テレビExtraordinary

2008年11月19日

死はアドバイザー

友人のお母様が亡くなられたことを
お聞きした。
友人は、かれこれ3年くらい、二人三脚で
お母様の闘病生活を支えてきた。
友人によると、お母様との最期の二ヶ月では
お母様から高潔さ、愛情を感じ改めて教えられたとの
ことである。

僕の父も、先日亡くなった同志もそうだったように
思う。
いわば、自分の死が目の前に迫ってくると
いつもよりもより一層淀みが無く澄んだエネルギーとなる
ような気がする。これをもしかすると本来の自分らしい
状況というのかもしれない。

いわば、死がその人の本質を呼び覚ますのかもしれない。
まさに余計なしがらみや周囲からの雑音に縛られず
自分の思うがままに居させてくれるのかもしれない。

であるから、僕は余計に思う。
死を待たずして、今この瞬間、もっといろいろな淀みを晴らし、
もっとニュートラルに、(これを本来の自分というのかどうかは
わからないが)生きていきたい。

vinnie0816 at 07:54│Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by jun   2008年11月19日 22:35
死を考える時、”今をいきているか?”に
ぶち当たってしまいます。

精一杯 今を生きていれば
死を迎えるときも 満足できるのかというのも ちょっと自信がありませんが
そうする他ないんだと思います。

>いわば、死がその人の本質を呼び覚ますのかもしれない。
>まさに余計なしがらみや周囲からの雑音に縛られず
>自分の思うがままに居させてくれるのかもしれない。

この言葉に心打たれました
ありがとうございます。
2. Posted by vinnie0816   2008年11月22日 03:21
junさん、いつもありがとう。

>
> 精一杯 今を生きていれば
> 死を迎えるときも 満足できるのかというのも ちょっと自信がありませんが
> そうする他ないんだと思います。
>

ほんとに、そうする他ないんだよな〜
と思いました。

「今、この瞬間、満足する時間を送っているか?」
正解はないし、絶対的な基準もなかなか見つかりにくいかもしれないけど
問い続けたいな〜と思っています

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
テレビExtraordinary