RouterBOARD界隈では去年のMUMでCCR1072の発表があったり、
今年に入ってからコンパクトなCCR1009の発表があったりと、
少しづつ新製品の流れが出てきている感じです。

CCR1072-1G-8S+
CloudCoreRouterの最上位機種となる製品で、
TileGX8072 72コア搭載
SFP+(10GB) x8ポート
1G x1ポート
といった製品で、10GBの集約が可能となる製品

CCR1009-8G-1S-1S+PC
CloudCoreRouterは1Uラックのサイズでリリースされていますが、
今回のCCR1009-8G-1S-1S+PCはイーサポート1G x8(4ポートスイッチ+4ポート)
UplinkでSFPとSFP+を搭載し、SFP+では10GBを収容可能な製品
サイズはデスクトップサイズでCRS-109のようなデザイン。
電源はACアダプタ

無線に関しては色々と流れがあるようですが、
日本国内では技適の関係で販売・運用ができません。
日本でも無線に関してもう少し規制が緩くなるとよいのですが。

RouterOS-Updateニュース
今回から気になるRouterOSのupdate情報をあげてゆきたいと思います。
ros6.27 正式版ではありませんが、RCが取れたので重要な所

*) console - added 'comment' parameter for '/system script'
*) api - return sentences can have property ".section" that groups values
    from commands such as "monitor", "traceroute",
   "print" (with non-zero 'interval' value);
↑内部のAPI回りの問題も少し修正入ったみたいですね。
*) cloud - add time zone detection feature "/system clock time-zone-autodetect";
*) cloud - rename "/ip cloud enabled" to "/ip cloud ddns-enabled";
*) cloud - make "/ip cloud update-time" independent from "/ip cloud ddns-enabled"
*) cloud - when setting "/ip cloud ddns-enabled" to "no" router will send
    message to server to disable DNS name for this routerboard;
*) cloud - "/ip cloud force-update" command now will work also when
    "/ip cloud ddns-enabled = no". usefull if user wants to disable DDNS;
*) RB4xxGL - improved ethernet throughput (less dropped packets);
↑イーサーネットスループットの改善www
*) RouterBOARD - fixed health reporting;
↑ヘルスチェックのレポートFIXwww
*) check-installation: fixed wrong kernel crc on powerpc boards
↑インストールチェックがPPC版でおかしかった不具合はFIXされました
*) watchdog: fix software watchdog for x86
*) ssh - check conn state before sending disconnect message;
*) ipsec - fixed crash that happened in specific situation;


(Vigonetlabs Y)
続きを読む