ニュース
VIP・ν速・他
ニュースサイト・動画・他   ブログランキング乙



【テレビCM】学研のおばちゃん(1997年当時)



 学研教育総合研究所は子どもの「理科離れ」を食い止め、さらに理科が好きな子どもを増やそうと、どのような家庭の子どもが理科が好きな傾向にあるのか調査した結果、自然の多いところに出かけたり図鑑を見たりする活動を頻繁に行った子どもほど理科が好きであることが「小学生白書Web版」2012年7月調査より明らかになった。

 同調査は2012年7月下旬に、マクロミルの協力を得て、全国の小学6年生の子どもと同居する2,240名を対象に回答を依頼し、都市部400名、地方部600名の回答が集まった時点で終了した。また男女比については都市部男子200名・女子200名、地方男子300名・女子300名とした。データを精査した結果、有効回答は1028名となり、これを母数として全体の分析を行ったという。

 「あなたのお子さんは、理科が好きですか」という回答結果と理科の学習に影響を及ぼすのではないかと考えられる8つの活動(※)について「とても好き」の場合には3点、「まあ好き」には2点、「あまり好きではない」には1点、「まったく好きではない」には0点を与え、回答者ごとの合計得点(理科活動得点)を算出した。その分布に基づいて全体が約3等分となるように「低群」、「中群」、「高群」の3グループに分割した。

 その結果、日頃理科的な活動を行っている「高群」は95%、「中群」は74.9%、「低群」は48.7%が「理科が好き」と回答しており、日頃から理科に関連するような活動を頻繁に行った子どもは圧倒的に「理科が好き」ということが言える。

※8つの行動とは、「野原や空き地、里山、川などの自然の多いところに出かけたり、遊んだりすること」「博物館や美術館、図書館に行くこと」「天体や気象の観測・観察をすること」「科学や理科に関する本を読んだり、図鑑を見たりすること」「科学や理科に関するテレビ番組を視聴すること」「身の回りにある日常品や自然のものを使って、おもちゃなどを作ること」「機械の製作・修理や分解をすること」「植物や動物、昆虫を育てること」を指す。


学研総合研究所調査、「理科離れ」の理由とは
RBB TODAY 10月20日(土)15時41分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121020-00000011-rbb-sci



