じる、という宿題をやってみて、どう感じたかを話し合う。

私は、さっきも書いたように、触れたものを感じようと思っても、すぐに考えてしまっている自分に気がつき、「これじゃあだめじゃん…」とがっかりしていました。
それを先生に言ったら「でも、そこですぐに『考えてしまっている自分』に気付いていることで前進しているんですよ」とのこと。
そうか。そこで気付けているだけでもよいのか。ほっ。

あとは、聴覚を意識し出したら、ラジオから聴こえてくるしゃべり声がとってもうるさく感じられてしまい、ラジオをつけたままメールを書く、とか他の作業を同時にできなくなってしまいました!
食事するときも、テレビと換気扇が両方ついていると、うるさくって仕方がない。
換気扇は消して、テレビの音量も下げて、ってしないとごはんが食べられない。
これも先生に言ったら「聴覚が鋭いのかもしれませんねー。他の音をシャットアウトできないんですね」と言われました。

普通はちょっとくらいうるさくても、対象の音だけを拾っていられるのですが、聴覚が鋭いと他の音も気になってきてしまうのだそうです。
例えば、ちょっとやかましい居酒屋でも、相手の話を聴ける人もいれば、うるさい周りの話し声が気になっちゃって全然聴けない人もいる、というような。

で、ここがポイント。
「私たちは五感刺激で不愉快になっていることに気付いていない」

いやな感情、よりもまず、いやな感覚に気付くべきなのですね。
私の場合、聴覚は気をつけよう。

宿題をやっていておもしろいと思ったのは、薬のカプセルがのどにはりついた感触。
身体の内側にも触覚はあるんだ。
そして、私は不整脈が出ると心臓がドーン!と拍動するのですが、直後に血液がさーっと流れていくのを感じるんですよねー。これも触覚。
普段、心臓の鼓動を意識して生活してる人なんてそうそういないだろうから、不整脈もこういうとこで活用(?)できてラッキー。

さてさて、今週の課題は「嗅覚、味覚、視覚」。五感の残り3つです。

授業中にお茶の飲み比べをしました。
パッケージを隠したお茶3種。
かわりばんこに飲み比べてみると…
(1)甘すぎるし水っぽい
(2)かすかに炒ったような味(ほうじ茶っぽい)
(3)渋味と苦味がある
と、かなり味が違うことがわかりました!
ちなみに1は生茶。2はおーいお茶。3は伊右衛門でした。
先生はビールで飲み比べをさせたかったようですが、大学なのでお酒はダメらしいです…
でもお茶でも充分おもしろかったです。飲み比べることなんてあんまりないし。
みなさんもぜひやってみて。
ペプシとコカコーラ、でもいいし、アクエリアスとポカリとかでもいいと思う。

感情モニタリング法

カウンセリング以外にも「感情モニタリング法」という授業を受けています。
感情モニタリング?!ってなんだかわかりにくさ満点ですが、要は、ポジティブな感情はよりポジティブに、ネガティブな感情は適切に整理していくことで心の中を整理整頓し、生きやすい「こころ」を身に付けるという方法。
これだけ聞くと、アヤシイ宗教チックですが、これも心理学に入るんだって。

なんだか「心のピラティス」って感じです。
ピラティスは自分の身体を見つめ直すものだけど、感情モニタリング法は自分の心を見つめなおすもの。…だと思う。自己流解釈ですが。

先週1回目の授業があったんだけど、いやあもう!とにかくおもしろすぎで、びっくりの連発。
授業中ずっと「へえー!」って言ってる気がします。

嫌いな人にたまたま道端で会ったときに、無意識のうちについ出てしまういやな顔って、その人が嫌いだから出てきちゃうんじゃないんだって!

「その人が嫌いだと思う自分」がいやだから出てきちゃうんだって!!

で、感情モニタリング法ではこの「その人が嫌いだと思う自分」を否定しないの!

ここがおもしろいです。
だって、よくある「生き方のコツ」みたいな本には「他人を嫌いだと思ったり、いやだと思うことをやめよう」とかって書いてあるでしょう。
だけど、無理に「嫌いな気持ち」にフタをして、その気持ちを見ないようにすることでどんどんどんどん心の中にゴミがたまっていく。

そうじゃなくて、別に嫌いでもかまわない。
「嫌いな気持ち」は引出しを作ってその中に整理しておく、という方法で受け入れれば、いきなりその人と会っちゃっても、表情に出ないんだそうです。

なんか、まだまだわかんないことだらけで、濃い霧の中を手探りで歩いているという感じなのですが、だんだんと説明が上手にできるようになる…ハズです。

宿題は毎週出ます!
宿題と言っても大変なものではなく。
先週の宿題は「触覚と聴覚を味わってみる」というもの。
気がついたときに、何かに触れている感覚、何かが聞こえている感覚を感じてみる。

