2007年05月27日

アポカリプト

b782c4db.gifそういえば、メル・ギブソン監督の「アポカリプト」が入荷しました。

前々から、
「早くブログに書いて、この映画の面白さを皆さんに知らせなきゃ!!!」
と思っていたのですが、ナンダカンダで遅くなってしまいました。あと、三週間で日本公開です・・・・
たしか、豚のキンタマを生で喰ったり、チンコに唐辛子を塗って、インポを治そうとする男の一生を描いた作品だったと思います。
それで、「子連れ狼 死に風に向かう乳母車」みたいに首をはねられて、絶命するまでを主観映像で再現してみたり、さらにその首をはねられた人が「蒲田行進曲」のヤスよろしく、階段落ちしたり、「メルギブは、蒲田行進曲も見てるのか!すげぇな!」っと思いました。あと、黒豹が襲ってくるとこは、松島トモ子っぽかったです。ミネラル麦茶までチェックしてるとは・・・・メルギブすげぇな!!メルギブカッコいい!!銀ちゃんカッコいい!!

アポカリプトの二つ折りチラシの表には、麦わら帽子をかぶって遠くを見つめるメルギブがドーン!!裏には「マヤブーム到来!!」ドーン!
マヤブーム!?いったいどんなブームなんでしょうね・・・・気になります。
映画を観ればわかると思うのですが、アポカリプトではマヤ文明は野蛮で残酷な文明として描かれています。
いけにえの首をチョン切ったり(ある意味ブームですが)
えーっと、後はなんだ・・・えー・・・・うまいこと書こうと思ったのですが、ダメでした・・・
あと、せめてカッコいい画像でも貼っておこうと思ったのですが、いい画像が見つからなかったので、明日の天気図でも貼っておきます。

ミヤ・ジョボビッチ  

Posted by videma2 at 18:23Comments(0)TrackBack(0)

2007年05月24日

子供を大切に

大人達はいつだって僕らを大事にしてくれない。
大人達は身勝手で自分のことしか考えず、僕らを傷つけてばかり。
コインロッカーベイビー?赤ちゃんポスト?クソ喰らえ!
こうなったら大人達に復讐してやる!大人達は皆殺しだ!
これからは邪魔な大人達は消え、子供による子供のための世界を創ろう!

そんな子供達の怒りを描いた映画といったら「ザ・チャイルド」。しかし、子供達が大人共を殺しまくるチビッコマサカー映画はこれだけじゃない!もっと残忍な方法で、無邪気に、大人共を、殺す映画、

それが
「無邪気な悪魔におもちゃが8つ(DEVIL TIMES FIVE・1974年) 」
だ!!無邪気ジャケ














8人の大人達がバカンスを楽しむロッジに5人の無邪気な子供たちがやってくる。どうやら5人は山で道に迷ったらしく、大人達は中へ招き入れ、食事を与える。しかしその5人は、感化院から護送中逃げ出して山をさ迷っていた札付きの悪ガキ共だった。そして大人たちは1人、また1人と「無邪気な悪魔」たちのおもちゃとして残忍にもて遊ばれていく・・・

子供達が次第にその本性を現し、大人達を残忍な方法で1人1人殺していくのは、今見ても衝撃的。大人は「子供だから・・・」と油断し調子こいてるので、簡単に殺られてしまう。その方法も、

薪割り用の斧で親父の後頭部をブスッ!
無邪気斧






バスタイム中のマダムを湯船に沈め、中にピラニアを放流!
無邪気ピラニア






足と手を虎挟みにやられている所を、後ろから首をかっ斬る!
無邪気首切り






マダムに灯油をブッ掛け、燃やす!
無邪気燃える






これらの他にも様々な残酷シーンがてんこ盛り!



無邪気1






コイツも、

無邪気2






コイツも、

無邪気3






コイツも、

マチューテ





あっ、間違えた!コイツは違った!

無邪気4






それからコイツも、

みんな、皆殺しだ!

もう大人達の時代は終わった!!



無邪気タイトル






(物体XXX)  
Posted by videma2 at 19:59Comments(0)TrackBack(0)

2007年05月22日

おかーさーん

前回触れました「江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間」DVDですが、あんなこといってたら、発売日と特典内容も発表された模様!

奇形dvdジャケはショック描写は少々抑え目、中々シックな仕上がりでいい感じ。と思ったらリバーシブルジャケットということで、裏っかえせばオリジナルポスターのイメージになるとの事。








奇形ポスターこれは嬉しい。外国の方も分かってらっしゃる。
そして塚本晋也、河崎実出演のドキュメンタリーや音声解説なども充実。


待ちに待ったXデーは8月28日!

