2008年02月

ドナデル インタヴュー

ドナデルがインタヴューに答えている

『リヴォルノ戦はフィールドを支配し、良くアウトサイドで攻め、2列目の私達が良くボールに触る、いい勝利でした。

−セミオリへのパスクアーレに対する見解

『足は高くはありませんでした。私はきっと足はボールに行こうとしていた、と思います。しかし、レッドカードに値する内容になりました。』

−ミランとの2ポイント差について

『それは重要な事です。私達はフィジカルに問題はありません。しかし、復活祭まで多くの試合があります。私達は疲れています。しかし、私達は常にホームで重要な結果をもたらす事に成功します。
幸いにも、あまり小さい事に躓くことなく、リズムを崩さずに成功するかもしれません。』

−進行中のプランの変更(プランデッリ監督がモントリーヴォの位置の修正について)

『モントリーヴォは良く下がっていました。監督は高い位置で、攻撃に手を加えたかったようです。そこで私にそのようにするよう言いました。その見解の為の交換です』

−次はユヴェントスですが

『試合には、最高の決心と集中がいります。ユヴェントスには、単独で決定機を創ることの出来る選手がいます。戦術的な変化があるのなら明日から考えます。』
『私達は良くボールを廻しました、アウトサイドは良く上がりました、そして相手より多くボールを保有していました。私達は苦しみませんでした。しかし、私は繰り返します。』

−ミランとの争いにおいて、終わりまで此の侭でいられるとは思いますか?

『私は決定的になる試合は最後の4−5試合だと思ってます。ミランが終わりまで殆ど間違いを犯さないなら、私達はより多くを獲得して、CLに行く事を望みます。』

−ユヴェントスとフィオレンティーナの間は4ポイントですが

『フィレンツェでの直接対決は、彼らにカップ戦が無い事が利点にあると思います。』

−貴方から見てクズマノヴィッチは?

『非常によく彼は成長しています。少し、忍耐さえあれば、非常に選手になると思いますが、特定のプレッシャーが彼にあります。』

−ユヴェントスは次節ネドヴェド、ザネッティ、キエッリーニが居ませんが。

『私たちもムトゥ、リヴェラーニ、セミオリが居ません。プランデッリ監督が述べた前回の話より悪い状態です。』

−パパ・ワイゴを褒めましたか?

『確かに彼は幸せでした。その上、私たちもです。』

ユヴェントスと戦うのに若干の恐怖はありますか?

『いいえ、私達は審判に対する全幅の信頼があります。実際、故意の誤審は存在しません。誇張されています。相手がユヴェントスなのでより多くのノイズがあります。
しかし、私はそれを見ませんでした。』

怪我情報

リヴォルノ戦で、後ろからタックルを受け負傷交代したセミオリですが、
膝と足首を痛めたようで、現在リハビリ中。軽い怪我でよかったです。

同じくリヴォルノ戦で途中交代した、リヴェラーニは脛骨に痛みがあったようです。
一週間ほどの療養になりそうです。

ムトゥは2週間の絶対安静で、リハビリに2週間

m

ヨルゲンセン セリエ通算300試合

y












フィオレンティーナ所属のマルティン・ヨルゲンセンが、セリエ通算300試合を達成しました。
リヴォルノ戦前に、アンドレア・デッラ・ヴァッレ会長より記念プレートを手渡されました。



セリエA経歴                

Serie A 2007/2008 FIORENTINA 14(0)
Serie A 2006/2007 FIORENTINA 35(3)
Serie A 2005/2006 FIORENTINA 37(7)
Serie A 2004/2005 FIORENTINA 30(3)
Serie A 2003/2004 UDINESE 34(3)
Serie A 2002/2003 UDINESE 27(4)
Serie A 2001/2002 UDINESE 19(6)
Serie A 2000/2001 UDINESE 27(4)
Serie A 1999/2000 UDINESE 30(7)
Serie A 1998/1999 UDINESE 26(4)
Serie A 1997/1998 UDINESE 21(2)
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