惊奇日本:無人蔬菜攤【無人野菜販売所】〜ビックリ日本〜

えっ、盗まれないの? 無人の古本屋は、なぜ営業を続けられるのか(ITmedia ビジネスオンライン) - Yahoo!ニュース
1/9(水) 8:11配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00000017-zdn_mkt-bus_all

 東京の三鷹駅から徒歩15分ほどのところに、ちょっとユニークな古本屋がある。商店街に面した店舗の広さは、たったの2坪。4つの棚が並んでいて、そこに500冊ほどの本が並んでいる。普通の書店にはスタッフがいて、レジが置いてある。しかし、この店には誰もいなくて、レジも置いていない。24時間営業で、扉にはカギもない。

 「スタッフがいないって、やる気があるのか。すぐに潰れるね」と思われたかもしれないが、店は2013年4月にオープンして、黒字を確保しているという。

 無人古本屋の店名は「BOOK ROAD」。店内にさい銭箱のようなモノが置いてあるのかなと思いきや、300円と500円のカプセルトイ本体が設置されている。本の後ろに価格が記されているので、値段分のカプセルを購入すれば、会計は終わり。無事、本を手にすることができるのだ。

 売り場に誰もいないといえば、地方で見かける野菜の無人販売所を想像する人もいるかもしれないが、記者は2つのことが気になった。1つは、本が盗まれないのか。もう1つは、5年以上もどうやって運営してきたのか。

 この謎を解くために、BOOK ROADのオーナーを務める中西功さんに話を聞いた。ちなみに、中西さんは大手IT企業で働いていて、古本屋は副業として手掛けている。


(以下略)



***** | 2019年1月9日
面白くて素敵な取り組みだと思う。
万引き等が横行してるこの世の中で、人の良心を問う販売方法は「どこか現代では忘れてしまった人の温かさ。」を思い出す様でとても気持ち良い。

電気代が月数百円ならカメラすら付いて無いでしょう。
理由はおそらく、「人から貰った本なので原価0」だから。

本が1冊300〜500円なら月に2冊以上売れればほぼ「電気代」分は取れる。
家賃がいくらかは不明だけど、田舎の駐車場位の大きさなら月、高くても数千円〜1、2万位でしょう。
「それでも月に500円の本が22冊以上売れればプラス域だ。」

人件費は当たり前ですが、セキュリティの面でも商店街の人の目や、店に置いてあるだろう客の置いて行った本等を見て「良心に訴えかける仕組み」がしてある。

自分の街にもこんなお店が欲しいな。



***** | 2019年1月9日
売ってるものにもよると思う。
万引きしてまで小説を読もうとする人が少ないのか・・。

例えば中古ゲームソフトとか転売して金になるようなものを
置くと万引きが横行する気がする。



***** | 2019年1月9日
たくさん空き家や空きスペースがあるので、この本屋さんのように上手く回すことができれば素敵な副業になり得ますね。


***** | 2019年1月9日
人間の心理を上手く突いた販売方法ですね。
実は隠しカメラがあってとか考えますから。盗んだところで大した利益にならないのに、後から警察来たらどうしようとか。



***** | 2019年1月9日
盗もうと思う輩が狙えば盗まれると思う。


***** | 2019年1月9日
かかる労働時間が月2.5H
光熱費450円/月
仕入れが0円なら、確かにほぼ家賃+それくらいをペイすればいいことにはなりますね。

仕入れ0円で、売れる良い本が手に入るかどうかがキモですかね?



***** | 2019年1月9日
人の善意が発動しやすい(あるいは人の悪意が発動しにくい)状況を作る、というのがポイントなんだね。そう考えると、同じ無人販売所でも続く所と潰れる所がありそうだ。
ちなみに私の義父は趣味で畑をやっていたが、いない間に作物が盗まれまくるので嫌になって辞めてしまった。



***** | 2019年1月9日
防犯カメラくらいは設置した方がと思う


***** | 2019年1月9日
この建物内で事件(殺人など)が起こったり、火事が起こったりしたら、オーナーの責任が問われる。

管理しない建物は犯罪の温床です。
きちんと管理してください。



***** | 2019年1月9日
火事はともかく、2坪しかない外から中丸見えの書店が、どんな犯罪の温床になるんだよw


***** | 2019年1月9日
何か奇抜な方法があるのかと思ったら普通に客の善意を当てにしているだけか


***** | 2019年1月9日
「普通」と言うのは結果論でしょ


***** | 2019年1月9日
結局、経営で一番の経費は「人件費」ですね。。


***** | 2019年1月9日
カプセルの中にビニール袋入れてるってくだりで
「うわこの人頭いい」って素直に感心した。



***** | 2019年1月9日
私の住む街には、それこそ道路際にふつーの本箱を置き、100〜150冊程度の古本があって、買う人は100円を備え付けの箱に入れるだけ、という場所が、全人口6000人程度の小さな町なんだけど、知っているだけで4箇所ある。


***** | 2019年1月9日
いずれ、AIも導入するだろうね!





本好きをつなぐ無人でキャッシュレスの書店「ふうせんかずら」



わたしの小さな古本屋 (ちくま文庫)
わたしの小さな古本屋 (ちくま文庫)筑摩書房
田中 美穂
2016-09-08
ランキング : 26810

Amazonの商品情報を見る