Raspberry Piブログ

オンラインショップ「ビクトリーセブン」による、Raspberry Piの話題が中心のブログです。

2016年7月22日発売!
 * 『ラズベリー・パイで遊ぼう!』発売のお知らせ * 

7月22日にRaspberry Piの新しい書籍『ラズベリー・パイで遊ぼう!』を出版させていただくことになりました。今回は Raspberry Pi 3 に合わせてリニューアル!Raspberry Piの基本的な使い方から電子工作の応用まで、盛りだくさんの内容となっております。

■商品名:ラズベリー・パイで遊ぼう!
■著者:林 和孝
■価格:2,160円(本体2,000円+税8%)
■ISBNコード:978-4-89977-448-8
■本のサイズ:A5/フルカラー320ページ
■発売日:2016-07-22

全国書店のほかAmazonラトルズネットにて販売中!

第4回 温度センサーを接続してグラフにしよう - 連載 IoTサービス「Blynk」を使ってRaspberry Piをスマホからコントロールしよう

IMG_6601

第3回ではCPUの温度やクロック周波数などのRaspberry Pi内部の情報を、Blynkを使用してスマートフォン上で見られるようにしました。第4回ではGPIOポートに温度センサーを接続して、Raspberry Piの外部から情報を取得します。

続きを読む

QIコネクタが付いた、1-wire温度センサー DS18B20防水タイプが入荷しました

ケーブルの先にQIコネクタが付いた、「1-wire温度センサー DS18B20防水タイプ」が入荷しました。 先端がピンになっていますので、はんだ付けをすることなくブレッドボードやソケットに接続できます。

DS18B20-WP-qi

商品ページ:1-wire温度センサー DS18B20防水仕様【メール便可】

第3回 CPUの温度/周波数/負荷状態を見よう - 連載 IoTサービス「Blynk」を使ってRaspberry Piをスマホからコントロールしよう

IMG_6583

第2回ではRaspberry Piに接続したLEDを、スマートフォンからBlynkを操作して点滅させました。第3回では逆に、Raspberry Pi側の情報をスマートフォン上で見られるようにします。

続きを読む

第2回 スマホからLチカをやってみよう - 連載 IoTサービス「Blynk」を使ってRaspberry Piをスマホからコントロールしよう

第1回ではBlynkのセットアップを行いました。第2回ではスマホから、Raspberry Piに接続したLEDを制御してみます。

今回は例として、GPIO 24にLEDを接続します。
breadboard-no2

続きを読む

温度/湿度センサーDHT22をRaspberry Piで使用する方法

DHT22 (AM2302) は温度と湿度が測定できる、1線式の温湿度センサーです。

温度センサーDS18B20も1本のデータ信号線だけで通信ができますが、DHT22は1-Wire方式ではないため、センサーからデータを取得するためのプログラムを作る必要があります。インターネット上で公開されているライブラリを使用すると簡単です。今回は例としてAdafruitのライブラリを使用することにします。(参考ページ

用意するもの
・DHT22
・抵抗 4.7KΩ
・ブレッドボード、ジャンパーワイヤー等

以下のように配線します。DHT22の1ピン(向かって一番左側)を3.3V、2ピンをGPIO 22、3ピンは未接続、4ピンをGNDに接続します。DHT22の1ピンと2ピンの間に4.7KΩの抵抗を接続します。

dht22

GPIO 22は例ですので、別のGPIOポートでもかまいません。変更した場合はサンプルプログラムのDHT_GPIOの値を変更してください。


必要なPythonのパッケージをインストールします。
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install build-essential python-dev
AdafruitのDHTライブラリをインストールします。
$ sudo git clone https://github.com/adafruit/Adafruit_Python_DHT.git
$ cd Adafruit_Python_DHT
$ sudo python setup.py install

