2年前に家にヒビが入りそれを保険で直し、その時に屋根も直して欲しいと言ったにも関わらず蓋を開けると「うちらそんなん知りません」

出来無いなら出来無いって言ってくれればこっちもそのつもりで同時に自己負担して直す事も出来たのに呆れ返って物も言えない・・・
天井直しても雨漏りするボロボロの屋根だったら意味無いじゃん・・・馬鹿か!!
もうこんな詐欺師に頼ると余計腹立つし、自分で直す事に。
けど屋根修理って絶対べらぼうな額だよな〜と思ってたので穴開いた箇所だけをちまちま直すしかないかと友達の知り合いのルーファーに直して貰ったけど・・・

え〜〜、未だ漏ってるよぉ〜
 ルーファーに何回か連絡したけど出ない・・・
てか、料金を払う時に聞いたら£4〜5000で出来るって。
あたしゃ1万位かかると思ってたので、けど5000なら一気に直す方がチビチビ直すより長い目で見ると得じゃん。
じゃあいっその事全部直そうじゃないか!!
その旨を友達に言うと「それなら旦那が出来るって」
え?スティーブ(友旦那)は屋根直せないんじゃないの?
「修理とか細かいのは無理だけど全部張替えだと直すのとは違うから出来るの」
てなわけで友達の旦那にやって貰う事に。
それが3月頃で、彼はその頃長期の仕事をしてたけど夏には始められるとの事で・・・
ゲ〜!後5ヶ月もあるのぉ?と思ったけど他のビルダーって信用出来無いし、とここでビルダーが如何に信用出来無いか、ビルダー=泥棒を語ると1カテ作れるので機会があれば。
だからひたすら待つ事にしましたよ。
しかし実際には1年以上待ってたので最初は屋根張替えだけだったのが待ってる内に屋根裏に物置を作ろうって事になり、しかしそれならここは立地条件がいいんだし部屋を作って貸す方が儲かるゾとのスティーブの意見で予算は最初より大幅にアップ。
「今は苦しいだろけど2年、3年後を考えてみ?日本にも何回も帰れるようになるよ!」と。

けど仕事が長引いて夏には無理になり秋に入った頃、やっと手が空き見積りの相談をし設計図を描く事に。
予定ではXマスまでに完成だったのが、設計士に何回もドタキャンされてる内にXマスが終わり、正月まで終わっちゃったよ

しかし遂に待ちに待った着工日が来たよ!
1月20日、スカッフォールド(足場)組み立て、
1月21日から工事スタート。
家はテラスド・ハウスと言うくっついた、日本で言う長屋なんですわ。
だから前にも後ろにも庭はあるんですが二戸一や一戸建てのように裏へ行ける勝手口があるわけでは無いので庭へ行くには家の中を通らないとならないんです。
が、そんな何軒も連なった家の中で、家だけは庭に行ける通路があるんですな〜(だからその分だけ1m位他より広いの)。
けどそこはこの家に越して来た時に置いてあったガラクタがいっぱいあるし、薄暗いから私は通った事無いんです。
それをクリアーにして通れるようにしてくれたのでビルダー達は家を通らずとも出入り出来ちゃって、それだけが救いでしたわ。
その上、家の前はWイエローラインちゅう絶対駐車禁止・・・
何ともビルダー泣かせの場所に建ってる家ですww


jan,2014 059右下に開いてる暗い穴が通路です。
20年前に越して以来、暗いしゴミだらけだったのが20年後に初めてキレイになりました!
  ↓
   
  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓
 
  ↓
 
  

jan,2014 058
クリアーにしてくれた後に撮ったのでビフォー・アフターが無くてごめんなさい


















jan,2014 062こちら、フロントのスカッフォールドです。
左下の2つのドアの左側が通路です。
その分だけ家は両隣より大きいんです。


右に見える穴はビルダーが出入りしたり材料を入れたりする為に開けたみたいです。










お隣さん(3人の息子と母)は10年前既にロフト作ってるんです。かねもち〜


続く