2006年01月04日

このページ終了します

 ほんの少数の方にしか読まれていないこのページですが(^^ゞ、最近、あまり書くこともなくなってきましたので、以後はこの種の内容を含めて、(公開はしているものの)プライベートなブログに移行します。
#今後は、このページを追加・更新していく予定ははありません。

 長らくありがとうございましたm<(_ _)>m。



2005年10月04日

GooglePicasaを使ってみる

 OSの再インストールも一応終了し、KDDI光プラスが順調に動き始めたようなので、先日紹介した標記のソフト「GooglePicasa」を使ってみました。
#関連記事です。

 このソフト、今までの使っていた画像管理関連ソフトのどれとも異なっています。
・自動的に表示可能な画像(一部動画も含む)データをスキャンし、データベースをつくること
・とにかく画像を一覧してしまうこと
・閲覧・編集等もそこから直接できてしまうこと

 これなら、不要な画像を削除することも簡単にできそうな気がします。
#ただ、あまり見せたくない画像まで表示されてしまうのはどうもですね(^^ゞ。


via_aj at 10:54|この記事のURLComments(0)PC 

2005年10月03日

KDDI光プラス開通

 午前中にNTTが来て、光ケーブルの接続(外の電柱から我が家まで)。午後はKDDIが来て、機器の設定。
#といっても、KDDIの方でやったのは、機器に電源を入れて、LANケーブルを差し替えただけ。
#まあ、そんなものだろうとは思っていましたが、何かわからないことがあるといけないので、一応来てもらったというわけです。

 これで、ようやく我が家もKDDI光プラス(100Mb)の環境になりました。\(^o^)/

 幾分、インターネットが早くなったような気もしますが、それでも遅いサイトがあるのはサーバーの環境のせいなのでしょうね。

PS
 その後、やはり遅いと思って確認してみたら、実は、光ブラスに接続されていなかったのです(^^ゞ。
#我が家のLANは、ハブを2つ持ち、11台のPCがつながっているという環境で、面倒なので依頼しておいた「かけつけ設定サービス」の人が、別の系統のLANを接続した上で、旧来のADSLにつながっている私のPCで接続されているかどうか確認したというわけ。何と…。

 仕方がない、自分で設定することを覚悟して、サポートセンターに電話しました。その結果、デフォルトゲートウェイのアドレスとDNSのアドレスが確認できたので、自分でやってみました。
 こんなトラブルがありましたが、無事、光ブラスが使えるようになりました。最初から自分でやっても良かったですね。

 そう、この速さを期待していたのです(^^ゞ。

2005年09月26日

OSの再インストール

 20日頃でしょうか?GooglePicasaの記事を読んで、これをインストールしたのですが、同時にGoogleEarthの記事を思い出し、これをインストールしようとしたのですが…。

 このソフト、ディスプレイ32ビットが条件です。私のデスクトップPCは何故か24ビット。それでこれを32ビットにしようとドライバをいじっていましたら、起動しなくなってしまったというわけです。

 起動しなくなったデスクトップPCですが、どうせならと、今まで使っていたWindows2000Proではなく、Windows2000Serverをインストールしようとしたのですが、どうしても不満が募ります。同じWindows2000でもProとServerでは意外と違うことが多いことがわかったのです。
#もちろん、私がまだServerに馴れていないことも大きいと思うのですが…。
 最大の問題は、ウィルスバスターがServerに対応していないことです。これではネットワーク環境が当たり前の中で恐くて使っていられません。また、ネットワークで使用のプリンターやスキャナーのドライバーがうまくインストールできないのです。これは困りました。

 そんなわけで、またまた思い切ってProを入れることにしました。ところが、新規インストールを選択してServerとダブルブートできるようにと考えたのは良いのですが(既にMEとはダブルブートの環境なのですがね)、知らないうちに、Dドライブにメインのシステムフォルダーが出来ていたのには驚き、あきれてしまいました。こういうところがWindowsの嫌いなところです。
#勝手に思いがけないことをしてくれる
#そのくせ、いつも最初からしかできない 等々


 仕方ない。最小のシステムはこのままDドライブに入れることにして、今後インストールするソフトは、注意しながらCドライブに入れていくことにしました。

 今まで入れたソフトは、再インストールしないと使えないソフトばかりですが、以下のようなものが主なソフトと言えましょうか。
・Office2000
・一太郎2005(これはAtokのため)
・AiRoboForm(IDやパスワードの管理のため)
・ProAtlasW2(地図ソフト)
・WirusBuster
・さらにネットワークで使用しているプリンターやスキャナーのドライバー等
 この他、OSやブラウザーの更新等をしていかないといけないのが本当に面倒ですね。
#Macintoshなら、そのまま使えるか、せいぜいCopyするだけで終了なのに…ですね。それとも今のものは違うのかな?