準備ができたら、測定用のプログラムを用意します。テキストエディタなどで作成します。

ファイル名:dht22.py
#!/usr/bin/python
# coding: utf-8
import Adafruit_DHT as DHT

## センサーの種類
SENSOR_TYPE = DHT.DHT22

## 接続したGPIOポート
DHT_GPIO = 22

## 測定開始
h,t = DHT.read_retry(SENSOR_TYPE, DHT_GPIO)

## 結果表示
print "Temp= {0:0.1f} deg C" . format(t)
print "Humidity= {0:0.1f} %" . format(h)
DHT22のかわりにDHT11を使用する場合は、上記SENSOR_TYPEの「DHT.DHT22」を「DHT.DHT11」にすることで対応できます。

プログラムを保存したらパーミッションを設定し、プログラムを実行します。
$ chmod 755 dht22.py
$ ./dht22.py
Temp= 26.0 deg C
Humidity= 44.0 %

これでセンサーから取得した値が表示されました。

第1回 IoTサービス「Blynk」を導入しよう - 連載 IoTサービス「Blynk」を使ってRaspberry Piをスマホからコントロールしよう

IMG_6552-2

Raspberry Piは小型で消費電力も小さいため、センサーや様々なデバイスを接続して活用する「IoT」に適しています。GPIOポートにセンサーを接続してセンサーの値を読み取ったり、モーターを接続して動かすのはそれほど難しくありません。しかしこれをインターネットからコントロールしようとすると、様々な難題を乗り越えなくてはなりません。

インターネットからコントロールするためには…
・サーバー側のプログラムはどうするか?
・ファイアウォールの設定は?
・セキュリティは?
・スマートフォンのアプリはどうするか?

そこで活用するのがIoTサービスです。今回紹介する「Blynk」は、これらの面倒なことを全て引き受けてくれる、とても便利なサービスです。しかも無料で使用できます。(アプリ内課金もあります)

続きを読む

Raspberry Pi 3 Model B本体+ケース+書籍+16GB MicroSDセット」の販売を開始しました

IMG_6176

Raspberry Pi 3 Model B に、Raspberry Piを遊び倒すための必読書『ラズベリー・パイで遊ぼう!』と、メモリカード MicroSD 16GB、専用のケースをセットにした、これからRaspberry Piをはじめる方に最適なセットです。全320ページフルカラーの見やすい誌面で、Raspberry Piのセットアップから活用方法までをわかりやすく解説しています。

<セット内容>
  • 本体 Raspberry Pi 3 Model B本体(Element14版)
  • 書籍 ラズベリー・パイで遊ぼう!
  • ケース Raspberry Pi シェル型ケース (色: クリアー) ※変更可
  • メモリカード microSD 16GB class 10 (OSは入っていません)

今回、この基本セットに以下の特典をお付けしました。
  • 特典1 電子パーツセット
  • 特典2 書籍PDF入り オリジナルCD-ROM
  • 特典3 GPIOシート 3枚
  • 特典4 日本語簡易セットアップマニュアル

IMG_6180IMG_6182

この電子パーツセットを使えば、書籍で解説しているLEDの点灯実験(Lチカ)や、ボタン入力の実験ができます。 赤/黄/緑のLEDが2組分ありますので、プログラムを応用して交差点の信号機を作ったり、いろいろと応用も可能です。

詳細はオンラインショップのページにてご確認いただけます。

商品名:Raspberry Pi 3 Model B本体+ケース+書籍+16GB MicroSDセット
販売価格:7,980円 (税込8,618円)

Raspberry Piの新しい書籍『ラズベリー・パイで遊ぼう!』発刊のお知らせ

この度(株)ラトルズより、Raspberry Piの新しい書籍『ラズベリー・パイで遊ぼう!』を出版させていただくことになりました。旧著『Raspberry Piで遊ぼう! 改訂第4版』から1年が経ち、内容も大幅にリニューアルされました。全ページフルカラーで見やすい誌面になっています。

今回は最新機種 Raspberry Pi 3 に対応し、OSも新しい Raspbian Jessie に対応しています。Raspbian Jessieでは初期状態でデスクトップが起動するように変わったことから、操作説明もCLIからGUIベースになっています。

===== 7月22日発売 Amazonでご予約いただけます =====


書籍情報

raspi5
■商品名:ラズベリー・パイで遊ぼう!
■著者:林 和孝
■価格:2,160円(本体2,000円+税8%)
■ISBNコード:978-4-89977-448-8
■本のサイズ:A5/フルカラー320ページ

2016年 7月 22日発売!

