2022年09月24日

thumbnail_IMG_1961
台風が来ようが槍が降ろうが、老いさらばえて寝ているだけの僕である。それにしても最近天気が悪いね。
埼玉は関係ないが、都内は厳戒態勢で、いくら反対しても国葬実施するのだね。先日、首相官邸近くで国葬反対の抗議の焼身自殺を図った人が居たけど、一瞬の報道ですぐに黙殺されたね。何があろうともやるのだろう。高齢男性たちが権力を握っているからこうなるのか、それとも若い人がやっても同じなのか。安保法制の時のデモと違って、若い人が騒がないのが気になる。国際情勢や日本の立ち位置を鑑みれば仕方がないと思っているのかもしれないが、単にやけくそになっているだけなのかもしれない。
ロシアでプーチンが動員令を出し、抗議のデモや国外脱出が相次いでいる。ついにここまで来たかという感じだけど、これは日本の未来の姿なのかもしれない。国葬やって、憲法改正して、軍拡して戦争する。兵士が足らなくなって国民に動員かかる。反戦だの平和教育だのさんざんやってきて、何の疑いも持たなかったけど、そんなの全然意味なくて、平和なんてせいぜい7、80年、100年もたないのかもしれない。争いは人間のさがなのかね。犬は戦争しないのになあ。喧嘩はするけど。動物が闘いを挑むとすれば人間相手かなあ。自分たちの生存域が脅かされた時に。今がそのような状況なのかね。でも僕が生きているうちは平和を切望するよ。






にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村ぽっちとクリックお願いします!


(12:03)

2022年09月19日

thumbnail_IMG_1958
台風が近づいてやたら暑いので、僕はまたエアコン部屋で寝続ける生活に逆戻りである。朝の散歩が暑くて老体にこたえるので、早く涼しくなくなって欲しいのである。

大事な友人が先日急逝し、ショックを受けた奥さんはブログをさぼっていた。まったく持って何にも共感したり怒ったりする気もなくなったようである。しかも「コロナ関連死」である。体調を崩して倒れ家族が救急車を呼んだけど、病床逼迫で搬送先が見つからず、4時間もの待機の末、駄目だったという。コロナが始まって2年半以上経ち、何度もピークが来てその度に病床は逼迫したけど、何の解決策を見いだせないまま国は何をやっていたのか。売国奴の国葬に何十億も使うくらいだったら、市井の人々の命を守るために税金を使ってください。

とは言え、どんなに国民が反対しようと国葬は行われるだろう。言っても無駄な風潮が安倍政権時代くらいから始まった。こんなこと言えるのも今のうちかも。
当たり前に信じていた「民主主義」に疑問符がつく時代の中で、「安倍晋三と仲間たち」と「統一教会」は民主主義の生んだモンスターなんじゃない?







にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村ぽっちとクリックお願いします!

(09:24)

2022年09月04日

thumbnail_IMG_1946





















近くの上平公園にお散歩に来たよ。散歩にはいい季節になったね。奥さんと二人っきりでここへ来るのも久しぶりだ。ここは僕が好きな小道。




thumbnail_IMG_1957
林に入ると人影もまばらになる。自然の少ない埼玉だから、新鮮な空気を吸いたくなったらここへ来るんだ。僕はもう歳だけど、これからももう少し生きて行くためにはご飯と新鮮な空気、そして自由が必要だ。

僕は自由と民主主義の国に生きていると思い込んでいたけど、最近、安倍元首相時代からか、民主主義と言論の自由が劣化していると感じるようになった。コロナ禍がそれに追い打ちをかけた。当たり前のように享受していたから、殊更、口にするのも恥ずかしいような言葉だったはずの「民主主義」。でも当たり前ではない、体制としてもう古いというなら、取り替えてもいいけど何になるの?
とりあえず、目先のことを考えるしかないから、対韓強硬姿勢で嫌韓をあおり、その裏では権力を維持するために反社会的勢力と結託し、国民の財産と人々を他国に売り渡すことに間接的に協力した中心人物、安倍元首相の国葬には反対です。安倍元首相を調査するのは困難と岸田首相は言っているが、調査できるでしょう。これほどのスキャンダルにまみれた人物を神格化するのはやめてください。政権が何をしてもいいんだと思わせること、その危険は僕たちの穏やかな生活もやがて徐々に蝕んでいくことになるでしょう。そんなの嫌なのである。







にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村ぽっちとクリックお願いします!









