raspberrypi3-1

2016年2月29日、Raspberry Piの新機種「Raspberry Pi 3」が登場しました。新しいRaspberry Pi 3ではWi-FiやBluetoothが搭載され、CPUの性能も大幅にグレードアップしています。

Raspberry Pi 2 → 3 の主な変更点
  • CPU:Cortex-A7 ARMv7 32bit → Cortex-A53 ARMv8 64bit
  • クロック周波数:900MHz → 1.2GHz
  • Wi-Fi:なし → 802.11 b/g/n
  • Bluetooth:なし → Bluetooth 4.1、LE
形状やコネクタの位置については今まで通りのため、Pi 1 B+やPi 2用の周辺機器はそのまま使用することができます。形状が同じなので従来のケースにも収まりますが、ケースには注意が必要です。

Pi 1 Model B+やPi 2ではmicroSDスロットにロック機構があり、メモリカードを挿すときはカチッと音がするまで押し込み、抜くときも押すと自動的に飛び出していました。しかしRaspberry Pi 3ではロック機構がなくなり、抜くときは指先で引き抜く必要があります。

メモリカードが引き抜けるケース
pi3-case-ura-sd

microSDカードは後方に盛り上がった部分があり、ここにツメの先を引っかければ、スロットから引き抜くことができます。ところがケースによってはメモリカードが完全に隠れてしまうものがあり、一度挿すとケースを分解しないと取り出せなくなってしまいます。

メモリカードが引き抜けないケース
pi3-kakure-1

<解決策は??>

このようなケースを使用している場合は、メモリカードにテープを貼り付けるのが一番簡単な方法です。裏と表の両側から挟み込むように貼ると剥がれにくいです。ケースの中に完全に隠れてしまっても、飛び出ているテープをつまんで引っ張れば取り出すことが可能です。

pi3-kakure-3pi3-kakure-2

あまり奥までテープを貼るとRaspberry Pi 3のスロットに引っかかってしまうので、メモリカードとの重なりは2mmくらいがよいでしょう。


なお、当ショップで販売中のケースは、普通にメモリカードが取り出せるタイプは対応機種のところに「 Raspberry Pi 3」、取り出しにくいタイプは「 Raspberry Pi 3」と記載しています。しかしのタイプでも、この方法を使えば取り出せますので使用は可能です。