RBで子機接続を行う(複数のクライアントに対して)

RouterBOARDの無線は色々設定できてわかりにくいと言われます。
確かに設定項目が多いのも確かですが、きちんと理解できればできる事は多いのです。

ここでは最低限、無線の設定ができる事を前提に設定を行います。

【子機モード設定】
WiMAXや各種無線親機に対して接続を行う場合はstationモードで接続を行います。

(1)あらかじめ、無線へ接続する為のパスワード情報を任意にSecurityProfileとして作成します。
たとえば、WiMAX-Profを作成し、接続パスワードと接続認証を設定
(2)無線のチャネル(2.4/5GHz)とAP-Modeをstationへ設定 ※ここでSSIDは設定しない
(3)AccessListに事前に抜いておいたWiMAX等の無線親機器のMACアドレスを登録(AP Access Rule)
MAC Address: 1C:B1:xx:xx:xx:xx
Interface:wlan2
Auth/forward をチェック
(4)ConnectionListに接続させる機器の登録(Station Connection Rule)
interface:wlan2
MAC Address:1C:B1:xx:xx:xx:xx
Connection チェック
SSID:この親機への接続SSID
Security Profile:先に登録したWiMAX-Prof

この設定を使う事で特定の親機が無線子機の範囲に入ると、
自動で接続プロファイルに基づいた接続を開始します。

複数のプロファイルを登録しておけば、
子機APが特定の無線親機に接続可能になると自動で接続できる設定が
構築できます。