2008年12月01日

独断と偏見に基づくWAP社評

この項目はネタです。
書いてあることは全て筆者の個人的な感想かつ、でっち上げによるものであり、公式設定ではありません。

また、この記事の内容はフロントミッションの作品中での感想に基づくものであり、FMOも含まれていますがそれだけではありません。
むしろセカンドあたりに負うところが多いです。

それをご了承の上どうぞ。

メーカーは随時加筆予定。続きを読む

2007年08月01日

もう、だれもみてない

ふと思い立ってアカウントを復活させた
さて何をしようか

2006年10月22日

ステルスについての寸感

本日は試験的にオプティカル特化ステルスを運用。
そしてその結果について。

ステルスに関してはリンクにあるStealth Assaultさんの方が詳しいですが、今日はスナ視点からのそれについてを述べようかと思います。続きを読む

2006年10月21日

うーむ

このところどうも、基礎がおろそかになってる自分。
スナをやる以前に、前衛をやった場合なんかも粗が多い。
そういうところから変えていかないとならないか。

目指せ、シン・中野

それはそうと、久々に総覧を更新。

2006年10月10日

さーて

軽く一ヶ月以上放置ですよ。

メーカー寸評は後ほどとして、今日は先日のアップデートに関して。続きを読む

2006年08月31日

なんとなく戦績

ラナさんがいなかったので簡略Ver
合同で内容的にはマシプラより紫さんの方が多かったようなそうでもないような そんな感じ

マップは全部53
一戦目
GGU
敗北
C2当たりで戦闘となる
メカが衝撃属性で木と段差を巧く使って立ち回られ、先にこちらのメカが落とされ敗北
こちらに貫通射撃武器が少ないのも災いして押し負ける
敵にコムイパーが居て悩まされた

二戦目
ハゲスト
勝利
前から削って勝利
狙撃しほうだいだったような感じ

三戦目
GGU
敗北
惜しいところもあったが初戦とほぼ似たような展開
敵が9人になっており、一人ハイコストテラーン
驚異的なショットガンを運用していた

ここで一人抜け編成チェンジ

四戦目
SAS
勝利
正面から削りきって撃破
筆者は戦闘が殆ど終わった当たりで爆撃メガヒッツ
死亡

五戦目
GGU
勝利
戦闘位置は同じ
敵の貫通武器を警戒してメカが貫通属性にしたところ、テラーンのハイパーショットガンスイッチで撃破されピンチ
こちらのメカが先に全滅するも、その前に敵に与えた損害が大きく倉庫内に逃げた敵を追撃して勝利

六戦目
キャニオンキャッツ
勝利なんだか敗北なんだか

今回の大一番というかなんというか
戦闘自体は損害ゼロの圧勝だったのだが、敵が全ていなくなっても戦闘が終了せず(ピングを見たが敵がいない)
探し回ってもいないので最後は全員でGR自爆
壮絶な同時撃破に総員爆笑して幕を閉じる


最後にN戦を一つやって本日終了
GGU戦は編成のミスと立ち回りのミスが重なった感じ
後は連携の問題か

2006年08月23日

某所で

 非常に面白い車メーカーの評価を見た(といっても4年ほど前の記事だったのですが)ので
 なんとなくネタ企画をやってみました

 お暇な方は右端のリンクからどうぞ

2006年08月14日

戦績その3

8月13日深夜の戦績となります。
本日はマシプラ6にシルバさんやウルフさんとの合同。
編成は前日と同じジェット&範囲兵器部隊。

SQは無しでありました。

一戦目 名無し 
勝利
レコA ECMスナ ラジA ラジB
という後衛比率が非常に多い部隊だった模様。
戦闘的には前からきっちり撃破して終了。

二戦目 GGU 
勝利
敵はD2スタートの模様だった為、C3経由で下から接近、そのままD23での乱戦となる。
GRの火力で敵の行動を阻害し、確実に撃破して勝利。

三戦目 SAS 
勝利
トンネル内部にいる敵に対して突撃を敢行、火力を持って押し切り勝利。

四戦目 名無し
勝利
後衛多めのバランス編成、トンネル前にて交戦。
MSが厳しいが確実に前から撃破する。
敵のコムスBがゾンビだったらしく、落とした先からサルベージされるが、撃破が復帰を上回りそのまま押し切って勝利。