 いろいろと面倒な作業をクリアして、ようやく動き出したのは月末近くになっていました(^^ゞ。
#これでもまだ複合機との接続がまだおかしいのです。これは原因不明。


via_aj at 10:51|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)PC 

2005年09月01日

我が家も、いよいよ光通信へ

 本日のニュースでは、ブロードバンドの契約者数が、2000万人を超えたとか。(下記の記事参照)

 私の所でも、会社の解散を契機に、これまでのADSL(8M)から光に変更することにしました。この12月に結婚する娘のマンションがKDDIの光が入る予定なので、我が家でも迷うことなくKDDIの光プラス(100M)です。
 当面は、「インターネットと光電話」のセットで契約することにしました。しかし、良く調べてみると、光電話の機能は一部限定されるとのことで、今使っているビジネスフォンの機能が使えないものになりそうなので、これはこれで、別の使い方を考える必要がありそうです。

 しかし、それでも少しは電話回線の整理ができるだろうと期待しています。

---------------------------日経新聞:
 ブロードバンド(高速大容量)通信の契約者数が初めて二千万人の大台を超えた。総務省が三十一日発表した六月末時点の契約状況によると、前年同月に比べ約四百万人多い二千五十七万八千人に達した。中でも光ファイバーの利用増加が目立ち、契約者数がケーブルテレビを初めて上回った。
 ブロードバンドの内訳をみると、最も契約者が多いのはDSL(デジタル加入者線)で、前年同月比一六%増の千四百八万人だった。次いで光ファイバーが三百四十一万人と前年同月の二倍弱を記録。ケーブルテレビは一四%増の三百六万人、無線アクセスは二割減の二万人だった。
 光ファイバーはブロードバンド全体に占める比率も上昇。前年同月よりも六・〇ポイント高い一六・六%となり、一四・九%のケーブルテレビを追い越した。
---------------------------


2005年08月29日

CanoscanFS2710が故障

 過去のスライドから絵を描きたいと思って、以前、Macのために購入し、2・3度使ったことのある「スライドスキャナーCanoscanFS2710」のWindows用ドライバーをダウンロードし、インストールしようとした。するとスキャナーの接続を確認してきたので、PCに接続し改めて電源を入れて見たのであるが…。
 残念ながら、スイッチを入れると電源ライトが一瞬点灯するもののすぐ消えてしまう。あーぁ、故障かぁ。これをどうしようかなぁ。

 とりあえず、Canonに電話をしてみるしかないかなぁ。


via_aj at 22:14|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)PC 

2005年08月10日

WILCOMの修理済み機到着

 (一昨日WILCOMからAH-K3110Vの修理が整ったとの連絡が入っていたのだが)昨日ようやく先方と連絡がとれて、本日の午前中に修理済み機が到着の筈だった。
 しかし、日通からの連絡で、分配機の故障のため午後になるとのこと。不快であったが仕方ない。携帯も持たないまま出かけた。
 帰宅後、届けられていた修理済み機はすっかり新品に変わったようである。この一連の手順の中で、修理費は\2100−。「京セラユーティリティ」ソフトを使って、以前のデータに戻すことができた。
 その他はメールの設定。これは手作業。
 念のためにファームウェアのバージョンの確認。これは一度バージョンアップができていればPCのレベルで引き継がれているらしい。問題なし。

 まあ、いずれも簡単なものである。

 今回の修理では、日通の問題はあったが、WILCOMの対応には大満足である。

2005年07月29日

WILCOMなかなかやるわい

 7月27日、WILCOMのPHS(AH−K3001V)をズボンのポケットに入れたまま洗ってしまいました。当然壊れてしまったというわけですが、さあ、これをどうしようか?というわけです。
 翌日、購入したヤマダ電機へ行ったのですがラチがあかず、WILCOMのカタログだけをもらってきました。その中の「修理アシストサービス」ページを見たら、何と修理期間中、代替機を貸し出してくれるサービスがあるではないですか?しかも、電話で全てが済むのです。

 そんなわけで、本日、壊れた機種の引き取りと引き替えに、代替機を置いていってくれました。こんなことならもっと早く電話していれば良かった(^^ゞ。
 箱には「修理代品専用端末」と書かれていますが、まさしく新品です。私としては、これと交換でも良いのですがね(^_^)。

