2009年01月

ダ・コスタ サンプドリアへ

フィオレンティーナは、ダ・コスタをレンタルでサンプドリアに移籍した事を公式発表しました。

出場停止

ナポリ戦後、ストラーリが第4審判に対して暴言を吐いたと言う事で、2試合の出場停止となりました。

ザウリは累積警告の為、次節出場停止。


尚、ムトゥとヴァルガスが日曜の試合にて復帰するようです。

メルカート

イヴァノヴィッチの代理人
『交渉は決定的な段階にあります。明日にも結末が分かるかもしれません。
明日、私はチェルシーと話し合いを行ないます。
私達は既にフィオレンティーナと5年契約を結んでいます。』

セミオリの代理人
『セミオリがトリノへ行くというのは本当の事ではありません。
トリノからの関心は確かですが、決めるのはフィオレンティーナです。
パパ・ワイゴの移籍の後、彼の交渉について簡単に決まるとは、私は思いません。
むしろ、フィオレンティーナは彼を必要とすると考えています。』

パスクァルの代理人
『私はフィオレンティーナの本当の意図については分かりません。
しかし、ナポリが私に選手について話をしてこなかったと、言うことはできます。
今までの話はジャーナリストのエッセイです。メルカートが後、一日半では間に合いません。また、彼には家族があり、私は説明するのに充分な時間もありません。
そして、移籍の為には選手の全ての部分を評価する必要があります。
しかし、何か目新しい事があった場合に備えて、私はフィオレンティーナからの連絡を待ちます。』

サンプドリアのマロッタSD
『私達が興味を持っていた、ダ・コスタを今日中にも獲得できるだろう。』

パルマのベルタSD
『ドナデルとチガリーニの交換トレードは噂でしかありません。
チガリーニは現在、パルマとアトランタとの共同保有ですが、それ以前の問題として選手についてフィオレンティーナと話をした事はありません。
私達はシーズンが終わるまでに彼らの意図が何であるかを理解する為に、アトランタと共に協議します。
そして、選手の移籍金については可能な限り有利な条件を求めます。
しかし、ドナデルは私達の計画に再び入る事は無い選手なので、交換ではなく、買取かレンタル(共同保有)です。
ドナデルに関しては、クオリティーが無いと言っている訳ではありません。
私達が求めているセンターハーフのタイプと異なるからです。』
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