ニュース
VIP・ν速・他
ニュースサイト・動画・他   ブログランキング乙



まとめサイトに根拠なき医療記事 DeNA謝罪会見(16/12/07) ANNnewsCH



 NHKは2017年2月26日夜、生活情報番組「ガッテン!」の22日の放送で、ある特定の睡眠薬を飲むことで「糖尿病の治療や予防ができる」などと伝えた件について、番組公式サイト上に謝罪文を掲載した。

 番組の放送後、医療現場を中心に放送内容を問題視する声が相次いでいた。今回の謝罪文でNHKは「(番組の内容に)行き過ぎた表現があった」ことを認め、「皆様に誤解を与え混乱を招いてしまった」と謝罪している。NHK広報局によれば、28日に予定していた再放送は取り止めるという。

■医療現場でも「問題」になっていた
 問題となった「ガッテン!」の特集は、「血糖値を下げる!デルタパワーの謎」と題したもの。番組では、ある特定の睡眠薬に焦点を当て、この薬を飲むことで血糖値を下げる効果のある脳波が強まり、糖尿病が治療できるなどと説明していた。

 番組に出演していた医師は放送中、紹介した睡眠薬について「新しいので安全性が高い」として、糖尿病患者でも「わりと気軽に飲める」と発言。また、テロップでは「睡眠薬で糖尿病が治療できる」との説明が出ていたほか、番組MCの立川志の輔さんも、
  「糖尿病、糖尿病予備軍の方、これで安全に血糖値を下げることができます!」
と明言していた。

 このように、特定の睡眠薬の使用を推奨しているような番組の内容について、放送後のツイッターには医療関係者を中心に番組内容を問題視する声が殺到。J-CASTニュースは24日の配信記事でこの問題を取り上げ、複数の専門医に見解を聞いたが、いずれも番組の内容に批判的だった。また、都内のある糖尿病専門医はその際、
  「臨床の現場で問題になっている」
として、睡眠薬の処方を希望する患者が増えたことで対応に追われる医療機関が出ていることも指摘していた。

 そうした状況の中、NHKは26日夜になって番組公式サイト上に「『最新報告!血糖値を下げるデルタパワーの謎』をご覧になった皆様へ」と題した謝罪文を掲載。放送後に多くの指摘を受けたとして、一連の経緯の詳細な説明と謝罪を行っている。

「皆様の誤解や混乱を招き、ご迷惑をおかけしたことを深くお詫びします」
 謝罪文の冒頭でNHKは、番組の趣旨について「睡眠を改善することで血糖値が下がる」という研究データを紹介するものだったと説明。しかし、実際の番組では睡眠薬を飲むことで糖尿病が治療できるといった「行き過ぎた表現や短絡的な表記」があったとして、
  「あたかも睡眠薬を糖尿病の治療や予防に、直接使えるかのような誤解を与えてしまいました」
と放送内容に問題があったことを認めている。

 また、番組中では「副作用の心配が非常になくなっている」などの説明があった。この点について謝罪文では、悪夢や頭痛などの報告例は出ているとして「大変不適切でした」とお詫びしている。

 なお、問題となった「ガッテン!」の放送をめぐっては、番組で紹介した睡眠薬をめぐる「ステマ疑惑」も指摘されていた。番組では、製薬会社のMSD(東京都千代田区)が2014年に発売した「ベルソムラ」という特定の睡眠薬を商品名が分かるように取り上げていたことから、
  「がっつりベルソムラの宣伝です。監修医はMSDとCOI(編注・利益相反)関係にあるんでしょうか?」
などと疑う書き込みがネット上に数多く出ていた。

(以下略)

NHKガッテン、再放送を中止 「睡眠薬で糖尿病治療」行き過ぎ表現で謝罪
J-CASTニュース 2/27(月) 14:24配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00000001-jct-soci



2017/02/27 15:28
これ見てましたが番組で睡眠薬を安易に勧めることには確かに疑問を感じました。副作用が少なくても習慣化してもっと強い薬でないと効かなくなる可能性もゼロではないと思います。番組制作はもっと慎重に取り組んで欲しい。


2017/02/27 15:32
この手の番組、明らかにネタが苦しい。
病気が絡む内容はやめた方がよい。料理のウラ技くらいが罪が無い。



2017/02/27 18:13
本来は健康改善の正確な情報が欲しいのに、この番組はクイズ形式でだじゃれや変なガッテンを連打して本当にワイドショー的だ。
しかし、専門の医師や権威がある方々のコメントのほか、そのような方のゲスト出演で健康情報番組のようになっている。
その曖昧な作りとネタの苦しさ、受け狙いがこのような問題を起こすように思う。

先日の、カルシュウムを毎食前にとると高血圧に効くとして牛乳を毎食前に飲んでいた弟が医師に「高脂血に偏る」と言われたと話していた。

私は、観たい内容の時は録画しておき、だじゃれやガッテン連打、関係ない世間話のような不要な部分は早送りで飛ばし観ることが多い。



2017/02/27 16:37
NHKって本当トラブル多いですね。


2017/02/27 17:51
NHKって以前からステマすれすれの事やってる。
ナレーションでは「某百貨店で」と名前を隠した言い方してるのに、画面では客に扮した人が、ロゴがガッツリ見えるように袋を持ってカメラの前を通り過ぎたり。



2017/02/27 14:38
いやいや・・・
普通、打ち切りでしょ・・・・



2017/02/27 17:01
ガッテンって5分にまとめられる内容を45分で放送してるよね


2017/02/27 18:10
全て簡単に出来ると言う内容になっている。
民放のレベルだ。NHKは最近おかしくないか? NHKに出て来る芸能人はギャーギャー騒ぎ過ぎ。NHKの番組をあまり見なくなった。