(12:41)

2022年08月27日

thumbnail_IMG_1944
雑誌comcom8月号連載は、愛知県安城産業文化公園デンパークにて。道の駅の前にあったコスモス畑だ。秋だね。雑誌の読者さんからのお便りで、「癒される」と書いてくださる方々もいて、僕ごときが誰かの癒しになるのなら、犬を続けていて良かったなーと思うのである。でも本当は癒しキャラではないのである。



政権や個々の政治家たちの知らぬふりや嘘が続いている。この世の中を動かしているのはひとえに、権力欲に溺れた一握りの人たちで、その人たちの都合の良いように世界が成り立ち、僕たちはその手の中で踊らされているだけなのなら、民主主義なんて都合の良い幻想なのだな。そのことに今更気づいた僕は愚か者だ。旧統一教会が吸い上げた日本信者たちの献金が、韓国に渡り、北朝鮮に渡り、北朝鮮がそれでミサイル開発をして僕たちに向かってミサイルを打つ。この循環、一連の儀式は何のためなのか。国民を威嚇することで更に搾り取るため?誰が誰を助けて、何をしようとしているのか。僕たちは統一教会と政治家たちを繁栄させるために生きているのではない。
二階俊博元幹事長は、世論調査で国葬への反対が増えていることについて、「それはそれでご意見として聞いておく。それがあったから国葬をやめるわけじゃないんですから」と述べたが、反対が50数%で賛成の30数%をはるかに上回り確かな民意があるのに、最初から聞く気はなく勝手にきめるなら、それは独裁国家と同じではないか。
最近、成田悠輔さんという学者の「22世紀の民主主義 選挙はアルゴリズムになり、政治家はネコになる」なる本が18万部のベストセラー、あちこちにコメンテーターとして出演されているそうだが、「若者が選挙に行っても何も変わらない。AIが政治をやればよい」という考えはなるほど。AIが政治をやるなら、選挙も政治家も要らない。汚職も腐敗も癒着も忖度も記憶喪失も起きない。膨大なデータから民意を掬い上げてディープラーニングし、政策を決定してくれるなら公平にも思える。ただアルゴリズムのプログラムを書く人が権力を握ったりするのかもしれないけど。
いつか本当に政治をAIがやる時代が来るだろうけど、僕が生きているうちは起きないだろうから、この状況に耐えるしかないんだね。やれやれ。





にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村ぽっちとクリックお願いします!


(10:36)

2022年08月21日

thumbnail_IMG_1940
なんだか少し暑さがやわらいで、もう「酷暑」の時期は過ぎたのかなと思う。今年は6月後半くらいが一番暑かったな。季節の前倒しが続く。僕は相変わらず寝ている。死んでいるように見えるかもしれないが、散歩の時は元気だし、別に病気じゃありません。日が短くなって秋の気配すら感じる今日この頃だ。


萩生田政調会長と生稲晃子氏がここのところニュースの中心になっているようだ。生稲さんはどうでもいいとして、萩生田氏は旧統一教会とほとんど30年来くらいの付き合いのくせに、必死にしらを切ったり、言い訳をしたりして、統一教会信者からも顰蹙を買っている。「神様の国を作るために頑張るぞー」と一緒に叫んでいたのに。「お父様」と慕っていたのに。あれだけ助けてやったのに、嘘八百並べるのだから裏切り者だ。萩生田氏はもう教団に助けてもらえないかもしれない。過去に遡って人をあれこれ言うのは倫理に反するかもしれないが、何でもこの萩生田氏、高校時代に卒業パーティーのパーティー券を売り歩いて停学処分、東京朝鮮中高級学校の生徒と大乱闘になり、二度目の停学となったそうだ。「やんちゃ」じゃ片付けられない胡散臭さを感じる。奥さんの嫌いな橋本徹に通じる胡散臭さを感じる。こんな胡散臭い人たちが、統一教会の組織票で当選してしまうなら、投票行動自体に意味がなくなる。実力のある人がいくら頑張っても、統一教会の組織票に負けるなら、選挙なんて意味がない。
先日、ソウルで統一教会の日本信者たちによるデモが行われたが、韓国でも少しづつ、この問題について報道がされているようだ。「日本信者たちの資金によって成り立っている団体」ということが知れ渡れば、韓国では複合企業体なのだから、反発を買って不買運動などやってくれれば有難いのにね。日本と韓国と両方で、この怪しい宗教団体を叩いて潰してしまえばいい。信者の方には気の毒だが、他のもっと良心的な宗教があるでしょう。信仰心が、生活を破壊し、家族をバラバラにし、子供たちを不幸にするなんて本末転倒なのだから。僕は密かに何かの「信者犬」となることに憧れているのであるが、今のところ心底信じられる神様がいないので残念なのであるよ。






にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村ぽっちとクリックお願いします!

(11:34)

2022年08月14日

thumbnail_IMG_1938
老いて一日中寝てばかりいる僕の、たまに起きている写真を撮ろうと奥さんに追いかけ回され、こんな片隅にまで追い詰められてしまった。やれやれ僕は静かな老後を送りたいだけなのだから、そっとしておいてくれよ。

とはいえ、心穏やかな日々を過ごすというわけにもいかず、国内政治にさして関心のなかった僕が、つべこべ言いたいことが多すぎるのである。先日、内閣改造が行われた。9月前半とされていたものを急遽前倒ししての組閣で、何を刷新するのだろうと思いきや、なんのことはない、結局新閣僚のうち7人が旧統一教会との関係を認めている。統一教会に汚染されていない人材がもはやいないのであろう。さっさと内閣改造しちゃって、はい、これで手打ち、幕引きですから国民の皆さん忘れてくださいね、あとはコロナ対策と台湾有事に備えますから、ということなのだろう。そしてその手にはまって、みんなまんまと忘れていき、宗教信者2世たちの苦しみは続いていく。
山上容疑者は精神鑑定に送られ、11月末までの長期にわたる鑑定留置が始まった。その間、弁護士との接見は削られ、4カ月かけて検察側がじっくりと証拠固めを行えば、山上容疑者の言い分やその背景は潰される。殺人事件は大罪だが、責任能力のない狂気にとりつかれた人間の暴走によるテロ、と断定しこの事件を闇に葬るつもりなのだろうか。
先日、韓国の旧統一教会本部では、安倍元首相の追悼セレモニーが行われ、そこにトランプ氏のメッセージが寄せられるという珍妙なことが相変わらずなされているが、まさにそうした行為が今回のような事件を引き起こしたのだと、教会側は考えないのだろうか。
かつて日本一周旅行をしたことで、僕は改めて日本の文化、風景、歴史の素晴らしさを認識し、海外好きの奥さんよりも僕の方がはるかに日本好きなのであるが、日本生まれ日本育ちの埼玉県犬として、埃、いやいや誇りに思える国に日本がなってもらいたいのだ。英国起源のビーグルながら、日本で生きて死ぬことを誇りに思えるようになりたいのである!






にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村ぽっちとクリックお願いします!

(10:35)

2022年08月08日

IMG_4731
暑いけど、退屈だからお出かけしようかと、日曜日に僕たちは埼玉県吉見町の「吉見百穴」にやって来たよ。ここは古墳時代(6世紀〜7世紀)に造られた横穴墓で、国指定史跡になっている。岩盤の台地に当時の有力者たちの玄室として穴がぼこぼこあいている。とっても奇妙な光景だ。ここには太平洋戦争末期に造られた地下軍需工場もいくつもあって、そこが涼しそうなんだが、何故か閉鎖されていた。



IMG_4749
階段をせっせと登ってみたのだが、なにしろ暑いんである。最近めっきり年老いた僕にはきついお散歩なのである。




IMG_4743
そこで、お墓の中で一休み。横穴は頑丈に作られていて、おまけに涼しい。もう僕はここから動けなくなってしまった。お墓の土にまみれて寝転ぶ。ひとつの横穴墓に複数の遺体が埋葬されていたらしいが、もはやそんなことには構っていられない。暗闇の中から古墳時代の人の幽霊が出てきたら「ハロー」と挨拶して友達になるしかない。ふーやはり8月に出歩くもんじゃないな。