2012/10/20(土) 17:47
「数学と並んで極めたら将来金になる科目だぞ」と教えてやれ(笑


2012/10/20(土) 20:07
学研だから言うわけではありませんが、「科学と学習」の「科学」がなくなったからだと思いますよ



子供の頃、電池を繋いでニクロム線を加熱して、それで発泡スチロールを好きな形に形成する付録とか、本当に楽しかった。



同級生なんか、みんな、理科系になりましたもの。



2012/10/20(土) 20:29
理科と社会は、教える先生によって好き嫌いが変わることが多い教科な気がする。

両方とも、教科書だけで真面目にされると全然楽しくないけど、

日常の事象や遊び要素のある実験、ネタ話などを踏まえて、面白くすると好きになる。

教員の素養が教育そのものの将来を握るんでしょうね



2012/10/20(土) 17:38
身近な話題として触れることこそ、興味を抱くきっかけになる。清潔さを求める動きも、度が過ぎるとこういう弊害が出るのだ。


2012/10/21(日) 8:38
小中学校の実験って教科書通りいかないことも多いけど

だからって説明もなく進んでしまって、

子どもながらにこんなんなら実験なんかしないで最初から公式だけ教えろと思った。



歴史に名を残す科学者が、必ずしも成績優秀ではない理由を、文科省はもうちょっと真剣に考えるべきだと思う。



2012/10/20(土) 21:42
文系は飯の種に成りにくいぞ。

手に職を付けたいなら理系だ



2012/10/20(土) 21:08
学研の「科学」を復活させて欲しいな。

少子化でコストと販売数が合わないのであれば、たとえば

小学生低学年向け(1,2,3年)/高学年向け(4,5,6年)/中学生向け

あるいは

小学生低学年向け(1,2年)/中学年向け(3,4年)/高学年向け(5,6年)/中学生向け



にして、付録などのテーマを2、3年周期にするとかすればなんとか乗り切れないか・・。

複数学年で縦断的に同じテーマに触れることで上級生が下級生に教えることで知識が深まるし学年間の交流にもつながると思う。



2012/10/21(日) 0:20
理科離れ

1.教師が理科を教えるのが下手

2.高校に入ると急に難しくなる

3.文系の方が大学受験が楽

4.就職、出世上で理系のメリットが薄い。論理的思考よりコミュニケーション能力

5.出世に不利(政財官界の有力者の大半は文系、というか理系は皆無)

高校に入ると抽象的な内容が多くなる。そこでつまづかないように工夫が必要。

最大の要因は、文系の方が大学受験が楽なため。

出世する人は文系ばかり、というのも野心と能力に恵まれた子供が文系になる要因。



2012/10/20(土) 20:54
まだかなまだかなー

学研のおばちゃんまだかなー



2012/10/21(日) 13:40
理科なんて小学生の低学年の間に、これが面白いと思わせられるかどうかだろ

教科書を読んでいるだけなら、国語と変わらん。

それだけなら物語がある分、国語のほうが当然面白い

理科は知識を実体験できるから面白いんじゃないか。

それが出来る唯一の教科といってもいい。

算数は結局ロジックをやっているだけだし、社会も知識を実社会の比較でしかない。

教えられたことを、『自分』で『実証』出来る、この面白さを教えない限り無理。

実験やらないんだもん、面白くもなんともない教科になっているよ、理科は

小学生低学年なんて比較的安全な実験やらせて、遊ばせていればいいんだよ



2012/10/21(日) 8:34
子供たちが興味を持つように楽しく教えられる教師がいないのが最大の理由。



本来、理科は生活と密着していて面白い教科。



2012/10/20(土) 19:33
理系を受験の必須科目にすれば全て解決。


2012/10/21(日) 14:52
人間の本来的な性質は「模索し創造する生き物」である。フンボルトの名言である。

つまり生まれながらにして人間は科学者だと解釈できるのだ。



学術を文系・理系と無意味な二分法で分けることの是非はさておき(非というかナンセンスに決まっているが)理科離れという現象が起きているとするならば、それは教育制度の性質に起因しているといえる。



丸暗記詰込み教育、意味不明に公式を覚えさせられてテストに受かるためだけに定理を覚えさせられるようなことをやっていれば科学に対する興味など育つわけがない。



小学生に「太陽とは何か」「宇宙はどうやって始まったか」「進化とは何か」といった原則的な科学的事実を平素な言葉で説明してやるだけで、興味を持つ子供は増えていくはずだ。数学が苦手な科学者だっている。アインシュタインは計算が苦手だった。物理学者は計測を年がら年中間違える。



興味さえ持たせれば人間は勝手に学習していく。



2012/10/21(日) 15:42
文系は楽だからね…

あと、理系はなぜか待遇がよくない。



2012/10/21(日) 1:31
理科どころか勉強離れしてるんじゃないの?

詳しいのはスマホだのネトゲだの楽しいモノばっかりだろう。






学力低下は錯覚である
学力低下は錯覚である森北出版
神永 正博
2008-06-27
ランキング : 39253

Amazonの商品情報を見る by amapola


理系のための人生設計ガイド―経済的自立から教授選、会社設立まで (ブルーバックス)
理系のための人生設計ガイド―経済的自立から教授選、会社設立まで (ブルーバックス)講談社
坪田 一男
2008-04-22
ランキング : 85255

Amazonの商品情報を見る by amapola





2012年10月22日 00:10 │ ヤフコメTOP↑

トラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/video_news/1806104


アクセスランキング
QRコード
QRコード
Info

・不定期更新です。あしからず

・掲載動画とソース記事は、同内容とは限りません

・記事へのコメントにはIPを表示することがあります

about