Raspberry Piブログ

オンラインショップ「ビクトリーセブン」による、Raspberry Piの話題が中心のブログです。

2016年7月22日発売!
 * 『ラズベリー・パイで遊ぼう!』発売のお知らせ * 

7月22日にRaspberry Piの新しい書籍『ラズベリー・パイで遊ぼう!』を出版させていただくことになりました。今回は Raspberry Pi 3 に合わせてリニューアル!Raspberry Piの基本的な使い方から電子工作の応用まで、盛りだくさんの内容となっております。

■商品名:ラズベリー・パイで遊ぼう!
■著者:林 和孝
■価格:2,160円(本体2,000円+税8%)
■ISBNコード:978-4-89977-448-8
■本のサイズ:A5/フルカラー320ページ
■発売日:2016-07-22

全国書店のほかAmazonラトルズネットにて販売中!

第6回 ドアが開いたらスマホにPUSH通知させよう - 連載 IoTサービス「Blynk」を使ってRaspberry Piをスマホからコントロールしよう

IMG_6616

第5回ではBlynkを使って、スマートフォン側からRaspberry Piのシャットダウンを実行しました。第6回ではドアや窓に開閉センサーを取り付け、ドアが開いたらスマートフォンにPUSH通知で知らせるようにします。

今まではスマートフォン側のアプリの操作がトリガーとなり、Raspberry Pi上でプログラムを実行させていましたが、今回は逆に、Raspberry Pi側のセンサーがトリガーとなり、スマートフォンに通知しなくてはなりません。そこで今回はBlynkにプログラムを追加します。

続きを読む

ケース入り配線つきリードスイッチ、磁石セットが入荷しました

「ケース入り配線つきリードスイッチ、磁石セット」が入荷しました。
窓やドアの開閉センサーとして使える、リードスイッチのセットです。スイッチ部分には磁石を近づけるとオン(導通)になるリードスイッチが入っており、磁石側の動きでスイッチがオン・オフされます。スイッチと磁石はぴったり付けなくても、1~1.5cm程度近づけば反応します。

109049234109049234_o3

たとえば壁側にスイッチを取り付け、ドア側に磁石を取り付けた場合、ドアが開くと磁石が離れるため、スイッチがオフになります。スイッチの状態の変化を調べることで、ドアが開いたか、閉じたか、といったセンサーとして活用することができます。

商品ページ:ケース入り配線つきリードスイッチ、磁石セット 【メール便可】

第5回 スマホからRaspberry Piをシャットダウンしよう - 連載 IoTサービス「Blynk」を使ってRaspberry Piをスマホからコントロールしよう

IMG_6609

第4回ではGPIOポートにセンサーデバイスを接続して、温度や湿度、気圧の測定を行いました。第5回ではスマートフォン側からの操作で、Raspberry Piをコントロールします。スマートフォン上のボタンを押すと、Raspberry Piのシャットダウンを行うシステムを作ります。

続きを読む

第4回 温度センサーを接続してグラフにしよう - 連載 IoTサービス「Blynk」を使ってRaspberry Piをスマホからコントロールしよう

IMG_6601

第3回ではCPUの温度やクロック周波数などのRaspberry Pi内部の情報を、Blynkを使用してスマートフォン上で見られるようにしました。第4回ではGPIOポートに温度センサーを接続して、Raspberry Piの外部から情報を取得します。

続きを読む

QIコネクタが付いた、1-wire温度センサー DS18B20防水タイプが入荷しました

ケーブルの先にQIコネクタが付いた、「1-wire温度センサー DS18B20防水タイプ」が入荷しました。 先端がピンになっていますので、はんだ付けをすることなくブレッドボードやソケットに接続できます。

DS18B20-WP-qi

商品ページ:1-wire温度センサー DS18B20防水仕様【メール便可】

第3回 CPUの温度/周波数/負荷状態を見よう - 連載 IoTサービス「Blynk」を使ってRaspberry Piをスマホからコントロールしよう

IMG_6583

第2回ではRaspberry Piに接続したLEDを、スマートフォンからBlynkを操作して点滅させました。第3回では逆に、Raspberry Pi側の情報をスマートフォン上で見られるようにします。

続きを読む

第2回 スマホからLチカをやってみよう - 連載 IoTサービス「Blynk」を使ってRaspberry Piをスマホからコントロールしよう

第1回ではBlynkのセットアップを行いました。第2回ではスマホから、Raspberry Piに接続したLEDを制御してみます。

今回は例として、GPIO 24にLEDを接続します。
breadboard-no2

続きを読む

温度/湿度センサーDHT22をRaspberry Piで使用する方法

DHT22 (AM2302) は温度と湿度が測定できる、1線式の温湿度センサーです。

温度センサーDS18B20も1本のデータ信号線だけで通信ができますが、DHT22は1-Wire方式ではないため、センサーからデータを取得するためのプログラムを作る必要があります。インターネット上で公開されているライブラリを使用すると簡単です。今回は例としてAdafruitのライブラリを使用することにします。(参考ページ

