タイビザの申請、延長

タイで長期滞在するために、日々激動するビザの状況を公開、

タイビザの申請、延長 イメージ画像
ここ数年、日々激動するタイのビザの状況を簡単に説明いたします。特に、会社設立登記、ワークパーミット、Bビザなどのビジネス関連を、中心に説明いたします。

【業務内容】
ロングステイ、法人設立、各種ビザ、ワークパーミット、各種許可申請、各種トラブルの解決

弊社サイト - TMコンサルティング シーロム http://www.tm-consulting.club/
         電話:087-013-4279(日本人直通)  02-267-2365(タイ語)

ビザの難問などのお問い合わせは、Eメール taikanren@gmail.com へどうぞ

更新情報

9/1より弊社、パヤタイ、MBK近くのアジアビル12Fに移転しております。BTSラチャテウィー駅前です。携帯電話はそのままですが、固定電話が変更になり、移転のためまだ手続き、工事が完了しておりません。お問い合わせは、メールか携帯電話の方へお願いいたします。
『弊社(TMコンサルティング)移転』の画像

セントラルバンナー近くの税務署が移転しました。元のとこから1キロぐらいしか離れていません。ビルが前より小さくなったので、ちょっと見つけにくいかも
『税務署移転(サムットプラカン)』の画像

シーロム管轄での税務書類認証を行っていた、アミーゴ内の税務署ですが、下記の画像のように移転しました。詳しいことは税務署へタイ語でお問い合わせください。弊社へお問い合わせいただいてもお答えできません。
『アミーゴ内の税務署移転』の画像

オンヌットやウドムスックに住所がある方には便利なDBD(商務省)のバンナーが移転しました。下記の画像のとおり、シーナカリン通りのThanya Parkビル内です。詳しいことは、DBD-電話 02-108-6000 へタイ語でお問い合わせください。弊社へお問い合わせい
『DBDバンナー移転』の画像

現在のBビザ切替の価値ですが、結論から先に言うと価値がありません。難しく、日本大使館やタイ外務省認証を簡単にするためのチップ?も非常に高額です。3年ぐらい前のように2万バーツ程度で簡単に取れてしまうというようなものではなくなってしまいました。タイ国内切替の1
『現在のタイ国内Bビザ切替の価値』の画像

NON-Bビザや家族ビザなどで、必要書類に書いて無い数ある必要書類の内、「New Information Form for Foreign National」が新しくなっています。下記の画像です。ちょっと斜めですが、使えます。必要な方は、ご使用ください。
『New Information Form for Foreign National』の画像

Bビザ以外に結婚ビザの延長申請にも関係するのですが、最近は写真でよく拒否されます。申請の必要書類に、働いている様子や会社を写してくるよう書いてありますが、まず従業員や代表者などがカメラの方向を見ていないということで落とされます。2年ほど前なら大丈夫でしたが
『ビザ審査での申請拒否要因3』の画像

各管轄イミグレによっても違いますが、予想していなかった申請拒否用件として、人やお店の名前をローマ字からタイ語表記に変換したとき、書類によって1字違いで拒否要件となります。例えば「ODA」をタイ語にしたとき、「O」の部分をワークパーミットでは「โอะ」と申請
『ビザ審査での申請拒否要因2』の画像

バンコク近辺のイミグレ、特にBビザ延長でよくあることですが、係官が「字が滲んで読めない」と申請拒否されることがあります。これが役所認証の書類だと、その役所に出向き頼み込んで頼み込んでなんとかなんとか発行してもらうという大変な手間と作業、タイ語能力が必要にな
『ビザ審査での申請拒否要因1』の画像

事務所内、外でのクレジット決済端末を導入いたしました。これにより、ビザなどの各種手続き料金や、ユニフォーム料金を、クレジットカードにてお支払いいただくことが可能です。ただし、現在偽造防止のため、ICカードが付いているカードのみ使用可能です。また、VISA
『クレジット決済開始(事務所内でのクレジット端末導入)』の画像

↑このページのトップヘ