EeePCにFedora10を入れてみたら,Plymouthのグラフィカル効果を試すことができました。ついでに,InitNGを使って起動時間の短縮を試したら,何と半減!ログイン画面まで約30秒で起動できました。


最初は,Fedora9のLiveCDでネットワークがつながらなかったので,eeeUbuntuを入れていましたが,Fedora10のLiveCDで試した際に,ネットワークが正常に使えたので,思い切ってFedora10に入れ替えてしまいました。
さらに,起動時間が1分近くかかるので,InitNGのインストール方法を調べて試してみました。

eeepc-bootchart-1
←InitNGを導入する前のBootchart。表示は32秒ですが,ログインまでは約1分かかります。


eeepc-bootchart-2
←InitNGを導入後のBootchart。表示は19秒で,ログインまでは約30秒しかかかりません。


【Bootchartの利用方法】

まず,起動の様子を把握するため,Bootchartを導入します。Ubuntuと違い,Bootchartをインストールしただけでは,画像を確認できませんので,使い方をまとめておきます。

STEP 1
Bootchartをインストールします。

$ su
# yum install bootchart


STEP 2
/boot/grub/menu.lstのカーネルを指定している行の末尾に「init=/sbin/bootchartd」というオプションを加えて保存します。

kernel /vmlinuz-2.6.27.9-159.fc10.i686 ro root=UUID=6b73df0a-b34c-4b9f-880a-xxxxxxxxxx rhgb quiet init=/sbin/bootchartd

なお,Fedora10は,論理パーティションを利用せず,予め(ラベルを/にした)単一のパーティションにインストールしてあることを前提にしています。

STEP 3
ここで,一度再起動します。起動後,Gnome端末で下記のコマンドを実行すれば,ホームディレクトリにbootchart.pngという名前で画像が保存されます(一般ユーザで実行可)。

$ bootchart

【InitNGの導入と設定方法】

インストールは,標準リポジトリに含まれているようですので,下記のコマンドで一発です。

$ su
# yum install initng


インストール後,/boot/grub/menu.lstに下記の記述が加わっているはずです。

title initng boot
root (hd0,0)
kernel /boot/vmlinuz-2.6.27.9-159.fc10.i686 ro root=UUID=6b73df0a-b34c-4b9f-880a-xxxxxxxxxx rhgb quiet vga=789 init=/sbin/initng
initrd /boot/initrd-2.6.27.9-159.fc10.i686.img

したがって,起動時に「initng boot」という項目を選択すればInitNGで起動できるわけですが,初期設定では,grubメニューが隠されていますので,上に示した記述のすぐ上にあるhiddenmenuとtimeoutの設定を次のように変更しておきましょう。

hiddenmenu → # hiddenmenu
(先頭に#を加えてコメントアウトする)
timeout=0 → timeout=3
(数値を0から3に変更する)


これで3秒間はメニューが表示されます。

なお,SELinuxを有効にしていると正常に起動できないようですので,「システム>管理>SELinux Management」でSELinuxを無効にしておいて下さい。

InitNGの設定は以上ですが,このままではBootchartで起動の様子が記録できません。

【bootchartngの利用方法】

そこで,Bootchartのスクリプトを変更して,InitNGで起動した際のBootchartを記録できるようにします。まず,次のコマンドを実行します。

# cat /sbin/bootchartd | sed 's:/sbin/init:/sbin/initng:g' > /sbin/bootchartdng
# chmod a+x /sbin/bootchartdng

あとは,/boot/grub/menu.lstの「init=/sbin/initng」の部分を「init=/sbin/bootchartdng」に書き換えるだけです。

「initng boot」を選択して起動し,gnome端末で $ bootchart というコマンドを実行すれば,bootchart.pngという画像が生成されるはずです。

InitNGは,まだ開発途上とのことですが,今回試してみて,非常に大きな効果があることがわかりました。Fedora11が目標としている「ログインまで20秒」には届きませんでしたが,今後に期待できそうです。

お詫び:こんなことをやっていたので,またまたメルマガの発行が大幅に遅れています。もうしばらくお待ち下さい。