全国書店のほかAmazonラトルズネットにて予約受付中です。

本書ではRaspberry Piの説明からはじまり、セットアップ、初期設定、基本的な使い方をマスターしていきます。サウンドや動画を再生したり、USBハードディスクやカメラモジュールなどの周辺機器の接続も行います。
syoberudoza 後半は電子工作についてじっくりと進めていきます。まず初めはLチカからスタート。温度センサーやLCDディスプレイなどの電子パーツを接続したり、スマートフォンから制御を行います。最後は右図のような「ラジコン」を作成します。タミヤの「楽しい工作シリーズ」を使用しているので入手もしやすく、組み立ても簡単です。


第4版まではサンプルプログラムにPHPとC言語を使用していましたが、今回からRaspberry Piでも馴染みのある Python になっています。サンプルプログラムは専用ページからダウンロードできます。プログラムは苦手…という方でも、サンプルプログラムをコピーすれば動かすことができます。


サンプル動画 (Chapter 8のラジコン)




目次と解説

Chapter1 ラズベリー・パイで遊ぼう
 1. ラズベリー・パイを知ろう
 2. ラズベリー・パイのラインナップ
 3. ラズベリー・パイのインターフェース
 4. 必要な機器を準備しよう
Chapter 1でははじめにRaspberry Piの概要や、各モデルの違いについて解説します。各コネクタは図入りで解説。Raspberry Piを使用するにあたって、Raspberry Piの他に必要なものについての説明がありますので、これからRaspberry Piをはじめる人も安心です。

Chapter2 ラズベリー・パイを導入しよう
 1. 起動ディスクを作成しよう
 2. ラズベリー・パイの配線をしよう
 3. ラズベリー・パイのセットアップをしよう
 4. Wi-Fiを設定しよう
Raspberry Piはメモリカードから起動するので、はじめにOSをインストールしなくてはなりません。Chapter 2では起動ディスクを作成して、OSのセットアップを行います。日本語で表示されるよう、日本語環境もセットアップします。Raspberry Pi 3ではWi-Fiが使えるようになったので、Wi-Fiのセットアップ方法も解説しています。

Chapter3 ラズベリー・パイを使ってみよう
 1. デスクトップを使ってみよう
 2. Raspbianの基本を知ろう
 3. ソフトをインストールしよう
 4. テキストエディタを使いこなそう
 5. リモートログインでパソコンから操作しよう
 6. コンソールを利用する方法
新しくなったOS Raspbian Jessieでは、はじめからデスクトップが起動します。デスクトップとはマウスで操作するグラフィカルなインターフェース(GUI)で、文字だけのコンソール(CUI)より遙かに簡単に操作できます。そうは言ってもLinuxはコマンドラインの操作が基本。Chapter 3では覚えておくと便利なコマンドや、使う機会が多いテキストエディタの使い方も解説します。テキストエディタはGUIとCUIの2種類説明していますので、お好みで使いやすい方を使用してください。

Chapter4 マルチメディアを楽しもう
 1. サウンドを再生しよう
 2. 動画/ラジオを再生しよう
 3. 音声合成でラズベリー・パイを喋らせよう
Chapter 4ではサウンドや動画の再生を行います。用意したファイルを再生するだけでなく、インターネットラジオの再生にも挑戦していきます。世界中のインターネットラジオ局の放送がRaspberry Piで聴けるのは、ちょっと感動です。また音声合成では、日本語の文章をRaspberry Piに喋らせることができます。用意した文章だけでなく、現在時刻を喋ったり、後述する温度センサーの温度を喋らせることにも応用が可能です。