IMG_4769
これは茶屋で売ってた埼玉名物「五家宝」。きな粉の味しかしないが、一応これは抹茶味。埼玉県犬としては誠に遺憾ながら、埼玉名物には大したものはないんである。


IMG_4780



その後、毛呂山町の宿谷の滝に涼みに来た。数年前にも来たが、ここは長い遊歩道があって、清らかな小川が流れ、とても気持ちが良い場所だ。何より涼しい。涼しいと俄然僕は元気になって、さくさく歩けるし、ここはまるで自分の庭のよう。もうこのままこの静かな森に一生住んでいたい。










IMG_4783


宿谷の滝はほっそりとして美しく、滝の下に入って打たれたいぐらいなんだが、なにしろ人が多い。ここは川遊びにもいい観光地なので、夏休みの子供たちでいっぱい。そうだよね。コロナ感染爆発してるし、自然の中で涼しいところに人も犬も集まるのは人情だ。犬情だ。












ここんとこ1カ月あまり、奥さんはメディア不信に陥って、少なからずショックを受けているので、遊んで癒されたいのである。まず、全部ではないが新聞が駄目になった。そしてもはやどのテレビ局、どの番組、どのコメンテーター、どの識者、ツイッターならどのつぶやき、YouTubeの誰の発信、ネット記事の中のどれ、を信じて良いものかよくわからなくなった。今まで当たり前に受け取っていた情報を自分で選別していく手間が増えた。2021年の香港の「国安法」をめぐるデモでは、蘋果(りんご)日報が当局に抵抗し、資産が凍結され創業者の黎智英氏が逮捕されるまで踏ん張り、市民も蘋果(りんご)日報を応援する姿に感銘を受けたが、言論の自由を、日本のメディアがいとも簡単に、こんなにも早く手放していくのを目にするとは思っていなかった。これはあれか、戦争の足音?どうやら僕は不確実な世界を生きているようなので、なるべく日常にすがりつきたいのである。寝ること、食べること、遊ぶこと。この平穏を絶対に手放したくないのである。





にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村ぽっちとクリックお願いします!























(10:46)

2022年07月31日

thumbnail_IMG_1917
毎日暑い日が続いている。暑いのが苦手な僕はこうしてエアコン部屋にこもるしかなく、寝てばかりいる。寝てばかりいるのだが、24時間のうち1時間半くらいは起きているのだから、奥さんてば僕の寝ている姿ばかり撮影するのはやめてもらえないかな。これではまるで僕が寝てばかりいる犬のようである。あれ?


