2016年11月



RouterBOARDの搭載OS RouterOSには現在3つのリリースレーンがあります。

bugfix  旧カレントリリースから分離。ある程度のBugがつぶされている。
Current  カレントリリース、一応公式なRouterOSのリリースバージョン
RC 最新の実装を含むベーターリリース、Bugも豊富だが使える新機能、Bugfixも多い

通常の利用ではbugfixやCurrentを利用するのが無難です。
(Bugfixでは実装されてない機能を利用したい場合はCurrentを利用します。)

RouterOSのupdateと再インストール

RouterOSは通常RouterBOARDに出荷時、
ライセンスを含む形でインストールされ搭載されています。
ここに新しいOSをuploadして再起動する事で更新ができるのですが、
RC等を利用している場合、内部パラメーターの変更等でうまくコンフィグが引き継がれない等の
問題が発生する場合があります。(内部設定パラメーターがおかしくなる場合がある)

Update挙動としては、差分のモジュールと設定の部分を差し替えている感じですね。

この際は設定の初期化を行う事で大体正常に戻るのですが、
場合によってはこれで対応できない場合があります。
その際はUpdateでなくそのRouterOSのリリースをNANDへ直接書き込む事で、
クリーンな環境として再インストールする事ができます。


再インストールにはNetinstallを使う

RouterBOARDにはNetbootする機能があり、この機能で書き換え用のカーネルを起動させて、
NANDへOSを書き込む事が出来ます。この一連の作業をサポートするツールがnetinstallです。
netbootをさせる場合、RouterBOOTで本体の起動元をNANDからnetboot(bootp)に変更する必要があります。
コンソール搭載機種はコンソールからnetbootへ変更し、起動する事でnetbootできますが、
コンソール非搭載機種はなかなかどういう状態でbootしているのか、状態がつかめません。

この場合の起動方法は以下の通りです。
1)リセットボタンを何かで押しながら電源を投入
2)actの点滅を確認
3)act消灯、Etherのled消灯 act再点灯、Etherのled点灯、点滅
4)3を確認しながらストレージが表示されるまでリセットを押し続ける。
Etherの点滅を確認してもストレージが見えない場合は再度1からやり直してください。

bootpでRouterBOARDを起動させる前にNetinstallを起動、設定させます。
netinstallを管理者権限で起動させ、起動後、netbootingのボタンでnetinstallのIPを設定します。
Service enableのチェックを入れ、boot用のipアドレスを設定します。

下のファイルでinstallしたいRouterOSの格納フォルダを選択しておくと、
フォルダ内のRouterOSが表示されるようになります。

正常にストレージが表示されると、右上に認識しているRouterBOARDのsoftwareIDと
ライセンスKeyが表示されます。
これが表示されない場合はnetinstallを中止してください。
(別途ライセンスを抜かないとライセンスが消えます)

ストレージを選択すると、ファイルに当該のRouterOSが表示されます。
(MIPSBEならMIPSBEのOSのみ表示されます。)
あとは、インストールしたいOSを選択してINSTALLを押すと
NANDの初期化、パーテーション、OS転送、再起動まで行われます。

再起動後はnetinstallを終了してWebfigアクセス、もしくはWinbox等でアクセスできるか
確認を行ってください。

本来、RCリリースの変更はNetinstallで行うのが良いようですが、
通常の方法でも最近はそこそこ設定が引き継がれますので、
よほどの怪しい挙動がない限りはnetinstallは行わなくともよくなりました。

また、ブリック時(起動しない、bootloopする等)はnetinstallが必須となります。
RouterBOARDユーザーはnetinstallの練習をしておいた方が良いかもしれません。



続きを読む


待望の802.11AC対応、2.4GHz/5GHzデュアルバンド対応ギガビット無線ルーター 
RB962UiGS-5HacT2HnT(RouterBOARD hAP AC)
が国内販売が開始となりました。

主なスペックは以下の通り。

MikroTik hAP AC (RB962UiGS-5HacT2HnT)
Desktop Wireless GigabitEthernet router
802.11AC対応 2.4GHz/5GHzデュアルバンド無線ルーター

【仕様】
10/100/1000 BASE -T x5Ports
802.11a/n/ac(5GHz) 802.11b/g/n(2.4GHz)

QCA9558 750MHz
128MB-Memory/16MB-Flash
USB type A x1Port
RouterOS LV4

https://vigonetlabs.net/products/detail.php?product_id=661

従来の100TX対応機器、RB951Ui-2HnDと同じ筐体に
5ポートのGigaインターフェイス、Uplink用に1ポートのSFPポート
USBポートを搭載し、2.4GHz/5GHzを同時に利用できる無線ルーターです。

※ルーターの基本性能は搭載されているRouterOSに依存されます。




続きを読む

↑このページのトップヘ