Vintage M.I .LLC 作業実績

Vintage M.I.LLCはハモンドオルガン レスリーのメンテナンス・修理専業の会社です。

Vintage M.I .LLC 作業実績 イメージ画像

レスリー

Leslie147 トレブルホーンの音の歪を修理歪みですが、原因は二つ、ドライバーユニットのコイルが長年の使用で取り付け位置がずれ、コイルがマグネットに当たって歪む場合、もう一つは、コイルが挿入されるスリットに異物が入り込んで、コイルに当たり歪む場合です。今回は写
『音の歪の原因』の画像

先日、オルガンとレスリーの健康診断と、レスリー22Hの整備をさせていただいたプロミュージシャンのH様が内容を投稿して下さいました。A-100オルガンは素晴らしいサウンドで、演奏者の気持ちに応える音を出してくれていました。H様の投稿今日はオルガンの技師の方に自宅まで
『気持ちに応える音』の画像

東京までB-3とレスリー122の健康診断に行って来ました。試奏して、あまり好調とは言い難い状況でしたので、手を入れた効果の分かり易いレスリーから整音していき、B-3は次回ということにしました。レスリーはキャビネットの剛性を上げる為にLアングルを追加、ネジを変えて、
『マニア垂涎』の画像

レスリー122の修理のお話です。先日、東京でレスリー122がレスリーの回転が切り替わらなくなったということで修理をさせていただきました。原因は写真のX印の描いてあるブロックコンデンサという部品の不良でした。ビンテージでよく使用されてきた122や147では割合悪くなって
『切り替え修理』の画像

浜松市内でB-3とレスリー122のオーバーホールをさせていただきました。一番の問題はビブラートスキャナからの ノイズで、スキャナを分解クリーニングして修理しました。多くの皆さまが目にしたことがないであろうエクスプレッションペダルのハード部分を分解した画像を載せ
『オーバーホール』の画像

↑このページのトップヘ