簡単そうで簡単じゃない!
ここがポイント。「あるがままを味わう」
考えたらいけないの。感じないと。

だけど!たいてい、「感じる」〜「考える」に直行してしまうのです。
例えば私はバラの花びらを触って、「しっとりとした感じを感じた」のですが、と同時に「この感じはスエードっぽいなあ」と「考え」てしまったのです。
そこで「感じる」ことを大事にしないといけないのに。
「感じる」ってこと、けっこう粗末にしてるんだなーって思いました。

今日も授業があるからすっごく楽しみ!

追記:ブログ友達のコイさんが、この日記をネタにしてくれました!
「なんで好きなの?」と聞かれても「理由はないけどなんか好き」としか答えられなかったりするけど、感覚を大切にしたらそれもしっかり説明できるようになるのかも!ってコイさんのブログ読んで思いました。こちらです。

2006年05月15日

Crazy Fingersライブ@月見ル君想フ

先週の13日、青山にライブを観に行ってきました。
ピアノだけというめずらしいバンド、Crazy Fingersのライブ。
ゲストにLeyona、スカパラの沖祐市

Crazy Fingersのライブは初めて、しかも彼らの音楽を聴いたのもじつは初めてでした。

だけど、知らなくても全然問題なしでした!
キーボード3台だけでこんなにかっこいいとはね!

もうほんとにおもしろくて、スタンディング2時間半、終わったら疲れたけど爽快でした。

メンバーのリクオさんの客のノセ方がすごい!うまい!
この人、ピアノ弾かなくっても、トークのみのトークライブでもいいんじゃないか?
と思ってしまいました…いやいや、お笑い芸人じゃないんだった。

Crazy Fingersの3人ももちろんすばらしかったのですが、
なんといっても私はスカパラの沖祐市さんにとにかくびっくり。

スカパラってキーボードがいたのね〜と今回初めて知るという無知さでしたが、
この沖祐市さん、なにかがのり移っているのでは?と思わせる弾きっぷり。

目を閉じて、微笑みながらキーボードに向かう姿が幸せそうで、
とにかく演奏できることが楽しくてしょうがない、好きで好きでしょうがない、
という気持ちが、観ているこっちにもびんびん伝わってきました。
それを観られた私も幸せ。

そして、キーボードを弾きながら、マイクをなにやら動かして調節しているなと思ったら
キーボードに合わせて口笛を吹き出した!
さっきまでの激しい感じとは180度変わって、しんみり。
思わず涙。
あの曲はなんて曲だったのかなあ???

Leyonaもセクシーでよかったー。
野生児的セクシー。自然体で、ナチュラルな感じなのにセクシー。
ある意味対極にあるものなのに、どうして兼ね備えているの?!

出てきた全員が活気があって楽しそうで、ほんとうにいいライブでした。

そして、最後にリクオが
「今日のライブ観て、Crazy Fingersってかっこいい!ってちょっとでも思ったなら、
お客さんもかっこいいってことやー!」
みたいなことを言ったのですが、そうだよねー!そう思うー!と、
あの会場にいた人全員が思ったに違いない!

2006年05月14日

母の日タルト

ee327abf.jpg最近、ぜんっぜん更新できなかった…
「時間は作るもの」とは言え、結局ブログは後回しなわけです。
毎日ちゃんと仕事してる会社員で毎日ブログ更新できる人とかって一体…

先週の話はのちのち書くことにして、今日は母の日。

今朝、丸坊主の中学生男子(いかにも野球部)が自転車のかごにカーネーションの鉢植えを
入れて、照れ笑いを浮かべながら走っていました。
思春期真っ只中!って感じの子だったのに(「母ちゃん、ウザイ」とか言ってそうな)、
なんとまあ、かわいいことか!
鉢植えも自分で選んだんでしょうね。
母ちゃん、きっと大喜びだぞ!

さてうちは、あんずのタルトを作りました(写真)。
三和でアーモンドプードルを買ったら、量が少ないし高い!
やっぱり富澤商店でないといけません…

仕上げにあんずジャムをつや出しに塗っていたら、
パン屋でバイトをしていたときに毎日タルトを焼いていたことを思い出しました。
あんずジャムで戻った記憶。嗅覚ってすごいわ。

母の日には、このタルトと、あとはおあつらえのネックレス。

母の希望の「二連・オレンジ系・若々しい」をキーワードに作成。
と言いつつ、ネックレスは材料が足りなくなって完成せず…後日渡すことに。

母の日は何かしましたか?

