2012年05月13日

【武蔵野線】新規開業した吉川美南駅を訪問

2012年3月JR東日本のダイヤ改正の目玉のひとつで
武蔵野線の吉川−新三郷間に新たに開業した新しい駅
「吉川美南」駅に遅れ馳せながら様子を見に行ってきた。

京葉線で南船橋から武蔵野線に乗り換えてそのまま1本、
40分ほどで目的地の吉川美南駅に到着!
yoshikawaM (1)

yoshikawaM (2)
なんかアニメのキャラクターみたいな名前って思うのは私だけ?

降りて観察してみると、越谷レイクタウン駅の開業後(2008年5月訪問)も
そうだったけど、やっぱりあまり待ってる客がおらず寂しかった。
これから発展していくんでしょうが、駅前はこれから開発って感じでコンビニなど何もなく、
いまのところ少し駅から離れたところにケーズデンキがあるぐらい。

ちなみに開業から4年が経った今の越谷レイクタウン駅の利用状況を合わせて見てみると、
イオンをはじめ複合ショッピングセンターができたことと、マンションなども増えたことで
乗り降りも多くなって、とくに休日には賑やかさを見せるぐらいにまでなっていた。


それでは早速、新駅の見学を開始!
駅ホームは、折り返しができる2面3線構造となっている。
(千葉みなと、津田沼、登戸などと同じ配線)
yoshikawaM (3)


つづいてホーム先端をチェック!
西船橋寄りは、(府中本町方面列車)
今のところ障害物は少なく光線に拘らなければ
そこそこの定員もあるので安心して撮影ができそう。
ということで入線シーンをパシャリ。
yoshikawaM (4)

もう一方の府中本町寄りは、(西船橋方面列車)
シャッターのタイミングによっては信号にかかってしまいそうだがそこそこ撮れる。
yoshikawaM (5)


新たなフォトロケーションとなるか。

電車の撮影を終え、コンコースに上がり、
開業記念期間限定らしい記念撮影用のパネルが
まだ置かれていた。
yoshikawaM (6)

改札を出て、コンコース全体をパシャリ。
yoshikawaM (8)

両出口の通路
yoshikawaM (9)

通路途中にある告知ポスター
yoshikawaM (7)

さらに外に出て両出口の駅舎をパシャリ。

西口(ケーズデンキがある側)
yoshikawaM (10)


東口(住宅地側)
yoshikawaM (11)

どちらの出口もタクシーやバスも止まっていないし、車ひとついやしない
ひっそりとしたところに駅がポツンとあるだけの街。(汗
閑散とした静かな街の中、禁煙放送や次発案内などひたすら
ATOS自動放送が空しく響き渡っているのが印象に残る。
こんなシーンなかなか見られるものじゃないよね。
どんどん街が開発されていけばいずれ賑やかなり、駅の放送も
外からは聞こえにくくなるぐらい、これからの街の発展に期待!

さて、駅舎を拝見した後、再び入場。
2・3番線のホーム中ほどから、発着ライブ(生録)を軽く収録。


5分ほどで収録を終え、府中本町方面に乗り込んで、吉川美南を後にした。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/view2005jp/53631427