用意するもの
・DHT22
・抵抗 4.7KΩ
・ブレッドボード、ジャンパーワイヤー等

以下のように配線します。DHT22の1ピン(向かって一番左側)を3.3V、2ピンをGPIO 22、3ピンは未接続、4ピンをGNDに接続します。DHT22の1ピンと2ピンの間に4.7KΩの抵抗を接続します。

dht22

GPIO 22は例ですので、別のGPIOポートでもかまいません。変更した場合はサンプルプログラムのDHT_GPIOの値を変更してください。


必要なPythonのパッケージをインストールします。
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install build-essential python-dev
AdafruitのDHTライブラリをインストールします。
$ sudo git clone https://github.com/adafruit/Adafruit_Python_DHT.git
$ cd Adafruit_Python_DHT
$ sudo python setup.py install

準備ができたら、測定用のプログラムを用意します。テキストエディタなどで作成します。

ファイル名:dht22.py
#!/usr/bin/python
# coding: utf-8
import Adafruit_DHT as DHT

## センサーの種類
SENSOR_TYPE = DHT.DHT22

## 接続したGPIOポート
DHT_GPIO = 22

## 測定開始
h,t = DHT.read_retry(SENSOR_TYPE, DHT_GPIO)

## 結果表示
print "Temp= {0:0.1f} deg C" . format(t)
print "Humidity= {0:0.1f} %" . format(h)
DHT22のかわりにDHT11を使用する場合は、上記SENSOR_TYPEの「DHT.DHT22」を「DHT.DHT11」にすることで対応できます。

プログラムを保存したらパーミッションを設定し、プログラムを実行します。
$ chmod 755 dht22.py
$ ./dht22.py
Temp= 26.0 deg C
Humidity= 44.0 %

これでセンサーから取得した値が表示されました。

第1回 IoTサービス「Blynk」を導入しよう - 連載 IoTサービス「Blynk」を使ってRaspberry Piをスマホからコントロールしよう

IMG_6552-2

Raspberry Piは小型で消費電力も小さいため、センサーや様々なデバイスを接続して活用する「IoT」に適しています。GPIOポートにセンサーを接続してセンサーの値を読み取ったり、モーターを接続して動かすのはそれほど難しくありません。しかしこれをインターネットからコントロールしようとすると、様々な難題を乗り越えなくてはなりません。

インターネットからコントロールするためには…
・サーバー側のプログラムはどうするか?
・ファイアウォールの設定は?
・セキュリティは?
・スマートフォンのアプリはどうするか?

そこで活用するのがIoTサービスです。今回紹介する「Blynk」は、これらの面倒なことを全て引き受けてくれる、とても便利なサービスです。しかも無料で使用できます。(アプリ内課金もあります)

続きを読む

Raspberry Pi 3 Model B本体+ケース+書籍+16GB MicroSDセット」の販売を開始しました

IMG_6176

Raspberry Pi 3 Model B に、Raspberry Piを遊び倒すための必読書『ラズベリー・パイで遊ぼう!』と、メモリカード MicroSD 16GB、専用のケースをセットにした、これからRaspberry Piをはじめる方に最適なセットです。全320ページフルカラーの見やすい誌面で、Raspberry Piのセットアップから活用方法までをわかりやすく解説しています。

<セット内容>
  • 本体 Raspberry Pi 3 Model B本体(Element14版)
  • 書籍 ラズベリー・パイで遊ぼう!
  • ケース Raspberry Pi シェル型ケース (色: クリアー) ※変更可
  • メモリカード microSD 16GB class 10 (OSは入っていません)

今回、この基本セットに以下の特典をお付けしました。
  • 特典1 電子パーツセット
  • 特典2 書籍PDF入り オリジナルCD-ROM
  • 特典3 GPIOシート 3枚
  • 特典4 日本語簡易セットアップマニュアル

IMG_6180IMG_6182

この電子パーツセットを使えば、書籍で解説しているLEDの点灯実験(Lチカ)や、ボタン入力の実験ができます。 赤/黄/緑のLEDが2組分ありますので、プログラムを応用して交差点の信号機を作ったり、いろいろと応用も可能です。

詳細はオンラインショップのページにてご確認いただけます。

商品名:Raspberry Pi 3 Model B本体+ケース+書籍+16GB MicroSDセット
販売価格:7,980円 (税込8,618円)

Raspberry Piの参考書
  • ライブドアブログ