掛け軸・絵画・美術工芸品アート

新宿にあるアートギャラリーのトーキョウアートは日本画と掛け軸を中心に話題の美術品を販売。通販での絵画、彫刻、油絵、版画、複製画、版画の購入はトーキョウアートのオンラインショッピングで!

青い花瓶

 近代絵画の父ポール・セザンヌ初期を代表する静物画作品のひとつ『青い花瓶』。
11
 1885-1887年頃に制作されたと考えられている(注:1890-91年頃とも推測されている)本作は、花が入れられた青い花瓶を中心に皿や林檎らしき果物などが構成される静物画である。画面中央やや左側に配される青く縦長の花瓶は強く濃く、何度も重ねられた輪郭線によって画面の中で圧倒的な質量感と形状的存在感を醸し出している。

 それは、本作に描かれる(諸説あるが、おそらくアイリスやシクラメン、ゼラニウムと思われる)花瓶に入れられた花や3つの果物も同様で、細部まで克明に描写されることなく、ただ静物のしての形態とその存在そのものが強調されている。本作で最も注目すべき点は、この静物が内包する形態の真実性に対する画家の探求と、それらが互恵的に関係し合う計算され尽した構成にある。

韓国は月無人探査も2030年に延期か

 韓国の宇宙産業は先進国に比べて大きく遅れを取っているというのは半分は正しく、半分は正しくない。宇宙航空評価機関フュートロンによると、韓国の衛星技術は世界8位。このうち光学衛星など地球観測衛星は世界トップレベルにある。

 問題はロケットだ。月へ行くにも火星へ行くにも宇宙探査の出発点といえる。韓国航空宇宙研究院(航宇研)のファン・ジンヨン未来戦略本部長は「自動車や造船は外国の技術を学んで来ればよかったが、ロケット技術は技術統制のため習う先生がいない」と説明した。米国など西側7カ国はロケットを核兵器運搬手段と見なして1987年に「ミサイル技術統制体制」を発効、ロケット技術の移転を禁止した。航宇研は98年に設立され、その不利益をそのまま受けることになった。

 すでに韓国は2013年に最初の宇宙ロケット「羅老(ナロ)を開発した。しかし技術の核心である1段目のロケットのエンジンをロシアが開発し、本当の意味で「韓国型」と呼ぶことはできなかった。当時、研究院はロシアの統制で見ることができない1段目を「ブラックボックス」と呼んでいた。

 航宇研は約2年後の2020年までに国内技術だけで開発する「韓国型ロケット」(KSLV-Ⅱ)の成功を確信している。エンジンの燃焼不安定問題も最近解決し、研究員は自信に満ちている。

 ロケット開発と関連しているのが月探査プロジェクトだ。韓国型ロケットを活用して月に軌道船と無人探査船を打ち上げることだ。米国・欧州などと比べると初歩段階だが、韓国の最初の宇宙探査として意味が大きい。

 月探査は「試験用月軌道船-月軌道船-月着陸船」で構成される。航宇研は現在、試験用の月軌道船事業を米NASAと協力している。目標は2020年で、計1978億ウォン(約200億円)の予算が投入される。

戦争

 印象主義時代に活躍した素朴派の画家アンリ・ルソーの代表作『戦争』。

 制作された1894年のアンデパンダン展(無審査出品制の美術展覧会)に出品されたものの、その後長い間行方が不明であったものの第二次大戦中に発見された本作は≪戦争≫の寓意を描いた作品で、フランスの民衆版画(エピナール)や当時の雑誌や新聞の挿絵から着想を得られていることが判明している。

 複雑で非汎用的な構図や構想、明らかな寓意的意図など画家の作品には例外的な内容が描かれる本作中で、中央の馬のような動物、画面左部分の木々や葉、死体の肉を啄ばむ鳥など最も印象的に用いられている黒色は、後期印象派を代表する画家であり象徴主義の提唱者でもあるポール・ゴーギャンも強い衝撃を受けたと賞賛の言葉を残している。
11 

アルジャントゥイユのセーヌ河

  印象派の画家アルフレッド・シスレーのルーヴシエンヌ時代の代表的な作品のひとつ『アルジャントゥイユのセーヌ河』。

  本作は画家が1871年からパリ・コミューンを避けルーヴシエンヌに移住した1870年代前半期(ルーヴシエンヌ時代 1871-74年)に制作した作品の中の1点で、本作のようにアルジャントゥイユを描いた作品は10点ほど存在するが、構図、色彩、そして表現手法の点からも特に重要視される作品として知られている。
11
  1870年代前半、エドゥアール・マネ、クロード・モネ、ルノワールなども様々な角度から盛んに描いたアルジャントゥイユは、パリ西方に位置するセーヌ右岸の街で、観光地であるほか、レガッタ(ヨットやボートなどの競漕を意味する)協会の本部があるなどヨット競技の中心地のひとつでもあり、本作にも(それらの点が反映され)セーヌ河を行き交うヨットが描かれている。
ギャラリー
  • 青い花瓶
  • 戦争
  • アルジャントゥイユのセーヌ河
  • 鮮やかな色彩で描かれる莢豌豆(さやえんどう)
  • ルノワールの印象主義への傾倒も示している
  • 踊りの花形
  • オペラ座のオーケストラ
  • 砲撃され撃沈される巡洋艦アラバマ号
  • 依然として経済的困窮が続く
カテゴリー