Chapter5 周辺機器を接続しよう
 1. タッチ・スクリーン ディスプレイを接続しよう
 2. 外付けUSBハードディスクをNASにしよう
 3. Webカメラを利用しよう
 4. ラズベリー・パイ専用カメラモジュールを接続しよう
 5. カメラモジュールからUstreamで世界に配信しよう
Chapter 5ではRaspberry Piに様々な周辺機器を接続して使用していきます。タッチ・スクリーン ディスプレイはRaspberry PiのDSIコネクタに接続する、専用のディスプレイです。Raspberry Piの起動ディスクはメモリカードのため、大きなファイルを保存することはできませんが、USBハードディスクを接続すれば大量のファイルが保存できます。USBハードディスクを使ってNASを構築します。また、カメラも接続してみましょう。安価に入手できるWebカメラでストリーミングをしたり、CSIコネクタに接続する専用の「カメラモジュール」で静止画や動画撮影を行います。タイムラプス撮影についても解説していきます。

Chapter6 電子工作を楽しもう・基本編
 1. GPIOポートの基礎を知っておこう
 2. ブレッドボードとは?
 3. LEDの点灯を制御してみよう
 4. ボタンからの入力を検知しよう
 5. 基板上のLEDを制御してみよう
 6. PWMでLEDの明るさを変えよう
 7. 圧電スピーカーでブザーを鳴らそう
 8. 1-Wireデバイスを接続しよう
 9. I2Cデバイスを接続しよう
 10. LCDモジュールに文字を表示しよう
 11. RTCモジュールで正確な時刻を刻もう
 12. ラズベリー・パイを家電の学習リモコンにしよう
いよいよChapter 6から電子工作です。Raspberry PiのGPIOポートがどうなっているかという基礎からはじまり、電子工作の最初の一歩「Lチカ」の実験を行います。LEDを光らせたり、ボタン入力の方法を、コマンドとPythonのプログラム、それぞれの方法で行う手順を解説していきます。
 中盤ではPWMの使用方法や、PWMでブザー音を発生させる方法を解説します。家電製品でよくあるあの「ピッ」という音が出せるようになると、電子工作の様々なところで活用できて便利です。
 後半はセンサーなどの電子パーツを接続します。1-WireやI2Cの温度センサーを取り付けて、Raspberry Piで温度を読み取っていきます。キャラクタLCDディスプレイを接続すれば、超小型のディスプレイに文字を表示することができます。これを応用すれば、HDMIでディスプレイに接続していなくても、Raspberry Pi単独で情報を得ることができます。

Chapter7 スマートフォンからGPIOを制御しよう
 1. WebIOPiを活用しよう
 2. JavaScriptでGPIOを制御しよう
 3. JavaScriptでI2Cを制御しよう
 4. JavaScriptでカメラを制御しよう
Chapter 7ではWebIOPiというフレームワークを使って、スマートフォンからGPIOを制御する方法を解説していきます。Chapter 6でも行ったLEDやボタン入力をスマートフォンの画面上で制御したり、I2C接続の温度センサーや、キャラクタLCDディスプレイに文字を表示させたりします。
 WebIOPiはPythonで作られているので、Pythonのプログラムを作って、WebIOPiに無い機能を追加していく方法も解説していきます。WebIOPiはマクロと呼ばれる、サーバー側で動作するプログラムを追加できるようになっています。Webサーバーが搭載されているので、クライアント側はJavaScriptでアクセスします。jQueryとHTMLがわかる人なら、ちょっとしたプログラムでGPIOの制御ができます。

