[2010.11.6 速報] おかげさまで多数の方々が参加し、無事(?)終了しました。

予定通り、10月16日付けでUbuntu日本語Remix 10.10が公開されましたね。

maverickUbuntu 10.10のデスクトップ。ソフトウェア・センターのデザインが刷新され、画像編集ソフトがFedoraと同様、Shotwellに変更されました。

早速、サーバをランダムに切り替えて(ここ重要)、ネットブックに入れてあるLucidをアップグレードしてみたところ、約1時間で完了しました。サードパーティーのリポジトリは一時的に無効にしておくといいでしょう。

さて、やや日程的に遅れる感じではありますが、Maverickの公開を祝おう!ということで、Viva!Ubuntu!!のu-bonさんが「Ubuntu 10.10 リリースパーティー東京」を呼びかけています

開催地は東京・秋葉原、開催予定日は11月6日(土)で、開催するには10月30日までに最低50人が必要ですが、現在の登録者数は16名。僕も参加する予定ですので、皆さんぜひ登録して下さい!
登録は下記のATNDで。Twitterアカウントをお持ちの方は、Twitterアカウントで登録するか、Twitterアカウントを紐付けして下さい(もちろんTwitterアカウントなしでも登録できます)。

ATND:Ubuntu 10.10 リリースパーティー東京


● 学生・未成年の方は参加登録時のコメント先頭に、必ず[学生][未成年]と入力してください。

Japanese Teamの方も参加されるので、事実上の「オフラインミーティング東京」ですね。プレゼンの時間を短めにしているので、歓談できる時間が十分にあります。

参加費用が一般 3,500円、学生/未成年 2,000円と少々高めですが、u-bonさんオススメの英国風のオシャレなパブですので、ゆっくり楽しめるのではないでしょうか?(ただし、未成年はノンアルコールで)

東京ではオフラインミーティングがしばらく開催されていないので、無事に開催できるといいですね。期待しています!