2009年10月

ニュース色々

ジェノア戦でとられたシュミレーションでのイエローに対して、ヨヴェティッチに1500ユーロの罰金が科せられました。
ヨヴェティッチはこのプレーで接触はあったと発言しています。
※リプレイを見ましたがこける少し前に接触していますね。


一部報道で、プランデッリ監督、コルヴィーノSDの契約延長が近々発表されると云われています。


コルヴィーノSDの南米旅行も終わりを迎えるようです。
ボカ・ジュニアーズのDFムニョスの獲得は難しくなり、代わりにウルグアイのペニャロール所属DFマティアス・アグッリガライ(20歳)に目をつけてきたようです。移籍金は約400万ユーロと云われています。
また、他の獲得候補としては、ローマのDFメクサス、MFブリーギ、ウディネーゼのDFサパタの名前が再浮上しています。

セリエA第10節 Genoa - Fiorentina

Genoa 2−1 Fiorentina(セリエA第10節)

【メンバー】
Fiorentina
4-3-2-1

GK フレイ
DF コモット/ガンベリーニ/ダイネッリ/パスクァル(82分カスティージョ)
CH ドナデル(61分ザネッティ)/モントリーヴォ/ヴァルガス 
OH ヨヴェティッチ(55分マルキオンニ)/ムトゥ
FW ジラルディーノ

【ベンチメンバー】
アヴラモフ、クロルドルップ、デ・シルヴェストリ、ゴッビ、ザネッティ、マルキオンニ、カスティージョ

Genoa
4-3-3

GK アメリア
DF パパスタロプロス/ビアヴァ/ボケッティ/モデスト(80分エスポージト)
CH マルコ・ロッシ/サパテル/ミラネッロ
FW スクッリ(72分パラシオ)/クレスポ/パッラディーノ(68分メスト)

  
【得点者】
Fiorentina  63分マルキオンニ
Genoa    43分パッラディーノ、73分メスト
     
【警告・退場】
27分ビアヴァ、47分ヨヴェティッチ、62分ボケッティ


プランデッリ監督
『私達は良くプレーしました。私は選手を誇りに思っています。
3日おきの試合があるのに、彼らは良くやっています。そして、勝利を望んでいます。この結果に意気消沈してはいけません。私は良いフィオレンティーナを見たのですから。2ゴールされたという事は何かを誤ったということです。その為に私達は罰を受けたのですから。
トリデンテ?
マルキオンニが万全ではなかったし、サンタナはいませんでした。この様にするしかなかったと思いました。しかし、サイドからの攻撃を求めてマルキオンニを投入しました。
ジェノアのゴール?
どれだけフレイが良いゴールキーパーだとしても、何度も近いところからシュートを撃たれては失点することもあります。その様な状況にならないように、私達には改善が必要です。
しかし、此処数試合、不利なエピソードがあったのは事実です。』

ハイライト

ジェノア戦 召集メンバー

ジェノア戦 召集メンバー

GK アヴラモフ、フレイ、セクリン
DF コモット、ダイネッリ、デ・シルヴェストリ、ガンベリーニ、クロルドルップ、パスクァル、ヴァルガス
MF アギエイ、ドナデル、ゴッビ、マルキオンニ、モントリーヴォ、ザネッティ
FW カスティージョ、ジラルディーノ、ヨヴェティッチ、ムトゥ

サンタナ、ナターリは怪我の為、ヨルゲンセンは風邪の為、召集されず。

ガゼッタ紙 予想メンバー
4-2-3-1

GK フレイ
DF コモット、ガンベリーニ、ダイネッリ、パスクァル
CH モントリーヴォ、ザネッティ
OH マルキオンニ、ムトゥ、ヴァルガス
FW ジラルディーノ

プランデッリ監督
『一週間で3試合する私達には、若干の困難があります。私達は恐らく、あまり褒められた試合は出来ませんでした。現在、ヘルメット被って溝にいます。
明日は難しい試合になるでしょう。私達は少しへこんでいました。回復する為に、明日の試合で成功したい。
明日の試合は慎重に落ち着き、整然としなければいけません。
そうすれば、たとえビッグチーム相手でも上手くやれるでしょう。
一人の選手が仲間の犠牲に支えられる時、私達はビッグゲームが出来ると選手に話します。
ヨルゲンセン、ナターリ、サンタナは早い回復が待たれます。クロルドルップ、ダイネッリ、マルキオンニが試合に出れるかは今日、彼らに聞きます。そして、私達が回復具合を見ます。私達は非常事態にあります。しかし、それは問題ではありません。
私は落ち着いています。
ジェノアはいいチームですが、彼らは木曜の試合や怪我で大きなエネルギーを支払っています。それは私達も通った困難です。
彼らのティフォージとそのプレッシャーが私達のものと非常に類似していると感じます。違いは何を求めているかです。
明日、私達は私達のパフォーマンスを求める為に試合をします。
まさか、全てのチームが代表の為、そして、怪我の為に試合が無くなる訳ではありません。
明日、私達は試合をしなければいけません。
現在、私はトレーニングを始めて、誰が試合に使えるかを見たいです。誰を連れて行くか、フォーメーションを考え、一部の若手選手を呼び出す可能性を考えるだけです。回復はしているでしょう、しかし、それは準備が出来ているという訳ではありません。
ナポリ戦で若干のエピソードあり順位が詰りました。私達が良い試合をし、正しい決心を持って臨むのなら、選手達は自分達の事をあまり考えていないかもしれません。
標準的なバランスを持ったとしても、苦しい試合は続くでしょう。
たとえ、自身の思いと違う内容になり敗北したとしても、それが正しいのなら受けれいれます。そして、強くなる為に練習する信念を持っています。
私は周りの成長を感じます。そして、それは全ての都市と全ての環境の成熟を示す重要な認識です。フィオレンティーナのティフォージは成熟していると感じます。
ティフォージをいい意味で欺きたいと、私は非常に穏やかに思っています。
私達は夢を深めます。サッカーは感情です。美しく、良い感じの何かを伝えます。人々はその感情を受ける必要があります。身体への酷いタックルや、記録への反論と敗北を調べるとき、サッカーに疲れます。
ヨヴェティッチとムトゥを起用した時、私は違う攻撃が見たかった。チームに深さを与えず、個人で突破しようとするとき、私達は此処が有能にならなければならないので、そうではなく、試合を読めるようにならなければいけません。その違いはサッカーを駄目にします。その為にベンチに下げられる選手は、罰を受けなければいけません。選手は試合に入る時、最大のものをチームに与えなければいけません。
グループを本当に感じることが出来れば、このチームは本当に良くなる事が出来ます。
アンドレア・デッラ・ヴァッレ会長が誇り高いので、2位の場所について考えます(微笑)。
彼はビッグチームについて考えたいのです。そして、勝利を願っています。
このチームに大きなプレッシャーがあってはいけません。
私はプライドは高いです。フィオレンティーナの歴史に名を残したい。
しかし、それは個人データという意味ではありません。
フィオレンティーナで私は夢を見ます。』
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