2017年02月

RouterBOARDとmangleによるルーティング制御

RouterBOARDではパケットに対してmangleによるラベリングで
ルーティング制御を行う事ができます。
この回ではmangleを使用して、
mark connection
mark routing
mark packetを使った制御を記載予定です。

予定ではPCCまでの解説を行う予定です。

IMAG2370_1
The Dudeとは?
MikroTikのRouterOS/CapsMANと共に開発されている
監視ツールで、監視用agentsはRouterOS以外にSNMPを
利用できるので、SNMPをしゃべれる機器を監視可能。
簡単なトポロジ図をベースに帯域の監視や接続監視を行えます。

対応機器
サーバー:Tile(CCR)、mmips(hEXgr3)、arm(RB3011)、CHR
※x86マシンでDudeサーバーを動かす場合は
EsxやVirtualBox等でRouterOSを稼働させる必要があります。

今回はmmips搭載機のhEX Gr3でDudeサーバーを設定し、
連載で掲載したhAP AC 2台によるOFFICEネットワークの監視を設定を行い、
環境の監視設定を説明してゆく予定です。


続きを読む

↑このページのトップヘ