RouterOSのアップデートファイルを定期的に確認し、自動でUpdateさせる。

RouterOSのカレントリリースを確認し、新しいカレントリリースがあった場合は
NETからRouterOSを取得し、再起動をかけてOS-UPDATEを行います。

Systsem->Scripts
新規で任意の名前で作成:例、Update-scripts

以下、中身-----------------------------------------------------------------
/system package update
check-for-updates once
:delay 1s;
:if ( [get status] = "New version is available") do={ install }
-------------------------------------------------------------------------------

System->Scheduler
新規で任意の名前で作成:例、OS-UPDATE
Interval: 1d 00:00:00に設定
一番下のOn Eventに
先ほどの、Update-scriptsを追加

これで、1日おきにUpdate-scriptsを実行させ、
Updateがあった場合は自動でダウンロードし、再起動をかけます。
StartUpTimeで起動時間を設定できます。
startupで再起動後の時間、任意に設定すれば、その時間から
1日おきにスクリプトを実行します。

※このスクリプトではRouterOSの問題に関係なくOSをUpdateします。
OSに起因する問題があっても、その判断はできませんので、特定用途で利用している場合は
注意が必要です。