私的ブログ

天高く…

 朝の冷え込みは厳しくなってきたけど、昼間は暖かい日が続いています。

 心地よくても、これからやってくる冬の気配を感じさせる憎い演出。そんな気がします。

dopkan とある公園の木陰から空を見上げると、
青く澄んだ空。赤や黄色の木々の葉っぱを
映えさせているかのようです。



 このまま時が止まってくれないかなんて思ってしまう。

仕様変更 !?

 アップルティーの試作で使った紅玉が残っていたので、こちらもやってみました。

apconp181 リンゴを適当にカットして、同量の水と砂糖で少々
煮ました。いわゆるコンポートです。水で冷やした
ものを冷蔵庫で一晩置きます。


apconp182 良い感じで漬かっています。食感は軟らかくなって
物足りなりますが、リンゴの甘味と酸味が活きています。
夏なら冷凍したいところです(夏はリンゴが無いか…)。



 リンゴのハチミツ漬けは、ハチミツの香りが勝っているので、気になっていたのですが、それが
改善出来ました。

 高崎昼市ではコチラを使いたいと思います。

もうすっかり…

 とある運動公園で、習慣となっている週末のジョギングをしてきました。

 先週までは半袖ウェアでしたが、今日はその上に長袖着用。結局、朝が寒かっただけで
汗ばむくらいになりましたけど…。

ginnan181 駐車場にはあるギンナンの木。葉は何となく
黄色っぽく変わってきているが、まだ緑が多い。
もう少し秋を満喫しようとしているのか。


ginnan182 ただ、地面には熟している実がたくさん落ちていて、
独特な臭いが漂っている。なわばりを主張している
のでしょうか。多分間違いではない。



 多くの農産物が収穫を迎えるにぎやかな時期。秋が深まりつつあります。

庶民の味になる !?

 最近、「バカマツタケ」というマツタケの近縁種で完全人工栽培に成功したニュースをみました。

 マツタケと「姿もよく似ているうえに味と香りはこちらの方が美味しくて強い」とか。

 菌床栽培だということも驚きです。何年かしないうちに手軽に食べられるようになるのでしょうかね。

 楽しみです。

 それにしても、名前は何とかならないのだろうか…。

本当は…

ある雑誌に「意外にもこんな機能性がある野菜類」という記事がありました。

 その機能性をアピールすれば、有利に販売できるのではという内容で、いくつかの野菜の
事例が紹介されていました。

 その中で、キュウリも書かれていたことに興味を持ちました。

 「世界一栄養が無い野菜」としてギネス認定されたという話が、実は誤訳だったらしく、
実は「最もカロリーが低い果物」というのが正しいそうです。

 利尿作用やむくみの改善、夏には熱を体外に排出する機能がある。そして、すりおろした
ものには脂肪分解酵素も含まれているとか。

 しばらくコレだけを食べてようか…。

隠れ家で…

 慌ただしい日々が続くと、喧噪を避けるため一人で静かに過ごしたいと思う。

 頭の中をリセットというかリフレッシュというのか…。

kaltupou 地元のとある場所。4人用の個室となっていて、
そこに籠らせてもらう。お酒も料理も品が良くて
気に入っている。



 一時期、気持ちが落ち込んだ時があった。身近に起こる事柄に気持ちが動かず、見えるものは
モノトーン。それが続いても構わないとさえ思った。

 そんな中で食事が、味覚や嗅覚を刺激し、様々な感覚を呼び起こしてくれた。

 立ちどまったとしても、再び前に歩き出すため必要な儀式でもある。

ブドウ今昔

 今の時期、いろんなブドウが出回っています。色や形、大きさまでそれぞれ個性があります。

 私のブドウに対するイメージはお盆のころの食べ物で、粒の小さいデラウエアでした。食べ
にくくて、かむと酸っぱくて正直あまり好きではありませんでした。

 今は大粒で皮ごと食べられるものもあるので、大好きになっています。今年も大いに楽しみ
たいと考えています。

grape181 先日、買ってきたロングセラーの品種である巨峰。
このまま食べてもモチロン美味しいものですが、
チョット手を加えてみました。


grape182 ブドウの白ワインコンポートというものにしようかと…。
ブドウの甘味をスッキリとさせ、白ワインの風味でサッパリ
とした味わいになれば良いなと思いました。


