2010年10月19日

さよなら〜中央線201系ラストラン

10月17日、JR東日本八王子支社企画による
4月から始まった「さよなら中央線201系キャンペーン」の一環で
行われてきたさよなら運転。
今回が本当にこれが最後のさよなら運転ツアー「ラストラン山梨・そして信州へ」。
廃車回送を兼ねた豊田→松本間での片道のみの運転が行われる
ということで各地とも激パ覚悟の上でお別れのあいさつに行ってきた。

終着の松本まで行こうと計画していたので、大月以西に行くため
3月で廃止された「土・日きっぷ」に代わるおトクなきっぷ
「ウィークエンドパス」を使ってみることにした。
16日から17日まで有効となるように合わせて前もって購入しておいた。

7時に自宅を出発し、青い電車(京葉線201系)で東京へ。
そこから中央線ホームへ向かい、取り敢えずダメもとで豊田へと向う。
もうステンレスのE233系しかやってこないんだなぁ〜。


9時頃に豊田に到着。
予想してた通り、豊田駅ホーム上は既にごったがえしてた。
先端も立ち入り制限となっており、ホーム上から狙うのはムリとみて、
改札を出て外から入線シーンを撮影することに。
フェンス沿いもすごいファンの数。(※HDキャプ画)
chuo201 (1)


無事に入線シーンが撮れたところで、
時間調整停車ポイントであろうと思う相模湖へ先回りしようと、
豊田から高尾へ向かい、そこで中央本線大月方面行き普通列車を待った。
しかし、高尾で大月方面行き列車を待ってる間に、
主役の通過時間に近づき、やがてホーンを響かせながらゆっくりやってきた。
思いがけず通過シーンを撮ることができた。(※HDキャプ画)
chuo201 (2)


数分後大月方面行きに乗り込むと、主役は相模湖に停車していた。
「やったぁー追いつけたぞ」と思ったが、こちらが到着した直後に発車、
残念ながら先に行かれてしまった。

仕方なくそのまま終点の大月まで乗車。
大月から特急に乗れば追い着けるだろうと思い、
特急券を購入し「かいじ」に乗って甲府方面へと進むことに。
すると主役は塩山に止まってたので、
ここなら、停車時間にも余裕があり、比較的落ちつけそうだ。
ということで降りて一眼ショットと発車シーンを撮影することに。
乗ってきた「かいじ」発車後にパシャリ。

chuo201 (3)

HMアップ 
できれば、電照板外してしっかりしたものを付けてほしかったですね。(コラ
chuo201 (4)

前面の方向幕は「臨時」表示ではなく特別仕様
右矢印が片道であることを意味し、もう後戻りはしない
そんなメッセージが、幕だけでも伝わってきてしまう。
chuo201 (5)

発車時間に近づきいよいよ別れの時。
別れのホーンを何度も何度も鳴り響かせながら、旅立っていった。
201系自身もやっぱファンとの別れはつらいのかな。
(※HDキャプ画)
chuo201 (6)


塩山で発車を見送ったことで、
この後、追い越し可能な特急列車がないため、
事実上ここで見送り終わり・撮り納めとなってしまった。

さよなら〜真オレンジ 中央線201系
30年間本当にお疲れ様〜。


この後は、せっかくウィーパスを使ってるので
普通列車でのんびり乗り鉄旅を楽しむことにした。

これにて2007年から始まった中央線でのメインイベント(201系)は終った。
これで中央線にはしばらく通うことはないだろう。
行っても国立上り高架化チェックぐらいかな。

なお、201系電車は、幸いにも地元でも元気に走っているけど、
こちらもいつ消えてもおかしくないので乗れるだけ乗っておこうと思う。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/view2005jp/51627007