死はアドバイザー国内線ファーストクラス初体験

2008年11月22日

Extraordinary

表題は、最近、上司が僕を紹介するときに使われた形容詞です。
同じ部署の同格の方の事はordinaryと形容していました。

嬉しいような、気まずいような気分になりました。

僕は、勤務している会社においては異端児だと言うことが
自他共にはっきりしたということでしょう

頭がつるつるしているという風貌的にも、ひげを生やしているということも
管理職なのに積極的に長期休暇を取るということも、
会社に依存せず自力で自己啓発やスキルアップに努めてきたということも、
うちの会社ではまだまだ希少派なんだろうと思います。
(最近は特に、ひげを生やしだしたことで、社内のいろいろなところで
物議を醸し出しているようです・・・。)

これは一種、自分としては自分を褒めてあげたい反面、
不安になることもあります。

人とは異なる特別な存在でありたいと願い、人と異なり仲間はずれにされることを恐れる。

他の人と一緒くたにされ、その他大勢として扱われることに
非常に嫌悪感を感じ、どれだけ自分の存在を際だたせて、自分らしさといったものを
発揮できるかに躍起になってきた自分が居ます。

その反面、出る杭は打たれたりすることを恐れ、極端に外れてしまい
村八分にされることをどこかで恐れている自分も居ます。

僕の中では大きな揺れの根源がここにあるようにも思います。

人に迎合することなく、自分の思うがままに生きていきたい。
でも、人の輪の中で、人と触れあいながら和気あいあいとした
ゆったりとした毎日を暮らしたい。

「思うがままに生き過ぎると、旨くいかない」「他人を思いやることが大切で、わがままではだめだ」
という社会の声というか、子供の頃に教育された社会というものが
自分の中の大きなゴーストとして、鎮座しているのかもしれません。

vinnie0816 at 04:02│Comments(7)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by jun   2008年11月22日 08:19
「自分らしく生きる」ってまだまだ少数派だと思っています。
僕もvinnieと共感することろが沢山あって そうだよなぁと思いながら日記を読ませてもらっています。

1月20日から上級者コースが始まるので、仕事との両立しようと思っています。
仕事の同僚との関係にもいささか心配がありますが、今から定時になったら帰るなどして 周りを慣らしていってます。(苦笑)

やっぱり「自分らしくありたい」と強く思っている自分がいます。
2. Posted by さとりん   2008年11月22日 12:52
会社やめちゃえば
3. Posted by teranga   2008年11月22日 15:24
こんにちは。

大同感!大感動!!!

・・・とはいえ、私も周囲も「自由人」が多く、あまり組織のしがらみがないのですが。

DCでもその他でも、伝えたいと思っているのは、「個々の自己表現と全体の調和の両立は、可能だ」と体感してもらうことです。


4. Posted by さとりん   2008年11月24日 00:12
いきなりのキツ目の表現ですみませんでした。
実は僕自身がサラリーマン生活を15年で挫折し、現在ドロップアウト状態な人間なものですから。
vinnieさんくらい能力のある方であれば、1回くらいは選択肢の一つとして考えても良いかと思いますよ。
5. Posted by vinnie0816   2008年11月27日 07:44
junさん レスありがとう
>
> 1月20日から上級者コースが始まるので、仕事との両立しようと思っています。
> 仕事の同僚との関係にもいささか心配がありますが、今から定時になったら帰るなどして 周りを慣らしていってます。(苦笑)

仕事との両立、周囲からのサポートが
ずいぶんと助けてくれるかと思います。

そのありがたさに気づく機会をくれるのも
上級コースのプログラムの一つかもしれませんね。

Good Luck !!


>
> やっぱり「自分らしくありたい」と強く思っている自分がいます

お互いに、このテーマをあきらめずに
模索して生きていきたいね(^^)
6. Posted by vinnie0816   2008年11月27日 07:48
terangaさん、こんにちは


同感してくれてありがとう。

>
> DCでもその他でも、伝えたいと思っているのは、「個々の自己表現と全体の調和の両立は、可能だ」と体感してもらうことです。
>

両立の体感、とっても素敵なことですね。

頭ではなく、身体で体験できることが、特に大事な
事のように思います。

僕が最近、興味を持っているワールドワークも
正にこれらを体感してもらうことに繋がるんじゃないかと
思っています

7. Posted by vinnie0816   2008年11月27日 07:55
さとりんさん、ありがとう。

> いきなりのキツ目の表現ですみませんでした。

お気遣い頂きありがとうございます
短い言葉の中にも、僕が目を向けるべき視点への示唆が
含まれているはずだと思っていまして、
それを熟成するのに時間をかけていたところでした。

> 実は僕自身がサラリーマン生活を15年で挫折し、現在ドロップアウト状態な人間なものですから。
> vinnieさんくらい能力のある方であれば、1回くらいは選択肢の一つとして考えても良いかと思いますよ。

新たな道へチャレンジしていくことも、一つの事をやり続けることも
どちらも尊い生き方ですものね。
自分を卑下することなく、今何を求めているのかを
見つめて行ければと思っています

退職して次の道を歩み出すという選択肢、

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
死はアドバイザー国内線ファーストクラス初体験