Chapter8 電子工作を楽しもう・応用編

 1. リアルtweetボタンを作ろう
 2. 電源シャットダウンボタンを作ろう
 3. 人感センサーで防犯システムを作ろう
 4. ラズベリー・パイでラジコンカーを作ろう
Chapter 8では応用編ということで、今までやってきたことを組み合わせて、実用的なシステムを作っていきます。ボタンを押すと、押したボタンに応じたメッセージをtwitterにツイートしたり、人感センサーで人の動きを感知し、警報音を鳴らして証拠写真を撮るシステムを作ります。
controller 最後の仕上げは「ラジコンカー」です。誰でも簡単に作れるように、タミヤの工作キットを使用しました。ラジコン本体を、コントローラーのかわりにRaspberry Piに接続することで、Raspberry Piから操作します。Wi-Fiを使用し、モバイルバッテリーを電源にすれば、Raspberry Piは完全にワイヤレスになります。
 ラジコンの操作はChapter 7で行ったWebIOPiを使い、スマートフォンから行います。前後左右の移動のほか、ショベルを上下に移動させたり、クラクション(ブザー)が鳴るようにもします。またPWMを使って、モーターの速度もコントロールできるようにしましょう。急に難易度が上がりましたが、サンプルプログラムが用意されていますので、まずはそのままコピーして動かしてみてください。

Appendix 付録
 1. サンプルプログラムの使用方法
 2. NOOBSを使わずにRaspbianをインストールする方法
 3. ラズベリー・パイで使用したメモリカードを初期化する
 4. VNCでパソコンからリモートアクセス
 5. ディスプレイの解像度を変更する
 6. コンポジット端子のあるテレビで表示させる方法
 7. CPUの温度やクロック周波数を確認する
 8. 固定IPアドレスの設定方法
 9. RAMディスクを有効化する
 10. Raspi-congの設定(CUI編)
 11. メモリカードのバックアップ/リストア
 12. Bluetoothデバイスの使用


PAGE SAMPLE

raspi5-sample-1s
 
raspi5-sample-2s
 
raspi5-sample-3s
 
raspi5-sample-4s



===== 7月22日発売 Amazonでご予約いただけます =====


『赤外線リモコン送受信実験キット』がリニューアルしました

013630f167685094_o3

ミニリモコンと赤外線受光モジュール、赤外線LEDがセットになった『赤外線リモコン送受信実験キット』がリニューアルしました。従来のキットはGPIOポートからの電力のみで赤外線LEDを駆動していたため、遠くまで赤外線の信号を飛ばすことができませんでしたが、今回のキットでは新たに増幅回路が加わっています。

このキットを使うと、Raspberry Piでこんな実験ができます
・テレビのリモコンの信号を学習する(リモコン→赤外線リモコン受信モジュール→Raspberry Pi)
・リモコンの信号を送信する(Raspberry Pi→赤外線LED→テレビ)
・リモコンのボタンでRaspberry Piをコントロールする

使用例やサンプルプログラムはこちらの記事『赤外線でリモコンの信号を送受信する実験』にて公開していますので、よろしければこちらもご覧ください。

ブレッドボードやジャンパーやイヤーも付属していますので、Raspberry Piと本キットだけあれば、すぐに実験が可能です。

商品ページ:赤外線リモコン送受信実験キット 全部入り【メール便可】
販売価格:980円 (税込1,058円)

新しいRaspberry Pi Zeroはカメラモジュールが取付可能

pi0-v13

2015.5.16に新しいRaspberry Pi Zero(V1.3)が発表されました。新しいRaspberry Pi Zeroはカメラモジュール用のCSIコネクタが追加されており、すでに発表されている新しいカメラモジュール V2も接続することができます。ただしRaspberry Pi Zero専用のケーブルが必要となります。

IMG_5814

このほかのRaspberry Pi Zeroのスペックは旧バージョン(V1.2)と同じで、$5という価格も変わりません。現在のところ日本では販売されていませんが、海外発送を行っているショップ(PIMORONIAdafruitなど)で購入する方法もあります。


 Raspberry Pi Zeroでコンポジット出力を使用する方法 

IMG_5819TVと書かれた端子にコンポジット信号が出力されています。/boot/config.txt の「hdmi_force_hotplug=1」という行をコメントして再起動すると、映像がTVピンから出力されるようになります。ヘッダーピンを取り付けてRCAケーブルに接続してみてください。

Raspberry Piの参考書
  • ライブドアブログ