マンガでわかる 本気で売れるためのヒロユキ流マンガ術 解説配信

「今のマンガ家って売れても儲からないんですか?」 『アホガール』のヒロユキ先生に聞く、マンガの現状(ねとらぼ) - Yahoo!ニュース
9/14(金) 9:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180914-00000005-it_nlab-sci

 マンガが売れない、初版が減少している、漫画村騒動……マンガ業界に関するネガティブな話題がSNSを中心に目立っています。そんな風潮に対し、『週刊少年マガジン』で『アホガール』を連載していた、漫画家のヒロユキ先生がTwitterで、「まじでもう、マンガは売れても儲からないみたいなデマやめようぜ…」と一石を投じて話題になりました。

「まじでもう、マンガは売れても儲からないみたいなデマやめようぜ…。ほんと将来の自分たちの首をしめるだけだって…。業界に人いなくなるよ? 売れれば儲かるよ…。 ツイッター見ててマンガ家に憧れなくなるのやばいよ。」(ヒロユキ先生のTwitterより)

 今回はヒロユキ先生にその真意を伺うべくインタビューを実施。マンガ家ってもうかる商売なの? 同人の方がいいってホント? 電子書籍よりも紙の本で買ってほしいのが本音? など、マンガ家という職業について、忌憚なくアレコレ訊いてきました!(文・インタビュー:かーず)(※編注:ヒロユキ先生とかーずさんは10年来の顔見知り)

「漫画業界厳しい」はホント?
── 「今のマンガ業界は、初版の発行部数が削られて収入源で厳しい状況になっている」というのは本当でしょうか。

ヒロユキ先生(以下敬称略):紙の部数が落ちているのは事実です。でも自分のケースでは初版の部数が「10」とすれば、電子が「5」くらい売り上げているんです。その「5」を乗せれば、入ってくるお金はそこまで減っているとは感じていません。もちろんその時描いてるマンガにもよるので一概にこうとはいえませんが。

 電子書籍はヒキの強いストーリーマンガやエロ、グロが強いと聞きます。僕の作品は一話完結のギャグマンガで、これって電子書籍のジャンルでは弱い方なんですが、それでも2対1にはなっています。

―― 電子書籍でもっと伸びているタイトルもあると。

ヒロユキ:はい。しかも紙では埋もれていた作品が、電子書籍でバナー広告を打つことでガツンと伸びて、紙に売上が跳ね返ってくるパターンもあるようです。紙だけで見ると発行部数は下がっていますが、電子書籍がなかったらそもそも売れなかった作品もあります。売れるマンガの土壌という意味では広がっていると考えることもできるのかな、と。

―― 印税率が10%から下がっているという話もSNSで散見されます。

ヒロユキ:自分は10%から下がったという経験はありません。確かに8%というのは聞きますけど、最近起こった出来事なのか、昔から8%だったのか、僕には分かりません。

 皆さんはご自身の経験を語るので、その人が8%だからといって今8%に下がったのか、昔から8%のままだったのか。1つの意見だけで「最近のマンガ業界はキツい」という言い方は正確ではないと考えます。

(中略)
―― 出版社的には何万部あれば切られないラインなのでしょうか?

ヒロユキ:編集部にもよりますが、3万部出れば一部の大部数雑誌以外では切られる心配はないと思います。でもマンガ家が余裕をもって生活していくにはちょっと物足りないかも……。

 5万部あれば500円の単行本が250万円で、年間4冊で1000万円。それに原稿料が加わりますから、ある程度余裕は持てるイメージでしょうか。

―― そこからアシスタント代などの経費と税金が引かれた分が所得になるわけですけど、続けていけそうですね。

ヒロユキ:それに5万部もあればメディアミックスの可能性が高まるので、先があるタイトルになってくるんですよね。そこも大きいと思います。

―― やっぱりそこは大きいですか。

ヒロユキ:気持ち的には大きいですよね。「このマンガを描き続けてどうなるんだろう、何かいいことが起こるんだろうか」って悶々と1人で描いているわけですから。「アニメ化が動いてますよ」って話があれば心の支えになって頑張れます。

(中略)
―― 長くマンガ家をやるほど収入が安定するのはいいですね。一方で、電子書籍だと割引セールがあったりして、実入りが減ることにはなりませんか?

ヒロユキ:いえ、それは違います。終了したマンガの1巻を無料で出してみたら、後続の巻が売れて何百万円とか入ってきたって話もあるようで。もちろん繰り返しセールをしていくと下がっていくんですが、それでも、終わったタイトルですよ? 人の目に触れる機会があるのが重要だと実感しました。

 1巻を無料にして何万冊かダウンロードしてくれたとして、100人に1人でも2巻以降を買ってくれたら結構な金額になります。紙だと無料で配るわけにはいきませんからね。

(中略)
―― 次回作は考えていますか?

ヒロユキ:『アホガール』では、今まで自分が築き上げてきた技術を全部詰め込んで、『週刊少年マガジン』の毎週6ページの中にギチギチに詰め込んで勝負しました。

 自分の中にあった「ギャグマンガの集大成」としては頂点に近づけたと思っていて、アニメも評判が良かったので、次は一度ギャグを離れてストーリーマンガをやってみたいです。

―― 今後のマンガ家人生を見据えていかがですか?

