Fiorentina - Atalanta(セリエA第30節)

Fiorentina 2-3 Atalanta(セリエA第30節)

【メンバー】

Fiorentina
3-5-2

GK ドラゴフスキ
DF ミレンコヴィッチ/ペッセラ/クアルタ(77分ヴェヌーティ)
CH カセレス/ボナヴェントゥーラ(77分カジュホン)/アムラバト(70分ヴァレロ)/カストロヴィッリ(70分エイセリック)/ビラーギ
FW クアメ/ヴラホヴィッチ

【ベンチメンバー】
テッラチャーノ、ヴァレロ、オリヴェイラ、ロサーティ、ヴェヌーティ、マルキュイ、バレッカ、モンティエル、ポンシ、ムンテアヌ、カジュホン、エイセリック

Atalanta
3-4-1-2

GK ゴッリーニ
DF トロイ/ロメロ(46分ジムシティ)/パロミノ
CH マリノフスキー(64分イリチッチ)/デ・ローン/フロイラー/ゴセンス
OH パシャリッチ
FW サパタ(87分ミランチュク)/ムリエル(63分メーレ)

【得点者】
Fiorentina   57分66分ヴラホヴィッチ
Atalanta    13分40分サパタ、70(PK)イリチッチ

    
【警告・退場】
23分ロメロ、32分ペッセラ、53分アムラバト、72分ミレンコヴィッチ


【スタッツ】
Fiorentina------Atalanta
15---ファール---13
0---コーナー---6
2---枠内シュート---8
10---シュート---15
2---オフサイド---2
39--ボール支配率--61

イアキーニ監督
『エピソードの為、幸運ではありませんでした。0-2にも関わらず、正しい精神で後半のフィールドに向かいました。2-2で勝ちに行けるという感覚があり、それからPKのエピソードがありました。ヴラホヴィッチは大きく成長しており、私達は彼を信頼しています。0-1のゴール?最初のラインで背を高くし、密度を上げる必要がありました。パフォーマンスは成長しています。降格から救うには?コンパクトさとバランスを与え、先日さと組織を再発見する必要があります。それに取り組んでいます。成長の為に戦い続けることが問題になるでしょう。』

ハイライト

アタランタ戦 召集メンバー

アタランタ戦 召集メンバー

GK ドラゴフスキ、ロサーティ、テッラチャーノ
DF バレッカ、ビラーギ、カセレス、マルキュイ、クアルタ、ミレンコヴィッチ、オリヴェイラ、ペッセラ、ポンシ、ヴェヌーティ
MF アムラバト、ボナヴェントゥーラ、カストロヴィッリ、エイセリック、ヴァレロ
FW カジュホン、クアメ、モンティエル、ムンテアヌ、ヴラホヴィッチ

ガゼッタ紙 予想メンバー
3-5-2

GK ドラゴフスキ
DF ミレンコヴィッチ、ペッセラ、クアルタ
MF カセレス、ボナヴェントゥーラ、アムラバト、カストロヴィッリ、ビラーギ
FW エイセリック、ヴラホヴィッチ


イアキーニ監督
『アタランタとの対戦方法?
90分間、適切な方法でスペースを占領するには、組織、注意、能力が必要です。何年にもわたって作り上げられたチームに対面します。アタランタにはスターティングメンバーと交代メンバーにクオリティがあります。1つのエピソードで逃したり、注目を集め試合で負ける事はありません。勿論、私達も危険を冒し、ゴールに向かわなければなりません。攻守両面でうまく動く必要があることを知る必要があります。
ゴールデン・ベンチでガスペリーニ監督に投票した?
近年の彼の仕事はそれに値ます。コーチング、チームワーク、クラブ、環境、全てに報酬を与えました。
アタランタから奪う方法?
彼らは全ての部門で完全なチームであり、何年もここから認識しプレーしてきました。チーム全体、スターティングメンバー、交代メンバーの両方に資質があります。重要な試合でプレーする為に、私達は相手を尊重します。だが、私たち自身について考えなければなりません。
リベリーの不在?
彼はボールを守るためにあのように動きましたが、たまたま、相手の足に着地してしまいました。彼の不在は厳しいですが、すべての選手達が素晴らしい試合をするでしょう。現在、すべての選手が練習の保証を与えています。次のセッションで誰を起用するかを決めます。
アムラバトの起用方法?
彼に期待しすぎたかもしれません。彼は気質とファイティングスピリッツを持っていますが、多くの報酬を受け取っている選手でもあります。彼は私達と一緒に準備をする事が出来ませんでした。私が復帰したとき、彼が問題を抱えて居たことを知りました。彼は今夜プレーします。
フィレンツェでのコミッソオーナー?
オーナーが私達と一緒にいることが常に重要であり、ティフォージと環境にとっても重要です。彼は全ての人に自信と精神を与える存在です。彼に合う事が出来て嬉しいです。彼とはリスペクトしあっている関係です。彼はいつも私の仕事を認識してくれていました。
守備?
戦術的、組織的なレヴェルで、幾つかの種類の話をしました。試合中の幾つかの側面で少し作業があり、前向きなことがありました。私達は10名でしたが、何も譲歩しませんでした。堅実さとコンパクトな態度を見つけなければなりません。降格から救うには、明らかに攻撃を無視してはいけません。
代表のクラスター?
皆が非常に注意している中、このような事が起こったことは奇妙なことです。カストロヴィッリ、ビラーギが参加していたので、不安がありましたが、彼らは問題ありませんでした。メディカルスタッフの素晴らしい気配りもあり、幸運でした。
マルキュイ?
ここ数週間、彼は問題を抱えていましたが、出場は可能です。素晴らしいフィジカルとパフォーマンスの面での成長の余地があります。時間の経過とともに私達を助けることが出来ると確信しています。今、私達を残留させる為に。私達が今シーズンのフィナーレを迎えるためには、全員が必要です。
将来?
私が来た時、色々なことが言われましたが、今はフィオレンティーナだけが重要です。オーナーとティフォージを幸せにするために、出来るだけ多くの試合に勝たなくてはいけません。私達が必要としているポイントを獲得する為に、引き分けの為にプレーすることは決してありません。最終的にどうなるかを見てみましょう。
3バック、4バック?
対戦相手のプレー方法にどう応じるか、私達はあらゆる方法で準備しました。試合の解釈は非常に似ています。』
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