2008年07月

記念試合 Fiorentina - Barcellona

Fiorentina 1−3 Barcellona(アルテミオ・フランキ記念試合)

【メンバー】
Fiorentina
4-3-3

GK フレイ(70分ストラーリ)
DF ザウリ(54分パパ・ワイゴ)/ガンベリーニ(66分ダ・コスタ)/クロルドルップ/パスクァル(54分ゴッビ)
MF クズマノヴィッチ/メロ/ドナデル(54分ヨヴェティッチ)
FW サンタナ/ジラルディーノ(54分パッツィーニ)/ムトゥ(54分オスヴァルド)

【ベンチメンバー】
ストラーリ、マツーヒ、ゴッビ、ダ・コスタ、ヨヴェティッチ、パパ・ワイゴ、パッツィーニ、オスヴァルド、アヴラモフ

Barcellona
4-3-3

GK ヴァルデス
DF アルヴェス(72分サンチェス)/プジョル(46分カセレス)/ピケ/アビダル(46分シルビーニョ)
MF シャビ(46分セルジオ)/トゥーレ・ヤヤ(61分グジョンセン)/ケイタ(61分マルケス)
FW イニエスタ(35分ジェファーソン、72分クロサス)/ペドロ(46分ボージャン)/メッシ(67分フレブ)

【得点者】
Fiorentina 69分パッツィーニ
Barcellona 31分プジョル、46分ジェファーソン、71分ボージャン


ハイライト

プランデッリ監督 インタヴュー

プランデッリ監督がガゼッタ紙のインタヴューに答えている

プランデッリ監督。
『世間の評判に惑わされず、地に足をつけることが重要です。
ハッキリと言いますが、私達はスクデットに値するチームではありません。
フィオレンティーナがタイトル候補というのは、ビッグクラブがプレッシャーと責任感を減らすために作り出した事でしょう。
しかし、私達がそれを恐れることはありません。
緊張感を受け流し、リーグ戦ではすべてのチームを苦しめれればいいね。
とにかく、バルセロナとの試合では、プレッシャーに打克つチームを見たい。
私のチームは、この時期は普通見せれるものではありません。
バルセロナ戦ではボールポゼッションや個々のレベルとチームの意欲を見たい。
結果に問題ではありません。痛い敗北でも、大騒ぎする事はない。
ただ、CLにふさわしいフィオレンティーナを見たいとは思っている。
また、この場を借りてサポーターにお礼を言いたい。バカンスシーズンであるにも関わらず、この試合に4万人が集まってくれることに感謝しています。
ヨベティッチへの期待?
彼のテクニックを持っている。本当に素晴らしい。
そして、素晴らしいパワーを持っていることも判りました。
しかし、ヨヴェティッチはまだ18歳です。
あまり責任を負わせすぎないようにします。
50試合でスタメン出場させる事は、間違っている事です。
準備期間の前半での驚き?
メロのパーソナリティーには驚かされました。
素晴らしいプレーの見方をしている。静かなリーダーです。
私が彼に求めたのは、あまり低い位置にいないように、ということだけでした。
ヴァルガスがバルセロナ戦に出場するか?
はい。少なくとも20分は。一方、コモットはまだ出場できません。』

紅白戦

フィオレンティーナは、バルセロナ戦を前に15分ハーフのミニゲームを行いました。


A 2−2 B

【メンバー】
A(4-3-3)

GK フレイ
DF ザウリ/ガンベリーニ/ダイネッリ/パスクァル
MF パパ・ワイゴ/ドナデル/ゴッビ
FW サンタナ/ジラルディーノ/オスヴァルド

B(4-3-2-1)

GK アヴラモフ(ストラーリ)
DF マツーヒ/ダ・コスタ/クロルドルップ/ヴァルガス
CH セミオリ/クズマノヴィッチ/メロ
OH ヨヴェティッチ/ムトゥ
FW パッツィーニ

【得点】
パッツィーニ、オスヴァルド、オスヴァルド、ムトゥ(PK)
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