 WILCOMもなかなかやってくれるわい、と嬉しくなりました。


2005年07月25日

PCのソフトの追加

 何もする気分になれないまま新聞の整理をしていたら、いつものPCソフトを紹介する記事が目につきました。
 それに従って、とりあえずデスクトップPCに以下のソフトを入れてみたというだけのことです。

◆Spam Mail Killer Version
 つまり、スパムメールを削除するためのソフトです。以前にも入れたことがあったが、使い切れないまま削除していたことを思い出しました。

◆Wordsworth
 自分専用の用語辞典を作成するためのソフトだということですが、これは入れてみたものの使わないかもしれませんね。


via_aj at 22:51|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)PC 

2005年07月20日

PCの環境設定に苦闘

 友人のNotePCでインターネットが使えるようにしてあげようと、気楽に預かったのは良かったのですが、これほど悪戦苦闘することになろうとは思っても見ませんでした。
 機種は、IBMのThinkPad240。OSはWindows98SE。これは私が現在も使用しているSONYのVAIOと同じなので、そう手こずることになるとは思ってもいませんでした。
#私の機種は、当初はWndows98だったものを98SEにUpGradeしたもので、内蔵HDDも何回か交換して今は40Gbになっているものです。

 問題はまず、私の機種にありました。長い間使っていなかったので、いつの間にか電源が入らなくなっていました。まあこれは充電したら回復したのですが…。
 次の問題は、98SEはUSBが使えるようになった最初のOSですが、どちらの機種も、どうやってもPHS用の京セラ製PHSのDriverが入ってくれないのです。これは京セラの問題と思われますが、実際そうなんですから仕方ない。
 仕方なく、電話回線でダイヤルアップ接続できるようにと設定をしたのですが、SONYの方は、内蔵のアナログ回線ポートからちゃんとインターネット接続できるようになるのに、IBMの方は、プロバイダーに接続できているのに、メーラーやブラウザーと接続しようとすると、popサーバーが発見できないだの、サイトが見つからないだのの表示になってしまうのです。どこかに問題があることが判っているのですが、同じ設定をしているのに、こういう違いが出てしまっているので、私にはちょっとお手上げ状態です。それにこんなこと初めての経験ですし…。

 不毛の闘いにいささか疲れました。

PS
 京セラの方に問い合わせて、以下のような連絡をもらうことができ、何とか私のPCの方は京セラ製PHSのドライバーがインストールができました。
 但し、友人のPCの方は相変わらずの状態です。困りましたね。
------------------------------------------------------
 プリインストールPCではないとの事、動作保証していませんが折角お問い合わせを頂きましたので、ご案内させて頂きます。
 申し訳ありませんが下記作業を行なってもインストールできない場合は、パソコンとの相性によりインストールできないものと思います。またお客様の責任におきましてのご利用になることを予めご了承の程、お願い申し上げます。

それでは手動でのインストール作業をご案内させて頂きます。
AH-K3001Vの電源を切って頂き、その後電源を入れてください。
AH-K3001Vとパソコンを付属のUSBケーブルで接続してPHSの電源を入れておいてください。(付属のCDも入れて頂き、メニューが自動で起動しますが右下の終了ボタンをクリックして、画面を閉じておいてください。)
パソコンにPHSを付属のUSBケーブルで接続したとき、ウィザード画面が出てきましたら、画面表示が消えるまで全て「キャンセル」ボタンを押下して下さい。

Windows98SEパソコンにおきまして。
「マイコンピュータを右クリック」→「プロパティ」→「デバイスマネージャ」のタブをクリックします。
「ユニバーサルシリアルバスコントローラ」のプラスをクリックしますとマイナスになり、中に「USB互換デバイス」というものがありましたら「USB互換デバイス」をダブルクリックすると、USB互換デバイスのプロパティが表示されますので、「ドライバ」のタブをクリックし、「ドライバの更新」をクリックします。

ハードウェア追加ウイザードが起動します。
起動しましたら「次へ」をクリックします。
使用中のデバイスに最適なドライバーを検索するにチェックして「次へ」をクリックします。
「検索場所の指定」にチェックして「参照」を押します。
CD-ROM内のDriverフォルダーを選択して「OK」をクリックします。
前の画面に戻りますので、「次へ」をクリックして「完了」ボタン押下まで進めて下さい。

※パソコンやOSによっては上記の操作を数回繰り返し表示する場合がございますが、全て完了まで操作をして頂ければUSBドライバの設定は完了となります。


via_aj at 16:34|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)PC