2010年01月

ケイリソン 獲得へ

ムトゥの代わりとして、サンプドリアからカッサーノのレンタル移籍が濃厚で、後はメディカルチェックのみ、と報道が出ていた中、フィオレンティーナはバルセロナからベンフィカにレンタル中のFWケイリソン(1988年12月3日)の2年のレンタル(優先交渉権付)で交渉中である事を公式発表しました。
メディカルチェック後に正式になる模様。

※やっぱり、とんでもない人ですコルヴィーノSD・・・・
此処に来て王国の逸材を連れて来るなんて
確かにベンフィカで伸び悩んでいるようですが、買い取り付きとは

カリアリ戦 召集メンバー

カリアリ戦 召集メンバー

GK アヴラモフ、フレイ、セクリン
DF コモット、デ・シルヴェストリ、フェリペ、ガンベリーニ、ナターリ、パスクァル、ヴァルガス
MF ボラッティ、ドナデル、ゴッビ、リャイッチ、マルキオンニ、モントリーヴォ、サンタナ
FW ババカル、ジラルディーノ、ヨヴェティッチ

ザネッティ、ヨルゲンセン、クロルドルップは怪我の為、召集されず。


ガッゼッタ紙 予想メンバー
4-2-3-1

GK フレイ
DF コモット、ガンベリーニ、フェリペ、パスクァル
CH ドナデル、ボラッティ
OH マルキオンニ、ヨヴェティッチ、ヴァルガス
FW ジラルディーノ

プランデッリ監督
『精神状態?
失望しています。そして、理由が分かって怒っていますし、心配しています。
そして、私たちの仕事はこの様な障害に対して予防の対策をしなければいけません。私たちは落ち着きを持ってフィールドに向かわなければいけません。
ムトゥと話したか?
はい、アドリアンと話しました。彼が軽率に間違いを犯したので、決まりが悪い状況です。彼は私たちの役に立とうとして、間違いを犯しました。私は常に言いましたが、医者の判断に任せなければいけません。その為に、彼は軽率だといえます。
試合に影響?
私達は敏感です。強い衝撃が明らかに有りました。しかし、私は反応したチームの能力を信じています。そして、出場する選手に行動で示してもらいたい。逆に彼はターンオーヴァーするつもりでした。
ムトゥの練習において解決策は?
彼はきっと、練習し続ける為に残ります。私達は異なる仮説を考えました。最も重要な事は、熱意と落ち着きを見つける事です。彼は重要な価値が命である事を理解しなければいけません。彼がショックから立ち直ったとき、決心を持って私達の元に戻ります。私に出来る提案はそういうことです。
メルカート?
私たちには時間が無い。そして、コルヴィーノSDは、残り2日で魔法の杖を持っていません。しかし、アドリアンの理想的な代わりを見つけなければいけません。私の今の考えは、チームの注意が明日の試合に関してのみ有る事です。
グループは成長の階段を上っている?
今このときも通過しています。そして、選手達は彼らが多くの責任を持たなければいけません。私達は予想より早く上らないといけないと、チームの能力から考えます。その道は、私達の仕事、そして、選手達がフィールドで変ることです。
選手選択で、本来なら、私は私達が如何するかを全然考える必要の無い、この試合において、必要性があるのなら若干の変更をすると選手達に伝えました。
私達は、私達が組織的に間違いを犯した試合を今年見ました。相手チームの前評判を引っ繰り返してやろうという気持ちを感じました。
ボラッティ?
基礎的な見解と競合相手が少ない事から、彼は準備が出来ています。私達は彼を斬新さと共に試合にいれることを考えています。
怪我?
ヴァルガスは回復しました。コモットとゴッビに問題がありました。しかし、私達は自らの歩みを元に戻したい、という願望があります。
セフェロヴィッチ?
彼はアンダーカテゴリーで違いを与える為にプレーします。私達はそれから彼を如何するか見ます。彼がトップ・カテゴリーに来たのなら、与える事ができます。
ムトゥの居ない試合?
私はチームが成長をしている事を貴方に伝えます。私達は試合の観点と勝ちたいと云う欲求から試合において、特定の瞬間に違いを作る事が出来るだけの技術が欠けました。再び、その魔法を探さなくてはいけません。
資格剥奪?
私はこの話の上で、少しの推測もしていません。
戦術的な変更?
私が大きな変化をする、と思っている選手に注意します。私は選択を誤りたくありません。』

コルヴィーノSD インタヴュー

コルヴィーノSD
『私たちには5名のCHが居ます。ヨルゲンセンには残ってもらいたいが、代わりならディ・タッキオ、アギエイの若い2名がいます。
セフェロヴィッチ?
ミラノに着くまで彼に心変わりさせようとした、幾つかのクラブがありました。
しかし、私達は以前から彼と話をしてきました。
彼は印象的なフィジカル構造を持っており、大きな潜在能力があります。彼と居る事でババカルも大変成長できると思います。
FWについて、少し解決案を探しています。しかし、イタリアでは難しいので、国外で探しています。
タヴァーノ?
今、この瞬間に100の調査があり、100の提案があります。
私はローマにバプティスタ、ラツィオにロッキ、ビジャレアルにロッシを尋ねたが、彼らは譲ってはくれませんでした。最後までフィオレンティーナに誰かを連れてこられるよう努力します。
サンプドリアにカッサーノについて尋ねては居ません。
ヨルゲンセン?
私達は彼に残って欲しい。しかし、彼は出場機会を求めます。そして、彼は私達に移籍を求めています。彼はワールド・カップの為にデンマークに戻りたいのです。』
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