私的に身土不二 〜群馬の野菜ソムリエのブログ〜

トップページへ行くにはタイトル↑をクリックして下さい。新着順で10件ずつ表示されます。

ちょっと一服

 雨は降らなくても湿度が高いような気がしました。梅雨だからでしょうか?

 汗ばむ陽気でしたが、時折、日が陰ると風が涼しい。過ごしやすい日でした。

taue17 田んぼでは田植えが結構はかどっているようです。
麦刈りから耕うん作業のときは慌ただしく、ホコリが
すごかったのですが、そんな喧騒が覆いつくされて
静寂の状態になっています。


 基盤整備された長方形の田んぼに稲が規則正しく植えられている。

 自分を含めた日本人はこういうの好きなんだと思います。ホッとするもの。

半分 !?

 いつの間にか、今年の半分を経過しようとしている。早いものです。

 ところで、外食や中食で「夏越ごはん」というものが広まっているようです。

 これらは、6月末の行事「夏越の祓(なごしのはらえ)」からきているものです。

 元々は半年分のケガレを落とし、残り半年の無病息災を祈るということですが、

 まぁ、お米の消費拡大とかいう目論見もあるようですね。

 京都では「水無月」という和菓子を食べるそうです。実物を見たことがないのですが、
邪気を払うアズキがのっていて美味しそうです。

 今年は梅雨なのに雨がロクに降らないので、「水無月」は何かの縁ではと思ってしまう…。

ここから始まる

 今日は夏至ですが、「スナックの日」でもあるそうです。

 昔、夏至のお祝いに、チマキや固くなったモチを食べたことが由来になっているとか。

 「歯固め」という風習で、齢を固めて長寿を願うということで、赤ちゃんだけでなく、大人も関係が
あることみたいです。

 それにしても、こういうところでも、お米が重要な「役割」を果たしていたとは…。日本人にとって
欠かせないものだとあらためて思います。

 地元では田植えが順調に進んでいるようです。雨が降ったし、水の心配は解消されつつあるのか。

 スナックの日だから、今夜は街に繰り出して…そのスナックじゃないか。

6月の高崎昼市

 今日の高崎昼市の報告です (・◇・)ゞ 。

 昨日までと変わりどんよりと曇って涼しい日でした。過ごしやすくはありましたけど…。

 今回も金井さんと長谷川さん(後から来た)が野菜を売る傍らでサービス用の紅茶作りを
してました。

 最近、周囲から「紅茶のソムリエか?」と言われるようになりました(苦笑)。念のため、そんな
資格があるのかネットで調べてみたら、ある紅茶の資格の別称で使われているようです。

 そちらの関係者の方、なんかスミマセン。

hiru170601 今月、紅茶と組み合わせたのはブルーベリー。実を
シロップで煮たものを使います。こんなに濃い紫色。
アントシアニンが「半端ねぇ」という感じです。


hiru170602 で、この色を活かしたいと思い、カップを透明なものに
しました。紅茶にシロップを少量混ぜただけでこんなキレイ
になります。尚、前回に引き続きアイスティーにしました。


hiru170604 煮た実も使おうと取り分けていたのですが、実が小さいので
いちいち加えるのが大変かと思い断念。何人かには残っていた
実が入ってました。まぁ、「当たり」ということで…。



 最初に試飲したとき、なかなか味が決まらず迷っていたのですが、常連?の方からの
OKで、ともかく開始することにしました。

hiru170603 時折、混雑することもありましたが、総じてお客さんは少なかった
かと…。それでもテントに寄ってくださった方に紅茶を提供。美味しい
と言ってくれる方は多かったのですが、「甘すぎる」とほとんど口を
つけずに返す方も…。完成度も甘かったかなぁ…反省。

hiru170605 終わりごろに各出店者に要望を聞きに来ていた昼市スタッフの
方々。こうした行事を一般の方に認知してもらうのはなかなか
難しいとは思いますが、何か考えてもらわないといけないかも。



