独学Linux

Linuxの導入から応用まで、独学で学んだことを綴って、仲間を増やします! 日々の格闘を報告したいと思います。

HOME最新版公開スケジュールYouTubeDesktop Linux Q&AFedora Users ForumUbuntu日本語フォーラム

sphinx

ゼロからはじめるSphinx《LaTeX編》

前回の続きで、SphinxでLaTeXを使う設定をまとめておきます。TeXLive2011を前提にすると汎用性がないので、今回はUbuntu 11.10(Oneiric)のデフォルトのTeXLiveを使うことにします。
(前回の段階では使えないと思っていたのですが、latex・htmlともに成功しました)

latexコンパイルの設定は、make latexを実行するたびに、面倒な設定変更を行う必要があるため、LaunchpadのPPAに、この設定を反映させたSphinxパッケージを用意しました。PPAにパッケージをアップロードするのは初めてだったので、やや苦戦しましたが…(苦

launchpad
現状のパッケージ名は、sphinx-1.0.7+dfsg-ppa2~oneiricです。12.04バージョンを作るかどうかは未定。「ppa2」となっているところや、もうひとつ失敗したPPAのページを消したりしているところに苦戦したようすが見え隠れしております。

[2012.4.4 追記] Ubuntu 12.04(Precise Pangolin)のsphinx-1.1.3に対応したパッケージを追加しました。4/3現在のDaily Build版で動作確認済み。導入方法は下記と同様です。


TeXLiveをインストール

必要なパッケージを絞り込めていませんので、結構量が多いですが必要そうなものを一式入れておきます。下記のコマンドを実行すれば入りますが、ディスク使用量を約426MBほど消費しますので、空き容量に注意してください。

$ sudo apt-get install texlive texlive-base ptex-base ptex-bin \
  dvipsk-ja xdvik-ja ptex-jisfonts gs-cjk-resource jmpost dvipdfmx \
  texlive-math-extra okumura-clsfiles jbibtex-bin mendexk


[2012.3.21 追記] 最小限のパッケージは、下記のコマンドでインストールできるようです。
$ sudo apt-get install texlive dvipsk-ja ptex-bin okumura-clsfiles


これで、通常のLaTeXのコンパイルは問題なくできるはずです。


続きを読む

ゼロからはじめるSphinx《入門編》

Sphinxは、HTML文書・LaTeXを用いたPDFファイル・EPUB形式の電子書籍などを同一のソースファイルから作成できるドキュメント作成プログラムです。通常のプログラムのコンパイルのように、makeコマンドを使ってそれぞれの形式の文書を作成します。

Sphinxのソースファイルは、reStructuredText(拡張子は .rst)と呼ばれるマークアップ言語で記述します。以下に、サンプルをお見せしますが、これらはすべて特別なレイアウト調整を行っておらず、デフォルトのレイアウトを使っています。このように、非常に完成度の高い多様な文書が同一のソースから作成できるというのは魅力的ですね。

以下、Ubuntu 11.10(oneiric)でSphinxを使ってみたという備忘録です。
詳細は、Sphinxの日本語マニュアルを参照してください。

Sphinxの使用例


sphinx-latex
make latex→make all-pdf-jaで生成したPDF文書。contentsのリンクは自動的に生成されています。このように、インデックスが自動生成されるところもSphinxの利点です。改ページ位置の調整はできるのでしょうか?なお、デフォルトのconf.pyでは、ドキュメントの種類が「manual」になっていますが、この場合は「howto」を指定しました。
latex_documents = [
('index', 'test.tex', u'量子力学入門',
u'Masahiko Yamaguchi', 'howto'),
]


sphinx-html
make htmlで生成したHTMLをFirefoxで開いているところ。このまま公開できそうな完成度です。cssファイルは、build/html/_staticフォルダの中に、またTeXの数式画像はbuild/html/_images/mathフォルダの中に入っています。

sphinx-epub
生成したEPUBをSigilで開いています。数式以外の文字はSigilで再編集することもできます。FBReaderでは、文中のTeXフォントがすべて別行立てになってしまいます。また。スマートフォンではCopperReaderを使って読むことができました。ただし、数式はpng画像のため、かなり粗い表示になってしまいます。jsMathを使えばもう少しましかも。


Sphinxを使用する際の注意点

数式の入っていない普通の文書でHTML文書やEPUBを作るだけなら問題ありませんが、LaTeXを利用する場合、platexとdvipdfmxがUTF-8に対応していなければ失敗します。ちなみに、UbuntuとFedoraのTeXLiveはUTF-8に対応していませんが、TeXLive2011を入れれば使えます。メジャーなディストリですと、Vine LinuxぐらいしかUTF-8に対応していないのでは?

[2012.01.13 追記]
Makefileにnkfコマンドを加えることで、Ubuntu 11.10のデフォルトのTeXLiveでも利用可能であることがわかりました。詳しくは次回の記事でまとめます。

Sphinxのインストール

Ubuntu 11.10では、デフォルトのリポジトリに含まれていますので、ソフトウェアセンターで「python-sphinx」を検索して入れるか、次のコマンドでインストールします。

$ sudo apt-get install python-sphinx
続きを読む


サイト内検索

月別アーカイブ
カテゴリ
最近のコメント
モバイル用QRコード
QR-mobile

Livedoor Reader
Subscribe with livedoor Reader
関連書籍など
週刊アスキー
カンタンUbuntu!(ムック1)

週刊アスキー
カンタンUbuntu!2(ムック2)

週刊アスキー
らくちんUbuntu!(ムック3)

週刊アスキー
さくさくUbuntu!(ムック4)

Ubuntu Magazine Japan
ubumag-01cover
vol.01

Ubuntu Magazine Japan
ubumag-02cover
vol.02

Ubuntu Magazine Japan
ubumag-02cover
vol.03

Ubuntu Magazine Japan
ubumag-02cover
vol.04
表紙モデルに注目!
5月31日(月)発売