おっちゃんと奥様には友達が多く、よく訪ねて来てた。
その中に好みの兄ちゃんが1人おってのぅ(^^)
H美や他の友達に話すとみんな羨ましがったよ〜。
外人の国に住んでても外人(特にイギリス人)とお話するとかって本当に稀な事なのよね、
そいう意味でも蘭世はラッキーだった(^^)
 
イケメン兄ちゃんは滅多に来なかったのだけど、ある時から毎日来るようになり・・・
奥様は半分嫌気が差してた。
 
何故かと言うと、彼が来る時間が決まってタイム!!
6時に食べようが7時に食べようが「待ってました!」とばかりに
ピンポ〜ン
 
「又来たで・・・(−−;)
まるで匂いでも嗅いでるみたい・・」
 
2,3回位だと我慢するけど、、こう度重なっては・・
彼も悪いと思ったのか£1置いてくようになった(笑)
 
H美に彼が毎日来るでって言うと、家に来て待ってたりしたけど、その時に限って来なかったり(爆)
けど、ついにご対面出来る日が来た!
 
H美も
「ほんまや。カッコええなあ(惚)
ええな〜、あんたとこは。若い子はおるしカッコええのも来るし」
 
えへへ、反論しませーん。蘭世ほんとに幸せ者でした〜(^^)
 
 
H美がおっちゃんに彼の話をすると
 
「ああ、あれか。あれはあかんあかん
確かにハンサムだけど、、どーしようも無い奴じゃ」
 
彼は結婚して子供もおるのに 女ぐせ良くないとか(^^;)
彼の奥様、めっちゃ美人で背高いしスタイル良い!
美男美女のカップルだったなぁ。
けど別居してるとか離婚してるとか言ってたような。。
 
ある日、別の友達のAが来た・・
キッチンでリビングに座ってる彼に聞こえないようにおっちゃんが言った
「AとK(イケメン)は兄弟なんだよ」
え?
「ん?」
 
だって・・Aは色黒いやん・・
 
「しっ!し〜っ!」
思わず思った事をボソッと言ってしまったけど、、やっぱり禁句か(笑)
 
異母兄弟なのだそう。
これぞ正しく外国って感じ。
ほんま、外人って聞いてみんと何が出て来るか分からん(爆)
Kと兄の奥は友達同士で、その友達が我が家の奥様らしい。
 
その他に、おっちゃんの従兄弟はゲイだったりして彼女(彼?)を連れて来たり、あの家は飽きない家だった(^^)