 お疲れさまでした。

厄介者ではあるが…

 地元では小麦の収穫がほぼ終わって田植えも順調に進んでいるようです。ほとんど雨が
降らなかったし。

 ところで、雑誌で水田雑草の「コナギ」を取り上げている記事を見ました。

 漢字では(いくつかあるようですが)「小菜葱」とか書いたりして「葱(ネギ)」という言葉が
使われています。これだと、ちょっとした野菜のような感じもしますね。

 実際、昔は食用に用いられたとか。調理方法を調べてみると、いろいろ出てきました。

 おひたし、天ぷらなど美味しそうなものまで…。

 地域によっては無農薬の田んぼで環境保護や野鳥保護をする一環で、コレを食べようという
運動もあるようです。

 こんなストーリーがあるなら食べてみても良いかなと思います。

試してみたい

 ネットのニュースで、「かっぱ寿司」の一部店舗で食べ放題をするとか。

 面白そうだけど、普通に食べる時と同じくらいの料金なんですよね。お得感が無い気がします。

 なんでも、3月期に赤字なったことが要因で、こんな試みが始まったようです。

 近所の店舗は結構混んでるイメージだったけど。

 とはいえ、資金繰りは大丈夫そうですね。回転寿司だけに…。

6月の紅茶 ch.5

 すっかり油断していたら、高崎昼市まで1週間。今月の紅茶を考えないと…。

 今の時期からは夏の果物が続々と出てくるので、素材はたくさんある。それだけにフレーバリーティー
として定番となっているものも多い。

 あえてその中のものを使っても良いのかなと思い、コレにしました。

bbtea1 ブルーベリーです。前にも触れましたが、群馬県は全国的な
産地であり、県で育成された優良品種もあります。シロップ煮
したものをアイスティーに合わせました。



 ただ、ブルーベリーはスーパーで100gくらいで500円弱という値段。コスト的に高くなるので、コレに味が
似ているカシスのシロップを加えて使うことにしました。

bbtea2 後は紅茶と混ぜるだけです。キレイな紫色になりました。
まろやかな風味とやさしい甘味が癒しになります。なかなか
の出来かと思います。



 暑い時期にはシロップを作る際、レモン汁を多めに入れるとサッパリします。お試しを…。

定番のやつ

 梅雨入りしたとみられるそうで、この時期は特に肩が凝ったり目が疲れたりする。

 そんな状態だったからか、スーパーでコレが気になり、買ってきました。

blueberry01 ブルーベリーです。これだけの量で目に効くかはおいといて、
甘酸っぱい味は体の疲れに浸みわたる。子供の頃、コレの
チューイングガムが出てきたときは味といい、香りといい
衝撃的だった…。

blueberry02 とはいえ、群馬県は全国的な産地でもあるし、今では
容易に新鮮な実が手に入る。シロップを作っておいて
チビチビ使って楽しもうかと思いました。


blueberry03 というわけで、実と同量の砂糖、半量の水で煮ました。外皮が
破れてくると、液体は紫色に変わります。皮がはじけて汁が手に
はねた。思わぬ洗礼 !?


blueberry04 アクを取りつつソコソコ煮詰めて火を止めます。冷めたら容器に
移して冷蔵庫へ。最初は無難に焼酎サワーやヨーグルトに加えて
みるか。そしてジビエ風に鶏肉と合わせるとか挑戦を…。想いは
ふくらみます。


 実際は料理まではしないだろうけど…。

麦秋2017

 晴れて暑くなっても風は涼しいし、湿度が低いためか心地よい。過ごしやすい日が続いています。

 ようやく暖かさ(暑さ)に体が慣れてきた感じ。活動的になる時期です。

mugi1706 小麦はもう収穫となりそうです(カントリーの都合によるところが
あるのでしょうが…)。今日は晴れて風が強めに吹いていたので
より成熟が進んでいることでしょう。



 今の時期を表す「麦秋」という言葉が好きです。季節でいえば夏なのに、麦がクライマックスを
迎えるので「秋」と表現する。

 群馬県は、冬の日照時間が多く梅雨が本格的になる前に収穫となるため、麦に適した地域。

 そして、「うどん」や「パスタ」といった「粉モノ文化」が根付いている。

 良い所だと実感する季節でもあります。

ソコですか !?

 6月に入り、気温とともに湿度が高くなったような気がします。夏に近づいているのでしょうか。

negi17 ネギの苗が定植されています。ちょっと前に「ひっぱりくん」で
作業してたのを目撃してました。収穫は年末から年明けくらいに
なるのでしょうか。



 一見、畝間に植えたように見えますが、大きくなるにつれて土寄せをする都合があるので、
低い方に植えてあります。土がネギを守り続けていくことでしょう。

 周囲の田んぼでは田植えが始まってました。麦刈りはまだですけど…。

 季節が動く時期です。
Archives
オーちゃん
日本野菜ソムリエ協会認定
野菜ソムリエプロ
アスリートフードマイスター2級

 野菜や果物に関わる発見や私的な楽しみを伝えて行く他、地元の「農」といかに関わっていくかをテーマに、思いつくことを書いていきたいと思います。

カテゴリーの説明
◎コミュニティ群馬
   連絡や活動報告など
◎私的ブログ
   ベジフルライフの様子
◎勇者たち
   野菜ソムリエの活躍
◎「農」のある風景
   生産現場の様子
◎脱メタボ!?
   ベジフルライフの成果?
◎土と生きる
   食と農を考える
◎アスリートとフード
   食と運動との関係
Recent Comments
QRコード
QRコード
Profile
最新トラックバック
  • ライブドアブログ