世の中は受験シーズンのピークを迎え、今日も多くの受験生が果敢に戦っていることと思います。僕は本業のからみで受験生とは違った立場で忙しい時期にあるとはいえ、気づいたら前回の更新から1ヶ月以上経ってしまいました。その間、期待して訪れていただいた皆さんには申し訳ないと思っております。

さて、今回はいよいよα2まで進んできたUbuntu 12.04 LTSの開発版を試してみましたので、その報告です。できるだけ新しい状態で試してみたかったので、昨日付のdaily build版を外付けHDDにインストールしました。正式版では64ビットバージョンがメインになるようですが、試したのはi386版です。

HUD(Head-Up Display)

UnityのDashの検索窓からアプリケーションのメニュー選択を可能にする機能です。

HUD
アプリケーションのウィンドウをアクティブにした状態でAltキーを押下することで起動。日本語で検索して日本語メニューを表示することもできます。これまでPPAから最新のUnityに更新する必要がありましたが、いまはデフォルトになっています。

precise-ccsm
HUDを起動するキーバインドは、CompizConfig設定マネージャのUbuntu Unity Pluginにある「Key to show the HUD」で変更することができます。

11.04段階でのUnityは酷評されても仕方ない状態だったと思いますが、こういう将来を初めから提示していたならUnityに失望してUbuntuから離れていった人をもう少し引き止めておけたのでは?

続きを読む