FedoraCoreでは、これまでコマンドラインでしかyumを使っていなかったのですが、Yum Extender(yumex)を入れてみたところ、非常に便利だと知りました。

【yumexのインストール方法】
Extrasリポジトリに入っているので、yumで一発です。

# yum install yumex

【yumexの使い方】
まず、アプリケーション → システムツール → Yum Extender
で起動します。

yumex-0

OKボタンを押すと、次のような画面が出ます。

yumex-1yumex-2


インストール画面や削除画面でパッケージを選択して、キューに送って処理するか、「追加して実行」を押せば、パッケージの追加や削除が簡単にできます。yumexの便利なところは、リポジトリの変更が容易にできる点です。

yumex-4

←追加するリポジトリにチェックを入れるか、削除するリポジトリのチェックをはずす。あとは更新ボタンを押すだけ。


/etc/yum.repos.dディレクトリに入れてあるrepoファイルは自動的に認識してくれます。

頻繁にリポジトリを変更する人には便利だと思います。難点は、起動するたびにリポジトリを初期化するので、やや時間がかかるところでしょうか…

玄人の諸先輩の方々は、とっくに使っているかも知れませんけど。


ninkiblog