2007年09月

セリエA 第6節  Livorno - Fiorentina

Livorno 0−3 Fiorentina (セリエA 第6節)

【メンバー】
Fiorentina
4-3-3 

GK フレイ
DF ウィファルシ/クロルドルップ/ガンベリーニ/バルザレッティ
CH クズマノヴィッチ/リヴェラーニ(64分パツィエンツァ)/ゴッビ(55分モントリーヴォ)
FW サンタナ/パッツィーニ(65分ヴィエリ)/オスヴァルド

【ベンチメンバー】
ルパテッリ、ポテンツァ、パスクァル、パツィエンツァ、モントリーヴォ、セミオリ、ヴィエリ

Livorno
3-5-2

GK アメリア
DF グランドーニ(54分ボグダニ)/ガランテ/クネゼヴィッチ(51分ラザーイ)
MF バッレーリ/ロヴィーゾ/ジャンニケッダ/フィリッピーニ/パスクアーレ
FW ロッシーニ/ディアマンテ

【得点者】
FIORENTINA 45分67分オスヴァルド、69分サンタナ
LIVORNO   

【警告・退場】
6分ガンベリーニ、23分ジャンニケッダ、24分リヴェラーニ、36分フィリッピーニ、37分ゴッビ、57分ガランテ、63分ロヴィーゾ(RED)、82分パスクアーレ

【リザルト】
LIVORNO  FIORENTINA
14 ファール数  22
3  コ−ナー   6
2  枠内シュート 7
5  枠外シュート 7
4  オフサイド  1

プランデッリ監督 コメント
『好パフォーマンスを見せたローマ戦の次の試合だったし、そのまま良いリズムを持続したかった。リヴォルノは激しい闘争心を燃やして我々に向かってきた。だが、ロヴィーゾの退場ですべてが楽になったよ。自分たちで試合をコントロールし、追加点を奪う事ができた。
ムトゥは我々にとって大事な選手だが、チームにはオスヴァワルドのように才能豊かな若手選手が数多くいると自覚している。様々な観点から重要な試合だった。選手を褒めるべきだね。とにかく、安定感という面ではまだ改善していかなくちゃいけないよ。』

ハイライト

雑話

ローマ戦では引き分けましたが、上位チームとは好ゲームになりますね。
プランデッリ監督の采配はかなり好みでした。

まず、46分のリヴェラーニに代えてのサンタナで投入で4-3-3から4-2-3-1への移行、これのよってボールポゼッションがあがりました。
ヨルゲンセンが復帰すれば4-2-3-1でのスタートが増えるんじゃないでしょうか。

また、72分のセミオリに代えてのヴィエリ投入もヴィエリをトップに据えてパッツィーニが少し下がり目に入りました。ヴィエリの突破でPKを呼び込みましたが、それよりも3トップでなかなかいい感じでボールをもらっていない感じのパッツィーニが、少し下がることによって中盤で組み立てとポストを上手くこなしていた気がします。

77分にダイネッリに代えてバルザレッティを投入することによってウィファルシ、ガンベリーニのCBコンビで磐石の守りを敷いたと思います。
多分この時期のベスト布陣だったのではないでしょうか?

85分にドナデルがレッドカードで退場になっても人数不足を感じさせること無く、守るでもなく攻めてたのが良かったです。


さて、雨の中これだけの消耗戦をしたので、次戦疲れの溜まっているであろうムトゥを休ませるようです、代わりはオスヴァルドのようです。
ダイネッリは怪我をしているようで、クロルドルップが代わりに入る模様。
ガゼッタのターンオーバー予想ではウィファルシに代わってポテンツァが入り、中盤はパツィエンツァ、リヴェラーニ、ゴッビのようです。


プランデッリ監督のコメント
『我々は、明日までに準備して到着しなければなりません。 我々は、チームが前にするものが難しいとわかります。 私は、私の選手たちに最高の状態でプレーしてもらいたい。
ドナデルはレッドカードを貰っているので試合に出れません。ムトゥを初めとして非常に疲れている一部のプレーヤーがいます。 彼と同時に創造力も失う事になるが、彼は信じられない試合を続けて戻ってきたので、リスクは冒せない。スタメンでオスヴァルドがデビューするだろう。
ヨルゲンセン? 彼は重要なピースなので、早く戻ってきてもらわないとね。
パッツィーニ?もちろん出場するよ。なぜなら彼が我々にとっての基準であり、批判があろうとも、水曜日にメクセスに似た根性を見せたのは気にいった。パッツィーニは非常によくプレーしてます。ただ、もう少しエゴイスティックなプレーをしてもいいと思います。
パッツィーニ、ムトゥ、ヴィエリのトリデンテは攻撃的すぎるが、いくつかの状況で試すアイディアはあります。
相手は強いチームであり、我々は何年も前からリヴォルノのホームゲームで勝利をあげておらず、今回こそは本当に勝ちたい。我々はもっと改善できるが、良く戦っている。明日の夜はなるようになるだろうし、2日前のローマ戦のように選手たちに称賛できるだろう。』

セリエA 第5節  Fiorentina - Roma 

Fiorentina 2−2 Roma(セリエA 第5節) 

【メンバー】
Fiorentina
4-3-3 

GK フレイ
DF ウィファルシ//ダイネッリ(77分バルザレッティ)/ガンベリーニ/パスクァル
CH ドナデル/リヴェラーニ(46分サンタナ)/モントリーヴォ
FW セミオリ(72分ヴィエリ)/パッツィーニ/ムトゥ

【ベンチメンバー】
ルパテッリ、クロルドルップ、バルザレッティ、クズマノヴィッチ、サンタナ、ゴッビ、ヴィエリ


Roma
4-2-3-1

GK ドニ
DF シシーニョ(86分エスポジート)/メクセス/フェラーリ/トネット
CH デ・ロッシ/ピサーロ
CH タッディ(35分アクィラーニ)/ジュリ/マンシーニ(67分パヌッチ)
FW ヴチニッチ

【得点者】
FIORENTINA 24分ガンベリーニ、80分ムトゥ(PK)
ROMA    19分マンシーニ、37分ジュリ

【警告・退場】
5分メクセス、45分85分ドナデル、79分フェラーリ、79分ムトゥ、90分モントリーヴォ

【リザルト】
FIORENTINA   ROMA
24 ファール数  19
8  コ−ナー   3
5  枠内シュート 8
12 枠外シュート 3
0  オフサイド  2

プランデッリ監督 コメント
『我々は偉大なチームと対戦した。冷静さを失うことなく、とても楽しい試合ができたと思う。3日ごとにチームはテストに臨んでいる。強豪チームとやりたいね。90分間ローマ戦のようなプレーができれば、正しい道を進んでいるという証拠だ。
相手DFに簡単にロングボールを蹴らせすぎる場面があった。今のヴィエリは試合に出れば一流選手に相応しいプレーでチームに新たな価値を付け加えてくれている。近いうちに90分間戦える体力が戻ってくるようにと願っているよ。
ローマの得点?大事なのはゴールを狙いに行くことだと思う。このような強豪チームが相手なら点を奪われるのは仕方ない事だからね。ディフェンスには常に改善すべき点があるが、敵のクオリティを考慮する事も大事だ。
昨季の今頃は、今と同じメンバーにもかかわらず多くの問題を抱えていたのでこの状況に満足しているよ。』



ハイライト
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