五戦目 SAS
勝利
敵はスタジアムの確保を目指した模様。
先にこちらの前衛が一機撃破されるも、コムスBを撃破し、そのまま削りきる。

六戦目 名無し
勝利
四戦目と同じ相手か?バランス型であったが前衛から確実に撃破。

七戦目 パーソネル
勝利
トンネル奥の相手に対して突撃、GRとバズの火力を持って殲滅し勝利。

八戦目 大納言
勝利
トンネルを出た辺りの部隊に対して突撃するという、前日と似たような展開。
夜間の為若干狙撃に支障があったものの、一気に削り倒して勝利。

九戦目 大納言
勝利
敵もこちらを警戒していたようで、中々前に出ない睨み合い、そのうちにトンネルの出口辺りで交戦となる。
火力の集中に押され、先にこちらのメカが一機撃破されるが、トンネル内部に陣取っての狙撃とBZなどの火力で敵のメカを立て続けに撃破。
その後こちらのメカも全滅となるが、サルベージされたメカの合流前に数を減らし、なんとか勝利。

十戦目 GGU
勝利
二戦目と似たような展開となるが、お互いにGRの火力で熾烈な削りあいとなる。
最終的には範囲兵器の差か、押し切って勝利。

十一戦目 名無し
勝利
後衛が多めだがこれまでに交戦した部隊とは違った模様。
途中でECMが回線落ちし、MSの猛威に晒されるが、トンネルなどでやり過ごして敵の数を減らす。
そのまま勝利。

2006年08月13日

戦績その2

8月12日深夜の戦績となります。

人が少なかった為合同。
SQは「RA-CAILUM」にて出撃。
セクターはS39となっております。

今回はジェット祭り、初期状態でスナ胴CA GRジェット一人 メカ胴BZ GRジェット一人 そして私レコン胴SRF盾MSと三機のジェットがおりました。

一戦目 キャニオン・キャッツ
勝利
D-2から移動してスタジアムを確保した後、周辺を見回す物の見えず。
その内にスタジアム上部にいた筆者がB2にいる敵本陣を確認、前衛が突撃する。
火力に押された敵が路地に後退したところでジェット部隊も建物の上に移動、GRやSRFの濃密な火力で一気に殲滅し勝利。

二戦目 キャニオン・キャッツ
勝利
敵がスタジアムを確保するだろうかと予想していると、的中。
そのまま一気に詰め、ジェット部隊はスタジアム上部へ。
後は一気に攻撃を放り込むが、筆者はメカを追いつめると同時にミスで落下。
直後にGRを貰ってこけたのがまずく、EMPに撃破される。
その他JPBZも撃破されたが、序盤の攻勢で大勢が決しており、そのまま殲滅、勝利。

三戦目 GGUNK
敗北
敵部隊がC3方面から進軍してきた為、これを迎え撃ち逆に押し込む。
序盤はこちらが優勢だったものの、前衛が一瞬引いてしまいメカが押し上げれず、GR持ちのコムスBをフリーにしたこともあってジリ貧となり敗北。

ここでJPBZがItemBZに換装。

四戦目 クラスター
勝利
メモを取り忘れ詳細な戦闘内容を失念。
申し訳ない。

五戦目 クラスター
勝利
広場に行こうと移動中、筆者は迂回ルートを取るため単独行動。
と、運悪く敵の前衛に発見され猛追を受ける。
5機に囲まれて撃破されるも、手薄になった敵メカの片割れをこちらの前衛が撃破。
そのまま二機目も撃破するが、敵の前衛が逆にこちらのメカに猛攻をかける。
最終的には互いにメカが全滅するが、こちらのメカがやられる前に敵に与えた損害の方が大きく、そのまま押し切って勝利。

六戦目 GGUNK
勝利
スタジアムに取り付くとB3に敵部隊を確認。
ジェットは上に乗り交戦準備をするが、敵がコート終了と同時にBC4の市街地へと撤退する。
足並みをそろえて全機で市街に突入し、途中単機でむかってきた2を撃破、サルベージの合間にもGRの火力を生かして攻め立て、押し切って勝利。
筆者はメカを撃破するものの、その際に受けた被害が大きく、離脱中にアサルトの追撃を受ける。
脚を撃破したがラプターで残り少ない胴体を抜かれ撃破されるものの、大勢は決しており勝利。

7戦目 名無し
勝利
敵がB3に居たため、スタジアムをジェットで占拠して上から弾の雨を降らせる。
一気に殲滅し、勝利。

筆者はここにて離脱。
メンバーの話によるとこの後はパーソネルに二勝して終了だった模様です。

2006年08月12日

本日の戦績

の前に。
先日、機動戦士ガンダムのブライト=ノア役などで知られる声優の鈴置洋孝氏が、肺ガンの為56才でなくなられました。

自分としてはガンダムでは一位二位を争う程に好きなキャラであり、また鈴置氏の声がとても好きだっただけに残念でなりません。

そのため、本日は追悼の意を込め、メンバーに無理をいってSQ「RA-CAILUM」で出撃させてもらいました。
付き合ってくれたメンバー及び、ゲストの皆様、ありがとうございます。

では本日の戦績。続きを読む
Profile