RouterBOARDのCLIでIPアドレスを変更する。

WinBoxやWebFigではIPの変更を行える方は多いのですが、
CLIからIPを直接変更する処理はどうするのか?

という事で、インターフェイスとIPアドレスの変更を行ってみましょう。

TerminalやSSHでターミナルへloginします。

まず、interfaceのipアドレスの確認を行います。

[admin@MikroTik] > /ip address print        
Flags: X - disabled, I - invalid, D - dynamic
 #   ADDRESS            NETWORK         INTERFACE                                                                                                
 0   ;;; default configuration
     192.168.190.10/24   192.168.190.0    ether3-slave-local                                                                                       
 1 D xxx.yyy.zzz.51/32   zzz.yyy.xxx.1   pppoe-out1
                    

では、Eth3のipアドレスを変更します。
設定コマンドは
/ip address set interface= address= netmask= network= numbers=

interface=インターフェイスネーム
address=ipアドレス 例:192.168.50.1/24
netmask=255.255.255.0 例:サブネットマスク値
network=192.168.50.0 例:ネットワークセグメント
numbers=0 Interface番号

設定に必要なパラメーターはTabキーで表示されます。

[admin@MikroTik] > /ip address set address=192.168.50.1/24 (tab)
broadcast  comment  disabled  interface  netmask  network  numbers

[admin@MikroTik] > /ip address set address=192.168.90.10/24 interface= (tab)
bridge-local  bridge1 ether3-slave-local pppoe-out1  pptp-in1  sfp1  pptp-out1

例:192.168.90.10へether3-slave-localのIPを変更する
[admin@MikroTik] > /ip address set address=192.168.90.10/24 interface=ether3-slave-local netmask=255.255.255.0 network=192.168.90.0 numbers=0

numbers:とでますが、そのままリターンで設定されます。(←※追記・IF番号を指定してください)


以上でIPアドレスを変更する事ができます。
メインIPを変更するとWinbox等が反応しなくなりますので、一度落ちてIP変更を確認してください。