grape183 作り方は、ブドウの半量の白ワインに同量の砂糖を溶かし、
沸騰させてアルコール分をとばします。ブドウを加えて再び
沸騰したら火を止めて鍋ごと冷やします。ある程度冷めたら
容器に移し冷蔵庫へ…。

grape184 一晩経つと、酸味と甘味が一体化してまろやかな感じに
なります。食後のデザートとして1週間くらいは楽しめそう
です。炭酸割りも良いかも。

今年もあった

 ちょっとイロイロあって長らくブログを休んでいましたが、再開します。

 早いもので、9月も半ばに差し掛かっています。ようやく暑さは落ち着いてきたのでしょうか
(蒸し暑いけど…)。

 この時期になると、気になる果物。今年も売っているかと直売所をのぞくとありました。

kaori181 「かおり」というナシです。700gオーバーと大きく、
その名がつけられた由来にもなっている良い香りが
します。数が少なくて短い時期の楽しみ。


kaori182 大きいナシなので、半分でお腹いっぱいになります。
日持ちがする品種なので、残りは翌日でも全然OK
です。皮も食べるのは私のこだわり。



 今年は梅雨明けが早かったり異常なくらいの猛暑、そして数日前には強い風が吹いた台風も
ありました。そうした中、無事に収穫を迎えたそうです。

 異常気象であっても、この時期にはちゃんと出てくる安定感にはホッとしますし、厳しい環境を
生き抜いてきた力強さには元気をもらえます。

時々飲みたくなる

 異常気象の影響で生乳生産量が平年に比べて減っているとの記事を見かけました。

 都府県は猛暑、北海道は長雨ということのようです。これからの時期も夏バテの影響が
あるでしょうから心配です。


 それとは別に、牛乳類(類って何?)を飲む頻度が、年齢が高くなるにつれて多いという
のがありました。

 つまりは若者の飲む量が少ないということになります。私は若者ではありませんが、普段
飲むのは水やお茶の類。特にペットボトルが手軽というのが若い人にはあるのでは。

 牛乳もペットボトルで売ればいいのに…と思ったことがありますが、他の飲み物よりも
気を使わなければいけないところが多いので、難しいという話を聞いたことがあります。
(フタを開けたらすぐに中身を全部飲めば問題ないのかも…。)


 (個人的な感想ですが)牛乳を飲むと気分が落ち着きます。これからの時期はホットも
いいですね。ホッとするということで…。

オンリーワンというやつ

 アジア大会のU21サッカー代表の試合を観てたら首が痛くなった…。

 自陣でのボールまわしが多くて偏った方向ばかり目がいっていたものね。つまらんかった。


 それはさておき、以前も紹介したサイト「マイナビ農業」で、「雑草で診断!その土で野菜は
育つのか?」という記事が載っていました。

 畑に生えている雑草の種類により、土の肥沃度が判断出来て、栽培可能な農作物が分かると
いうもの。

 土の状態が良くなるにつれて、セイタカアワダチソウからマメ科植物、ホトケノザ等に移って
いく。それは雑草それぞれが一番「強み」を活かせるときに勢力拡大しているから。

 「雑草」とレッテルを張られたのは人の都合で、それぞれ立派に生きてるんですよね。
Archives
オーちゃん
日本野菜ソムリエ協会認定
野菜ソムリエプロ
アスリートフードマイスター2級

 野菜や果物に関わる発見や私的な楽しみを伝えて行く他、地元の「農」といかに関わっていくかをテーマに、思いつくことを書いていきたいと思います。

カテゴリーの説明
◎コミュニティ群馬
   連絡や活動報告など
◎私的ブログ
   ベジフルライフの様子
◎勇者たち
   野菜ソムリエの活躍
◎「農」のある風景
   生産現場の様子
◎脱メタボ!?
   ベジフルライフの成果?
◎土と生きる
   食と農を考える
◎アスリートとフード
   食と運動との関係
Recent Comments
QRコード
QRコード
Profile

オーちゃん

最新トラックバック
  • ライブドアブログ