2006年05月11日

マックのソフトクリームって

マクドナルドのトレーに敷いてある紙って、裏に成分表が載ってるんだけど、それをじーっと見ていたら発見!
ソフトクリームのコレステロールが0。

これってつまり乳製品が含まれてないってことだよね?!
じゃあ何でできてるんだ???

ちなみにマックシェイクもコレステロール0です。

そういえば、コーヒー用のミルクってミルクじゃないんだよね。
あれは、要は油だからコーヒークリームとかコーヒーフレッシュとかって言うって聞きました。ミルクって名乗れないんだって。
で、成分表のコーヒークリームの欄を見たらやっぱりコレステロール0。

てことはソフトクリームも生乳じゃなくて油なのだろうか…?

マックお客様センターに聞いてみようかな〜
ソフトクリームは食べないけどさ。気になるよ。


2006年05月09日

回転率の良すぎるバトン(…で、これって何バトンなの?!)

同じバトンがちあきさんとMayちゃんとから、それぞれに回ってきた!
二人ともmixi。これはmixi内で回っているものなのかなあ?
すごいね、バトンって。
ネズミ講のようね。って、この表現はあんまりよくないか!

■1.回す人を最初に書いておく

(読んでるとふんで。勝手に書きます。やんなくてもいいよー)
きくちゃん
まゆまゆちゃん
mizukiちゃん
あずき
あっきー

■2.お名前は?

みどり。

■3.おいくつですか?

明日で28歳〜♪
うれしい。28は昔からなぜかあこがれだった。

■4.ご職業は?

人に楽しんでもらったり、喜んでもらったりすること。

■5.ご趣味は?

本屋を徘徊すること。
そして本を喫茶店でダラダラと読むこと。

■6.好きな異性のタイプは?
 
親切なひと。(やさしいひと、ではない)

■7.特技は?

「兆」から上の単位がそらで言える。「無量大数」まで。これは特技か…?

■8.資格、何か持ってますか?

ガス溶接(←酸素ボンベ付きのガスバーナーを使ってもよい、という資格)
…しょうもない。まったく生かせていない。

■9.悩みが何かありますか?

やりたいことが多すぎること。

■10.お好きな食べものとお嫌いな食べものは?

好きなもの:Sさんに頂いた「ミモレット」というチーズが大ヒット!ありがとう〜♪
嫌いなもの:生たまねぎ、酢豚←克服する気はない。

■11.貴方が愛する人へ一言
 
見ててね。

■12.回す人5人を指名すると同時に、その人の紹介を簡単にお願いします。

きくちゃん☆
mixiにひきずりこまれた(?)ばっかりなのに、こんなバトン渡されて、どうしろっちゅうの!と言われそうだけど…
人生で一番長くて濃い友達。しょっちゅうつるんでます。

まゆまゆちゃん☆
最近GREEの上で毎日会話しているような気がして、会ってないのにすごく身近に感じるなあ。
こんなにピュアでキュートな女の子はいないのよ!
高校時代の友達です。

mizukiちゃん☆
先週、ひっさしぶりの再会を果たしました!高校時代のかわいい後輩。
mixiなかったら会えなかったね。
おおっと、上記3人はみんな元水泳部じゃないか〜!

あずき☆
新たに「名カメラマン」という称号も与えられましたよ。すごい上手いの!
ほわほわふわふわしてるひつじのような(うそ)高校時代の友達。
このバトン、もうやった?

あっきー☆
見てる?読んでる?
あっきーの毒っぷり(!)をひさびさに感じたいわー。
フラ友。

みなさまお時間があれば、ということで。

2006年05月07日

花のある生活

hana2

毎朝、水切りして、水をかえて。
優雅なことだなあ。
美輪明宏にほめてもらえそうです。
「美しいものに囲まれて生活なさい」って言ってるもんね。


hanaピーチ色のバラがなんとも美しい〜
左の黄色のまんまるの花は、菊のようで菊ではないみたいです。なんでしょうね?
かたちが、酒屋のしるしの、ほら、なんていうんでしょうか?あれ。
松の葉っぱみたいなのを丸く差して作るやつ。あれに似てる。
ってこれで伝わるのか?!

hana3

おもいっきり元気な感じ。





hana4

このバラは微妙な色合いで、ものすごく繊細な感じ。





hana5

部屋に花があると、なんでしょう、エネルギーのような、そういうものを感じます。
やっぱ生きてるんだなーって思う。
造花じゃ絶対に感じられない何かを発散してるよね。
だからこそ、長ーく咲いててほしいと思うし、こまめに手入れしたいと思う。
ずーっと眺めてても飽きないし、花ってすてき。