ああ楽しみだ!!




そしてもひとつ、これも待望度の高いタイトル、
混血児リカ」も発売日が8月14日に決定!!
rica










いやあ、今年の夏は熱くなりそうだなあ。

(ポルノスキー)

  
Posted by videma2 at 16:51Comments(0)TrackBack(0)

2007年05月17日

怪談昇り竜!!大量入荷!!

昇り竜前回のエントリーでもお知らせしましたとおり石井輝男監督の超カルト作
怪談昇り竜
が大量入荷しましたよ。

任侠仇討ちもののストーリーを下敷きに、黒猫の呪いで次々と人が死に、発狂し、なぜか見世物小屋のフリークたちが跳梁跋扈する、という摩訶不思議な展開を、豪快に脱線しまくりの、そして血のり爆発悪趣味演出で見事に描き切る。

有無を言わせぬテルオ節が堪能できますよ。

主演の梶芽衣子、佐藤充の確かな演技は勿論、
脇役の濃度が異常に高い!
盲目の女剣士をクールな存在感で演じるホキ徳田を始め、
山高帽にネクタイ、下半身は赤フン姿のチンピラ親分内田良平、
「恐怖奇形人間」に続いて、せむし男と言う飛び道具的役所で
異彩を放ちまくる土方巽などなど。
土方

怖いぃ。


タイトルのインパクトとしては「奇形人間」と比べると
少々弱いですが、内容は全く引けをとらないトラウマ映画!


そして皆さんに嬉しいお知らせ。
こちらのDVD、表記はリージョン1なんですが、
確認したところリージョンALLでした!!

ですのでリージョンフリーのDVDプレーヤーを
お持ちで無い方でも普通にご覧いただけます!!


さあお次は「恐怖奇形人間」のリリースを待つばかりだア!!

さていつになる事やら…

(ロマン・ポルノスキー)
  
Posted by videma2 at 18:19Comments(0)TrackBack(0)

2007年05月11日

昭和邦画特集

近々、石井輝男監督、梶芽衣子主演の「怪談昇り竜」のDVDが入荷します!
そこで、今日は最近入荷したオススメ邦画中古ビデオを紹介します。

「血染の代紋」
「人斬り与太 狂犬三兄弟」
「現代やくざ 人斬り与太」
「兄弟仁義 関東三兄弟」
「爆発!暴走族」
「東京ギャング対香港ギャング」
「暗黒街の顔役 十一人のギャング」
「東京ふんどし芸者」
「温泉スッポン芸者」
「温泉あんま芸者」
「やくざ刑罰史 私刑!」
「徳川女系図」
「兇状流札ドス」
「ガンマー第3号 宇宙大作戦」
「嗚呼!花の応援団」
「地獄の天使 紅い爆音」
「極道VS不良番長」
「不良番長 口から出まかせ」
「不良番長 手八丁口八丁」
「不良番長 やらずぶったくり」
「不良番長 送り狼」
「不良番長 出たとこ勝負」
「山口組外伝 九州進攻作戦」
「日本暴力団 組長と刺客」
「関東テキヤ一家 天王寺の決斗」
「地獄」(神代辰巳監督)
「音楽」
「ドーベルマン刑事」
「ゴルゴ13 九竜の首」
「少林寺拳法」
「極真拳」
「激突!殺人拳」
「殺人拳2」
「戦後猟奇犯罪史」

などなど!
お値段は・・・・・ご来店お待ちしております!  
Posted by videma2 at 20:37Comments(0)TrackBack(4)

2007年05月04日

非・入門的映画ガイド

スタジオボイス
5/7発売の雑誌「STUDIO VOICE (スタジオボイス)」6月号の特集は非・入門的映画ガイド。『悪魔のいけにえ』という映画史的事件!と題して、間もなく待望の国内版DVDリリースを迎える『悪魔のいけにえ』を6ページにわたり取り上げております。

ビデマもちょこっとお手伝いした『悪魔のいけにえ2』のチョップトップことビデマ永世ベストアクター、ビル・モーズリィ氏のインタビューも掲載!なかなか興味深い内容となっておりますのでぜひ読んでみて下さいね。

なお、記事中、ビル氏にホラー映画ベスト5を選んでもらっておりますが下記の通り訂正がございます。

誤→1位「悪魔のいけにえ2」
正→1位「悪魔のいけにえ」
  
Posted by videma2 at 15:20Comments(0)TrackBack(0)