ヒロユキ:好きなことだけで生きていきたい。

―― ホリエモンですか(笑)。

ヒロユキ:通勤しなくていいし、上司もいなくて、好きな時間に寝て起きて、マンガを描けてお金にもなるのはすごく楽しいです。

 もちろんネームや作画は毎回苦労してつらいんですが、人に楽しんでもらえるものはそんな簡単には作れません。「どんな反応が返ってくるんだろう」ってことをマンガにして、「面白い」って言われる喜び。それが最終的にはお金にも変わるし、大勢が認めてくれればアニメにもなっちゃう。マンガ家って楽しい仕事なんですよ。




***** | 2018年9月14日
でも、この人は過去三作品が全てアニメ化してるほどには売れてるんだよなぁ。(DVDが売れたかどうかは別の話)
だからこそ売れたら儲かるって理論に説得力はある。

だけどね……その『売れたら』にたどり着くのが大変なんだよ。
だからこそ他の作家さんはネガティブ発言するんだと思う。

まぁ、挑戦しなければ成功はありえないんだけどね。
そこが難しい所なのかもしれない。
本人もあとがき読めば分かるけどたくさんの苦労があっての今だし。



***** | 2018年9月14日
マンガ界の関係者です。。
漫画界の闇は中小出版社の作家を取材してこそ浮びあがる。
印税10%以下がない?それは体力のある3大大手出版社だから。
中小なら紙の単行本でも初版の部数に応じて10%以下なんてざらにありますよ。
電子発の単行本なら5%以下も。
15年ほど前に比べたら儲かっていた金額も人数も減っている。
飯は食えるかもしれないけれども、大きく当てるドリームは
ほぼなくなりました。



***** | 2018年9月14日
儲けようと思って漫画を書くなら止めた方が良いと思う。


***** | 2018年9月14日
親しい友人のダンナがそこそこのマンガ家(大手誌でそこそこのヒット作が1本あってその後もあまり間をおかず連載を持ててるレベル)がいるがヒクくらい金持ちやで。


***** | 2018年9月14日
> 売れれば儲かるよ…。 ツイッター見ててマンガ家に憧れなくなるのやばいよ。

うーん、さすがにみんなそれくらいわかってると思うけどね
諫山創は「通帳に見慣れない数字が!」とか言ってたし
漫画家になるのに儲かる儲からないを先に考える人はいないとおもうな
漫画家目指した後に「じゃあもっと儲けるには」って流れだと思うし



***** | 2018年9月14日
同人じゃないけど、仕事の傍ら趣味でオリジナルをピクシブに掲載して、人気になった漫画もあるしね
漫画家はやっぱり夢のある仕事だと思う。かなりハードな環境だろうけど



***** | 2018年9月14日
最近はコミティアから人気が出た作品も多いね。
自分は紙媒体は好きだけど、いかんせん値段がなあ…どうしても電子書籍に行ってしまう。



***** | 2018年9月14日
Webマンガの単行本高過ぎ


***** | 2018年9月14日
胸糞悪いエログロ鬱漫画ばかりになってWEB漫画から離れた。
紙漫画に比べてWEBオンリーの漫画は規制がゆるいのか。



***** | 2018年9月14日
正直言ってデジタル作画になってなんか漫画がつまらなくなったんだよな。
ちょっと前にデスゲームのマンガが多かったけどワンパターンで打ち切りばっかりだったし。
ネタが出し尽くしたのか同じような絵柄、話が多い。



***** | 2018年9月14日
電子版の売上情報が遅いという話に違和感。そういうもんなんだろうか。


***** | 2018年9月14日
その昔、ヒロユキ先生のスーパー俺様ラブストーリーを読んだ時は金をドブに捨てた気持ちになったけど、今は売れているようでよかった
今度アホガール読んでみようかな



***** | 2018年9月14日
案の定コミックギアの件についてはまったく触れなかった


***** | 2018年9月14日
アホガール中盤まではギャグも冴えて面白かったけど終盤はテンションだけが悪目立ちしてただのテンションゴリ押し漫画になってたな
まあこの手の作品はどこまでネタが持つかが勝負だしな



***** | 2018年9月14日
アホガールはアニメの影響を
かなり受けて一段階、人気アップに
繋がった気もしますね。
テレビアニメの円盤が、まさか
単行本の初回特典で付いてくるとか
かなり変わった売り方してたなぁ。
アニメは悠木碧のハイテンション
高スペックが凄かった!
何処から声出してるんだ?!
みたいな感じ



***** | 2018年9月14日
ヒロユキのメジャーデビュー前の同人誌持ってるけど、今のアホガールと同じくらい面白いよ。
月姫なんかの二次創作だからキャラの魅力は借りてる形だけど、彼特有の勢いは変わってない



***** | 2018年9月14日
よりにもよってこの人に聞いてしまったか。売れてる漫画家だけども。
ドージンワークとマンガ家さんとアシスタントさんは面白かったけどアホガールは……というイメージの漫画家だしなぁと個人的には思う
面白けりゃ売れる、つまらなきゃ売れないそんな世界だと思うよ
せめてもっと売れて知名度高い漫画家に聞いたほうが良かったんじゃない?



***** | 2018年9月14日
漫画のタイトルに反して、凄く真面目なのがツボに入った


***** | 2018年9月14日
個人的にはなんだか久しぶりに
ヤフーニュースで良い記事を読んだ気がした。



***** | 2018年9月14日
編集されてるのかもしれないが漫画家さんの受け答えがとても理路整然とされてて、漫画家だけじゃなくて他のビジネスでも、コンサルとか営業とかでも食っていけそう。
環境が駄目で全てを諦めるんじゃなくてその中で頭を使う人が生き残る。その環境が駄目になってもそこで考えたこと、問題解決理論とか役に立つ。



***** | 2018年9月14日
記事が長くて全部読んでないけど、ひとつ分かってることは売れれば儲かる





とある新人漫画家に、本当に起こったコワイ話
とある新人漫画家に、本当に起こったコワイ話飛鳥新社
佐倉色
2017-06-09
ランキング : 28052

Amazonの商品情報を見る