2017/02/27 15:18
「ベルソムラ」っていう睡眠薬を名前がわかるように放送した事の宣伝効果から、後にステマじゃないかと疑われ、ネットで騒ぎになることを差し引いてもプラスになるなら、やったもん勝ちみたいな感じになるのが解せないなぁ。


2017/02/27 15:30
昔の話だけど、関テレが似たようなことをやらかした時はかなり厳しい処分が出た。公共放送ならなおさら厳しい処分をするべきだと思うよ。国は民放には厳しくNHKには甘いのかね。


2017/02/27 17:30
訂正番組を放送しないと、問題は解決しない気が。


2017/02/27 17:35
NHKって最近こういった作りこみの甘い番組が多くない?
得意の丸投げ制作の影響かもね。



2017/02/27 18:15
番組公式HPで謝罪するだけでいいのかな?
お年寄りとか見ないし、自分もYahoo!ニュースで初めて知っただけだし、もっとやるべき事があるんじゃないの?



2017/02/27 17:26
あるある大事典でもあったけど、もうTVが信用されなくなってどんどん国民的番組が終わってる理由がわかる出来事。


2017/02/27 17:53
新聞の記事、社説も当てにならない。ニュースでも、街角のインタビューでも意見の選択次第でイメージが変わる。


2017/02/27 16:27
受信料をこんなバラエティ番組に使うのは不適切ではないか?違法ではないのかもしれないが。


2017/02/27 17:33
ウソと誤解は違うものだと思うが。
ウソとは認めないんだね。
受信料問題と同じで。



2017/02/27 18:30
高い受信料を徴収して

これだよ(-_-)



2017/02/27 18:17
ガッテンは、最近は商品紹介番組と化している。


2017/02/27 15:07
昨年リニューアルしてからなんか凄く安っぽい作りになった気がする。NHKは科学番組とか多いからスタッフが充実してたはずなんだけど、自分達が楽して給与(原資は受信料)貰いたいから下請けに出しているのかな?


2017/02/27 16:48
公共放送局の自覚が他の番組を含め、希薄になっていると感じる。
例えば看板番組の朝ドラにしても随分酷い内容になっている。
自主規制能力がかなり減退している。



2017/02/27 17:12
「睡眠を改善することで血糖値が下がる」と「睡眠薬で糖尿病が治療できる」では大きく違う。
行き過ぎではなく誤った表現。



2017/02/27 16:56
NHKって金とって下種な話題を振りまくって最低ですね。
民法と何が違うのでしょうか?



2017/02/27 15:43
もうテレビの情報は信じてません。





【マスコミ】佐村河内氏「NHKスペシャル」 番組制作は外部の契約ディレクター (産経)
2014/02/20 18:31
下請け丸投げだから、検証番組も不可能だろ。国民の受信料で手抜き番組作るって最低だな。早くスクランブルかけろよ。

NHKの不祥事 - Wikipedia


ディー・エヌ・エー - Wikipedia
守安社長は、運営体制・方針が共通している9メディア(WELQ、iemo、Find Travel、cuta、UpIn、CAFY、JOOY、GOIN、PUUL)のマニュアルやライターへの指示などに、「他サイトからの文言転用を推奨していたと捉えられかねない点があった」として公開を停止し、守安社長の報酬減額を発表した。

毎日デイリーニューズWaiWai問題 - Wikipedia
2008年(平成20年)に表面化し、同コラムの閉鎖、担当記者や上司の昇進、公式ウェブサイト配信分に関する「毎日新聞社社内調査結果の公表」などに発展した。
毎日新聞では、最終的に自社の公式ウェブサイト上に掲載されていた謝罪文において、改変や創作、捏造があったと公式に認めている。

中日新聞、捏造と認定 記者「貧困のエピソード足りず」:朝日新聞デジタル
同社は30日付の両紙朝刊に取材の過程や削除に至った経緯などの検証記事を掲載した。29歳の男性記者による「捏造(ねつぞう)」「自作自演」があったと認定。「読者や取材先よりも作り手の都合や論理を優先する姿勢が浮かび上がった」と結論づけた。

朝日新聞 - Wikipedia > 捏造が認められた報道

“フェイク・ニュース”の脅威 - NHK BS1 キャッチ!世界のトップニュース 特集ダイジェスト
どうするネットの「偽ニュース」:日本経済新聞


歪曲報道: 巨大メディアの「騙しの手口」 (新潮文庫)
歪曲報道: 巨大メディアの「騙しの手口」 (新潮文庫)新潮社
高山 正之
2015-11-28
ランキング : 13182

Amazonの商品情報を見る by amapola


NHKが日本をダメにした (詩想社新書)
NHKが日本をダメにした (詩想社新書)星雲社
武田邦彦
2014-12-05
ランキング : 30446

Amazonの商品情報を見る by amapola


内側から見たテレビ やらせ・捏造・情報操作の構造 (朝日新書)
内側から見たテレビ やらせ・捏造・情報操作の構造 (朝日新書)朝日新聞出版
水島宏明
2014-11-13
ランキング : 166091

Amazonの商品情報を見る by amapola




2017年02月27日 22:50 │ ヤフコメTOP↑

トラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/video_news/1974050


アクセスランキング
QRコード
QRコード
Info

・不定期更新です。あしからず

・掲載動画とソース記事は、同内容とは限りません

・記事へのコメントにはIPを表示することがあります

about