2009年02月

UEFA CUP 一回戦A Ajax - Fiorentina

Ajax 1−1 Fiorentina (UEFA CUP 一回戦A)

【メンバー】
Fiorentina
4-3-3

GK フレイ
DF ザウリ(89分ヨヴェティッチ)/ガンベリーニ/クロルドルップ/パスクァル
CH ドナデル(72分アルミロン)/メロ/モントリーヴォ
FW セミオリ(68分ヨルゲンセン)/ジラルディーノ /ムトゥ

【ベンチメンバー】
ストラーリ、ダイネッリ、ヴァルガス、ヨヴェティッチ、アルミロン、ゴッビ、ヨルゲンセン

Ajax
4-3-3

GK フェルメール
DF ファン・デル・ウィール/オレゲル/ヴェルマーレン/フェルトンヘン
MF ガブリ(79分アニタ)/エノ/リンドグレン(70分レオナルド)
FW スレイマニ(90+2分アルデルヴァイド)/スアレス/エマヌエルソン


【得点者】
Fiorentina  51分ジラルディーノ
Ajax     88分レオナルド

【警告・退場】
15分エノ、24分リンドグレン、24分ドナデル、30分ムトゥ、39分ザウリ


プランデッリ監督



ハイライト

アヤックス戦 招集メンバー

アヤックス戦 招集メンバー

GK アヴラモフ、フレイ、ストラーリ
DF ダイネッリ、ガンベリーニ、クロルドルップ、パスクァル、ヴァルガス、ザウリ
MF アルミロン、ドナデル、ゴッビ、ヨルゲンセン、クズマノヴィッチ、メロ、モントリーヴォ、セミオリ
FW ジラルディーノ、ヨヴェティッチ、ムトゥ

サンタナ、コモットが怪我の為、召集されず。

予想メンバー

GK フレイ
DF ザウリ、ガンベリーニ、クロルドルップ、パスクァル
CH クズマノヴィッチ、メロ、モントリーヴォ
FW セミオリ、ジラルディーノ、ムトゥ


プランデッリ監督
『怪我人が戻ってきました。彼らは試合に出る事も出来ます。
ヨルゲンセンとアルミロン?
私達は彼らを連れて行きます。したがって問題はありません。
彼らを90分間使いはしませんが、18人の内の一人です。
私達は既に話しました。全ては私達次第です。私達はアヤックス戦に意欲を持っていますが、難しい試合だと言う事も知っています。私達は結果が欲しい。それは状況次第です。チャンスはそんなに無いかもしれませんが、私にはどうなるか分かりません。
私達は何らかの危険を冒さなければいけません。
オランダでの前例?
私達はその後、オランダのチームとは当たっていません。
そして、先週の木曜日にミスがありました。チームに同じミスを冒さない気持ちが見て取れます。私達はバランス良く、そして、何をしなければいけないかを良く理解しています。フィレンツェでのアヤックスは、良い時間の使い方と試合運びについて知っていました。私達は前半受動態だった事、その為、個々のプレッシャーが少なく、彼らはどうすればいいか常に分かりました。少しだろうと危険なシーンは作っていけません。明日、私達は恐れてはいけません。
私達が受動的だと、相手は私達の行動を予測できるようになります。私達は攻めて特性を活かします。
私達は似た競争の為に準備していました。私達は調子を整えるいくつかの要素があります。しかし、それは自身に依存します。私達は快挙に向かって、そして、その信念を持たなくてはいけません。
アヤックスの戦術?
彼らには多くの選手がいます。彼らは守る事に多くの選手を使うでしょう。私達は彼ら少数になった時に、彼らの守備陣にプレッシャーを掛けなくてはいけません。
私達は自身の価値を示す為の欲求と、その為の怒りがあります。私達は改善されなければいけません。限界に達し特性を発見しなければいけません。恐れずにそれが出来るかは彼らの問題です。
相手を侮っていたか?
私達はモントリーヴォが作った面白い状況がありました。私達はフォーメーションを2度変え、受動的ではありませんでした。少ないないチャンスが私達の武器でした。アヤックスを過小評価した?侮りはしません。
私達はビッグクラブと戦うという、良い精神状態で、明日の試合のピッチに立たなくてはいけません。
負けた場合?
そんな事は考えたくありません。』

コリーナ氏 週末の誤審とオレンジカードについて

コリーナ氏
『先週末の試合において、フィオレンティーナVSキエーヴォでのイエペス。トリノVSウディネーゼのディ・ナターレ。パレルモVSユヴェントスのレグロッターリエの3名のファールについて、ミスジャッジがありました。』

また、コリーナ氏はオレンジカードの導入について検討している事を発表しました。
これはイエローでは軽く、レッドでは重過ぎると判断した場合に出されるようで、5〜10分間の退場処分を検討中らしいです。これについては、FIFAの国際サッカー評議会において2月28日に協議するようです。
また、2名審判導入についても賛成なようで、イタリアサッカー協会がテスト導入を検討している事を明かしました。



キエーヴォ戦でのムトゥのゴールについては色々言われていますが、審判が笛を吹かなければオンプレーだと言う事は、リヨン戦でもありましたから(あの時は逆でしたが)。
セリエでの誤審が多いのは確かで、間違いは減らして欲しいのですが、人がするからには無くなりはしません。
少し前までは誤審で被害を被っていたのですから・・・・
コリーナ氏風に言えば、それもサッカーの一つと言う事だと思います。

オレンジカードについては、遣ってみない事には何とも言えませんね。
審判の2名追加については、誤審が多いだけに賛成です。被害にしろ恩恵にしろ気持ちの良いものではありませんから。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