福知山花火大会での露店爆発事故で、ガソリンが漏れて炎上した 213/08/18



福知山花火大会の爆発事故【真相】ガソリンが噴出して爆発するまで

 福知山市の花火大会で露店が爆発し、3人が死亡、55人が負傷した事故で、負傷した名古屋市の小学生の兄弟と母親(41)が23日までに京都新聞社の取材に応じた。6年生の長男(11)はとっさの機転で1年生の次男(6)を爆発現場から遠ざけたため、次男は軽傷で済んだ。長男は重いやけどを負ったが、「とにかく弟を助けたかった」と振り返った。

 兄弟は当時、火元のベビーカステラ店から約50センチしか離れていない堤防の階段に座っていた。店主が「ちょっとごめん」と言いながら、人混みをかき分けて階段に置かれていたガソリン携行缶と発電機に向かった。携行缶周辺から「カンカン」と缶をたたくような音が聞こえた後、「シュー」という音がし、霧状の冷たい液体が腕や脚にかかった。

 ボンと爆発音がし、長男は背後に熱を感じた。熱風が迫る中、次男を目の前の河川敷方向に押しやり、由良川目指して一緒に全力で走った。川近くで転び、次男が「お兄ちゃん、大丈夫」と駆け寄ったが、「大丈夫やから川に入れ」とその背中を押した。次男は四つんばいで川の中に入り、長男も川に飛び込んだ。

 逃げるタイミングが遅れていたら、次男は熱風による大やけどや引火の危険があった。母親は「次男を逃がしてくれた長男がいとおしい」と振り返る。

 母親と長男は両腕と両脚に重いやけどを負ったが、次男は右腕の軽傷だった。長男は「まだ弟から、ちゃんとお礼は言われてないけど」とはにかむ一方、「(主催者には)僕が激痛で叫んでいる時を見てほしかった。僕たちをこんなひどい目に遭わせて腹が立つ」と声を震わせる。

 母親は「被害者に事故の終わりは見えない」と話し、生活補償や再発防止に向けてほかの被害者との連携を探りたいという。


小学生の兄、機転で弟救う 福知山露店爆発
京都新聞 9月24日(火)8時39分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130923-00000018-kyt-l26

小学校に通うなど日常生活が戻りつつあるが、長男の手足にはまだやけどの跡が残る(名古屋市)
http://amd.c.yimg.jp/im_siggdj6bKvGM8amkZNWl49bUGw---x127-y200-q90/amd/20130923-00000018-kyt-000-1-thumb.jpg



2013年9月24日 11時48分
加害者がいつからか主催者になってないかい?
露店商のアホなオッサンが原因じゃね?
そりゃ主催者側にもある程度の責任はあるけど
そもそもは無知な露店のオッサンが悪い!
オッサンと露店商の団体はどこへ隠れた?
やっぱりあちらの人種か?



2013年9月24日 11時09分
この事件の不気味なところは、報道があまりに限られているところにある。事件当時から、直接の加害者もその関係者も負傷を理由に何の声明も発することなく、マスコミもそれを追わずに、代わりに全国で冷蔵庫に入ったアルバイトを探すのに血道をあげていた。そして、報道されるのは被害者の語る悲惨なエピソードばかり。

不幸な事故が起これば、せめてそれをレッスンとして、その後の防止に努めるべきだと思うのだが、この報道ではそれも難しい。祭りなどのイベントにおける安全管理が形骸化していたことと、参加する商売の管理がザルであったこと(ただし決してうっかりではない)。この二つは、これからも、全国でいくらでも同様の場合が起こりうる。それらを合わせた最悪の結果として、今回のような悲劇が起こりうる。ならばこの状況の全容を解明してこそ有効な対策が全国規模で講じられるのではないか?存命である被害者たちがそれを望まないはずはない。



2013年9月24日 12時24分
この(主催者には)ってのは本当なのかな。
俺がこの子だったら直接「露店主には腹が立つ」って言いたいところだが。
他の新聞の記事見ても怒りの矛先が主催者になってるけど、なんか違和感がある。



2013年9月24日 16時04分
それはマスゴミお得意の捏造では


2013年9月24日 13時41分
マスコミ的には終わった事件のように扱われているが、お祭は身近なことだけに、もっと追いかけるべき。
事故に遭われた方々は無論お気の毒たが、燃える怖さ、入院時、また、仕事、勤務は再びできるのか、想像するとその場にいなかった私も本当に恐ろしくなる。



2013年9月24日 15時28分
露天商が悪いのはもちろんだが、なぜ露店や発電機のすぐ側で花火を観覧するのか理解できない。
普通は露店エリアと観覧エリアって分かれているもんだと思う。
観覧に適した場所から露店を離して営業させればよかったのに。
主催者にも多少なりとも責任はあるかも。



2013年9月24日 16時20分
>福知山市の花火大会で露店が爆発し、3人が死亡、55人が負傷した事故

と、まるで爆発が起きた事によって死傷者が出たかの様に書かれていますが、その人身に及んだ被害の多くは、露天商の店主が携行缶の取り扱いを誤った事で撒き散らされたガソリンの火災によるものではなかったのでしょうか?



2013年9月24日 15時42分
他の人もコメントしているが、いつの間にか加害者が花火大会主催者になっている。それに加えて、露天商組合、露天商自身の謝罪どころか情報は一切報道されないのはなぜか?
もう事故から1カ月以上経過しているにも関わらず、これでは情報隠匿、操作されていると勘ぐられても仕方がない。






「本当のこと」を伝えない日本の新聞 (双葉新書)
「本当のこと」を伝えない日本の新聞 (双葉新書)双葉社
マーティン・ファクラー
2012-07-04
ランキング : 11763

Amazonの商品情報を見る by amapola


報道の脳死 (新潮新書)
報道の脳死 (新潮新書)新潮社
烏賀陽 弘道
2012-04-17
ランキング : 170384

Amazonの商品情報を見る by amapola