旅と日常生活をつづるブログのはずが、うっかり時事ネタに手を出して、そればかり書くようになっているのもやなんだが、暑い上に感染爆発で旅にも出られないのだからしょうがない。関心のない方はどうぞ読み飛ばしてください。
さて、最近になって、メディアが突如として騒ぎ出し、統一教会と政治家との関係を連日報道しているが、奥さんの疑問は一向に解決されなくてモヤモヤは続いているようである。選挙を無償で手伝ってくれる統一教会信者は政治家にとって使い勝手が良かった、というのは、選挙にはお金がかかるのだから、ある程度仕方がないのかもしれない。愛知県の大村知事まで統一教会のイベントに祝電を送って、「内容が改ざんされた」と怒っていたが、選挙とはそういうものなのだろう。応援してもらった、とかお金をもらった、とか、あるいは「知らなかった」「何が問題かわからない」などという政治家のコメントは表面的なもので、それで居直って嵐が過ぎるのを待てば、皆忘れてくれると思っているのかもしれない。統一教会の実態について知らなかった政治家はおそらく本当にたくさんいるのだろう。しかし中枢の人間、ましてや祖父の代から関係の深かった安倍元首相は当然知っていたはずである。統一教会は特に日本人信者を標的として「経済部隊」とし、多額の献金を強要してきた。それは日本による韓国の植民地支配に対しての贖罪で、根底には慰安婦問題などがある。しかし、過去の歴史問題は個人が負うべき責任ではなく国家が解決せねばならない問題だ。それなのに日本人信者が食い物にされ、とりわけ慰安婦問題の意趣返しのように、日本女性が被害に遭っているように見える。一方で自民党は対韓強硬姿勢を取り、とりわけ安倍政権の時に、その歴史認識の違いから韓国と関係悪化が極まったわけだが、その政治姿勢とは裏腹に、統一教会のような「教義」を持つ団体の広告塔をやっていたのは何故なのか。拉致問題解決のための「北朝鮮ルート」が必要だったから、とも言われるがそれだけではなかろう。裏で密約でもあったのだろうか。その疑問に誰も答えてくれないし、当の本人は亡くなられているのだから、真相はこのまま闇の中なのか。ちなみに奥さんも僕も元首相を貶める気はなく、外交で活躍されて海外では評価も高く、功罪合わせ持つ人なんだなという認識である。ご冥福をお祈りしているが、やらかした山上容疑者の行為は、計らずもなのか狙ってなのか、カルト教団の恐ろしさを世に知らしめることになった。オウムの麻原のような人ってどこの国でもいるんだな。
ちなみに奥さんは韓国に2度も旅行に行き、韓国ドラマや映画を楽しむ韓国好きなので、韓国のことを貶める気も全くない。
信仰心のある人、よって立つものを持っている人って羨ましいと思う反面、その宗教の「目的」を考えると気持ちが沈むという二律背反に悩む羽目になるから、やはり宗教って難しいのである。やっぱりこのまま僕は誰が何と言おうと生涯を無神論犬として送ろうと寝ながら考える日々である。





にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村ぽっちとクリックお願いします!



(15:18)

2022年07月24日

thumbnail_IMG_1916

雑誌comcom8月号連載は、高知県土佐清水市の足摺岬にて。南国風の木によじ登って、白亜の灯台をバックに僕は解放的な気分を味わった。ここには土佐清水市生まれのジョン万次郎の銅像がある。ジョン万次郎は幕末期に半農半漁の貧しい家庭に生まれ、幼い頃から家族を養うために働いていたが、14歳の時に乗った漁船が遭難してアメリカの捕鯨船に救助され、そのままアメリカに渡った。アメリカで英語・数学・測量・航海術・造船術などを学び、帰国を果たし、幕末の日本人に英語や測量技術を教え、坂本龍馬もジョン万次郎の民主主義や男女平等などの世界観に影響を受けたという。彼自身は政治家になることはなかったが、維新の影の立役者でもあった。開明的な人が一人いると、世の中変わるものなのだな。

政権与党と旧統一教会との深い関係性が取り沙汰されているが、大手メディアが口を閉ざす中、昨日は旧統一教会の元幹部が韓国で記者会見を開き謝罪した。韓国でも信者が破産するなど被害が出ているのだから、言論や民主主義の力が強い韓国で、司法が動いてくれないのかなと思う。
日本ではこれはすべて「なかったこと」にして、国民が忘れてくれるのを待つつもりだろうか。僕は忘れっぽいし、奥さんも超のつく忘れっぽい人間だが、これは中々忘れたくても忘れられない問題だ。岸信介の時代に「反共」で手を組んだという話ならわかるが、すでに「反共」を掲げる必要もなくなった現代で、統一教会の目論む「世界制覇」を実現するために、日本の政治の中枢まで入り込んでいるということは、僕はもう「日本国犬」ではなくて「信者犬」になってしまっているのだろうか。税金ではなく「献金」をしているのか?なんだかSFちっくな展開になってきたぞ。でもそもそも僕は犬だから投票することができないし、投票率が低ければ宗教の組織票に負けてしまうのだから、これは自業自得なのか。庶民の暮らしに政治家の言動など関係ないし、ましてや一日中寝ている僕には絵空事でしかないが、それにしても奥さんは何だかとってもモヤモヤしているのである。真実が知りたくても、新聞もテレビも伝えていないし、SNSは怒りに満ちている。知りたいことを知ることができない、言いたいことが言えなくなる世界が、すぐそこまで迫ってきているのではないか。こわすぎるのである!






にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村ぽっちとクリックお願いします!

(12:07)